今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「BLOOD+」特番(過去ログコピー)
 旧サイトのシリーズ記事をこちらにコピーすることにしました。
 この文章は次の日時・サイトで公開した記事をコピーしたものです。


公開日時:2005/10/16 20:47
オリジナルの記事:「BLOOD+」特番



 15日に無事、第2話が放送されましたね、「BLOOD+」
 本編の感想など、作品に関係するお話を3本立てでお送りします。


 まず、東京などでは第1話放送の前に放送された特番「芸能人も大絶賛!アニメ問題作『BLOOD+』に迫る!」(笑)が、こちら北海道では13日の深夜に放送されました。
 アニメ好きだかアニメおたくだかで知られる、Uターンの土田さん……失礼、元Uターン(笑)の土田さんがナビゲーター役で、作品やプロダクションI.G社内やスタッフなどを紹介していました。
 プロダクションI.Gの玄関はプロテクトギアが番兵をしているんですね(笑)。ときどき千葉繁さんが入っていたりするんですかね?(笑)

 設定に関するいくつかの質問と回答がありました。
 舞台を沖縄に選んだのは、日本国内で戦争が身近に感じられる場所だから、とのこと。
 日本、沖縄、アメリカ、アメリカ軍、在日アメリカ軍基地、そこから飛び立って向かう戦地――これらは現在たしかに存在する世界です。
 これらを正面切って相手にするわけですから、現実的なストーリーにならざるをえないでしょう。
 同じく「戦争」がテーマだった「DESTINY」のようなトホホなオチでは、きょうび小学生でもだまされませんぜ(笑)。今回はかっこいいメカやキャラをたくさん出して逃げることもできないし(笑)。
 小夜や翼手のような虚構性の強いキャラクターを、現実的な世界でいかに無理なく躍動させるか、楽しみです。


 また、小夜が日本刀を持つのは「斬ったときの感触が直接伝わるような道具にしたかった」から、というようなことを藤咲監督がおっしゃっていました。
 それはそうなんだろうけど、1・2話を観た限りでは、まだその「斬ったときの感触」が観てる側には伝わってこなかった。小夜が翼手を斬ったときの斬れ方が鮮やかすぎる。もっと、翼手の骨や肉の「ゴリッ」という感触が衝撃となって小夜に伝わってもいいと思いましたね。


 第1話の冒頭、ベトナムの村で日本刀を持った少女が翼手や村人を切りまくるシーンの映像を観て、土田さんが、risagasuokikuさんが感じたように、「夕方6時――(この映像は)エグくないですか?」と藤咲監督にきいたところ、監督は「痛みを描くことから逃げたくない」と言っていました。

 それはそれでたしかにそうしてほしいし、こうした残虐なシーンはその現われだと理解できます。

 とはいえ、やはりそれを「夕方6時」に放送するのはいかがなものか…?
 という思いはまだ拭えないですね。

 というのも!
 本編「BLOOD+」第2話「資質の覚醒」……


 あ、違った(笑)。
 それは「アカギ」第2話のタイトルでした(笑)。


 「BLOOD+」第2話「魔法の言葉」で、第1話で顔や手に負った小夜の怪我が、一晩寝たら治っていたのです。

 第1話のラストシーン、小夜はハジにキスされ、彼の血を飲まされました。
 どうやらこれによって、小夜の「ヴァンパイア・ハンター」としての“血”が目覚めた様子。
 第2話で目の色がバッフクランの人みたいになった(笑)小夜は、日本刀で自ら親指を切って刀に自分の血を垂らし、翼手を一刀両断にします。

