今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待つ・5~僕は天の邪鬼じゃない(笑)
 僕はこれまでしばしば、自分を「天の邪鬼」と称してきましたが、ここにきて、それを撤回したいな、と思いました(笑)。



[READ MORE...]
待つ・4~こんなのを見つけた
 こんな資格があることを知りました。

 「精神対話士」(民間資格)~メンタルケアのスペシャリスト


 『「心の乱れ」を、新たなる学問分野として脚光を浴びてきている死生学を含めた人の心身の研究の最先端をゆく科学者たちに導かれ、自ら考え研究することにより 「生きがい」を失いかけた人たちを励まし、葛藤を乗り越え「生きることの尊さ」を共感しあうことができる人間性、能力を培うこと』(メンタルケア協会HPより)が、「精神対話士」養成講座の目的とされています。


 講習と試験を受けてステップアップし、認定されたら派遣業務の斡旋を受けられるようです。


 メンタルケア協会のHPはこちら




 覚えておこうっと。


The Long Day Is Over
 お疲れ様。


 今日は、お疲れ様。


 今週は、お疲れ様。



 たくさん、がんばりましたね。





 お疲れ様でした。



 ゆっくり休んでくださいね。





♪~




 「The Long Day Is Over」。
 (NORAH JONES)





 いつもどうもありがとう。


待つ・2~どっちが好き?
 どっちが好きですか?




 仕事をすること


 と、


 仕事を終わらせること(笑)



[READ MORE...]
本日のSBC
 忘れないうちに、書き残しておこうと思います。

 今日、とあるショッピングセンターのシアトルズ・ベスト・コーヒー(SBC)に入ったところ、こんな曲がかかりました。


 バリー・マニロウ「コパカバーナ」(笑)

 ベイ・シティ・ローラーズ「サタデー・ナイト」(笑)
 (今日はたしか日曜日…。)(大笑)



 そして、

 オリビア・ニュートン・ジョン「そよ風の誘惑(Have You Ever Been Mellow)」


 うっとりでした。とても好きな曲です。

 中学時代を思い出してみたり…。
 (下校&清掃の時間のBGMでした。)(笑)



 SBCではいつも、ちょっと古めのロックやポップスをかけていて、すてきです(笑)。
 (スターバックスより好きです。)(笑)

 ただ、椅子はスタバのほうが座りやすいかな…(笑)。


飲み会の席でみんなが「やっぱ愛だよね」と言ったとき僕はどう答えていいかわからなかった
 もう3年以上も前になるが、ひとりの女の子と仲良くなった。



[READ MORE...]
遠くを見て
♪~




[READ MORE...]
endeavour
endeavour(endeavor)

(「エンヴァ」と読む。)


・(名詞)努力、(計画目標を定めた)真剣な努力(目標)




  (研究社「リーダーズ英和辞典 第2版」より)




・[Endeavour, OV-105]スペースシャトルのオービタ(宇宙船本体)の名のひとつ。
(毛利衛さんと若田光一さんが搭乗したことがある。)


concentration
concentration

(「コンセントイション」と読む。)


1 集中;専念;集中力;集中攻撃



(2 〔化〕濃縮)



(3 〔トランプ〕神経衰弱)(笑)




  (研究社「リーダーズ英和辞典 第2版」より)



Happy Birthday!!! (from Lucy & Schroeder)
Happy Birthday!!!
 ChaChaさん、こんばんは。
 (ご無沙汰しております。)(笑)


 ちょっと遅くなりましたが、お誕生日、おめでとうございます。
 (久しぶりにトラック野郎を走らせました。)(笑)


 6月とは知ってましたが…
 (前に教えてもらいましたよね。)(笑)


 誕生日は有意義に過ごせたようで、よかったですね。
 この時期の中部地方の31度だと、真夏の蒸し暑さと違って過ごしやすい…のかな?(笑)
 札幌で31度って、年に1、2度あるかどうかくらいです。
 (死人が出てもおかしくない…。)(ウソです。)



 さて、こちらからお祝いに、ChaChaさんの好きな「チャーリー・ブラウン」を…(笑)


 …と思いましたが(笑)、今回はルーシーにご登場いただくことにします。
 (伴奏はシュローダー。ツル・コミック版では「シュレーダー」。)(笑)


 歌声は、うつみ宮土理さんでご想像ください(笑)。
 (アニメ版スヌーピーのルーシー。)




 僕も、近々、ルーシーにまた歌ってもらうことに…(笑)。




 それと、次のお仕事(職場)に移っても、明るく楽しく、いつものChaChaさん節で、日刊『ブロガー』(笑)をつづけてくださいね~。




 追記(2006/06/05 20:10)。
 上の「お誕生日」のところにトラック野郎先のChaChaさんのページのURLを貼り付けました。


courage
courage

(「カーリッジ」あるいは「リッジ」と読む。)


1 勇気、度胸、意気地

take[muster up, pluck up] courage 勇気を出す



(2 [Courage]カレッジ(英国のビール会社))(笑)




  (研究社「リーダーズ英和辞典 第2版」より)



一口飲み覚書2006/06/01
 エチオピアでは、珈琲に塩を入れて飲むのが、人気のある飲み方だそうです。



 (僕にはそうする勇気がありません…。)(笑)


realize
realize

1 十分に理解する、悟る、実感する

2 実現する、現実化する




(3 利益を得る、儲ける)(笑)





  (研究社刊『リーダーズ英和辞典 第2版』より)



できるかな
え~と…



ゆうべの予定外のトラブルにつづき…


ま、トラブルというのはだいたいが予定外ですね…(笑)



本日は体調不良で、ブログが書けるかどうかわかりません…。


アレルギー性鼻炎だけかと思ったら、風邪を引いていました。


まるで…



右から張られたと思ったら、左からおっつけられたという感じです…(笑)。



コメントをいただいていますが、お返事は後刻…。



え~と…


前の記事(「夏場所十一日目」)に初めてTBをくださった方々から、コメントをまだいただいておりません。

お忙しいのかもしれませんが…


結局、その方々は、TBを送ったあとの相手のことなどどうでもいいのかな…(笑)。


(淋しいものですね、そういう付き合いは…。)



一息飲み覚書2006/04/22
コーヒーの成育に熱帯地方が適している話は前回書きました。
四季の変化があって寒暖の差が大きい日本は栽培に適さないのですが、栽培しようという試みがなかったわけではありません。

明治時代初め、開国間もない日本では、輸入物のコーヒーの価格がとても高く、政府は頭を痛めていました。
明治11(1878)年、政府勧農局の武田昌次はジャワからコーヒーの苗木を持ち帰り、小笠原島の袋沢に移植しました。
努力の甲斐あり、4年後、コーヒーは開花し、5年目に実を結んで、合計45キロの豆が収穫されました。

しかし、栽培には成功したものの、生産体制を整えるには経費がかかりすぎるのがネックとなりました。
現在ほどコーヒーの需要のない時代でもあり、採算が合わないとして「国営コーヒー農場」は実現に至りませんでした。
民間企業も名乗りを挙げず、国産コーヒーの夢はついえたのでした。



僕は好みのコーヒー豆をお店で育てています(笑)。
(なかなか引き出しに行けません。)(笑)





つづく(笑)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。