 翼手は小夜の血がついた刀で切られなければ死なないらしい(と特番で言ってました)。
 つまり、化け物を倒すためには、小夜自ら傷つかなければならない。

 この設定に僕は好印象を持ったのですが…。
 一晩経って、記憶がなくなっているばかりか、怪我も治っているとは…。

 これでは、「痛みを描く」ことになっていないのではないか…?
 と思わずにいられませんでしたね。


 僕は前に、こんなエラソウなことを書きました(笑)。
 <戦争をモチーフにしたアニメがするべきは、「相手を傷つけたときに感じる自分の痛み」を描くことだ>。
 その点で、小夜が自分の血で翼手を倒す設定はとてもいいと思います。
 しかし、怪我が勝手に治ってしまっては、その設定を生かしているように感じられません。
 痛みを描いていたとしても、その痛みが観ている者に伝わらないのでは、ハリウッド映画のガンアクションと同じになってしまいます。


 また、翼手を斬って殺すことと、人間を斬って殺すこととの間にある差異、あるいはない差異をどう描くかによって、このアニメが夕方6時の夕食時に子供が観るにふさわしいアニメになるかならないかが違ってきます。


 この点がこのあとどう展開していくのか、注目していきたいと思います。



 特番では、押井さんがコンビニの袋をぶら下げて登場しました。
 立ち食いそばもしっかり食べてきていました(笑)。
 今回は、オープニングにこそ「企画協力」の肩書きで名前が登場している押井さんですが、どうやらそれ以上の役割はしていない様子です。藤咲監督がどう料理するか、温かく見守っているのでしょう。

 それよりも、『立喰師列伝(たちぐいしれつでん)』の映画化が進んでいるとは知らなかった(笑)。
 (2006年春公開予定。)


 それと、押井さんがこんなことをおっしゃってました。
 「(ジェームズ・)キャメロンと話したとき、ハリウッドでは「キャラクター」があって「物語」があって「世界観」がある。自分はそういう風に映画を作ってきた、と彼は言ったけど、僕はそれは違う(といった)。まず「世界観」があって、そして「物語」があって、その上で「キャラクター」を考える」、つまり、その世界観に基づく物語を損なわない形で登場人物なりその行動なりを作っていく、のだそうです。

 僕も、映画ってそういうものだと思っていたので、押井さんに賛同すると同時に、ハリウッドの映画の作られ方を知って唖然としてしまいました。
 たしかに、ハリウッド映画には魅力的なキャラクターが多い。
 キャメロン監督作品なら、ターミネーターが思い浮かびますが、シュワちゃん演じるこのキャラクターのインパクトはすごかった。おかげで、シュワちゃんが登場する必然性のない続編でも、彼を登場させないではいられなかった(笑)。

 とはいえ、「こんなキャラクターが登場して、そのキャラが激しいアクションを繰り広げる物語はこんな風に展開して、どうしてそんな展開になるかといえばこの世界はこんな風になっているから…」みたいに映画を組み立てるのは、僕が思うには、そもそも無理があるし、「何を伝えるか」の点で決定的な欠陥があるのではないでしょうか。
 視覚的に楽しませ、2時間、ハラハラドキドキさせ、劇場を出るときに「あー、おもしろかった」と感じさせる――それが悪いとは言いませんが、それだけで終わるのもたしかです。
 それに、もしそのやり方がうまくいったとしても、おそらくは、ほぼ1回きりの力技。
 だからこそ、「ターミネーター」シリーズが、回を重ねるごとに展開に無理が生じ、ついに「T3」では、第1作の世界観をもぶち壊してしまう羽目になった、のではないでしょうか。

 なあんて、さくらさんの助言にもかかわらず「T3」を観てしまって案の定がっかりした記憶から、思ってしまった次第です(笑)。

 ちなみに、可愛い可愛いクレア・デーンズさんは、二人いる、と思うようにしました(笑)。
 たぶん、「21世紀」からは別人が担当しています(大笑)。


 キャメロン作品に物語の弱い作品ばかりが目立つ理由を、押井さんがズバッと切った気がして、興味深い発言でした。
 まあ、ジェームズ・キャメロン一人を取って、ハリウッド映画全体を語るわけには行きませんが、アメリカの映画監督が押井作品を絶賛する所以がちょっとうかがい知れた気がしました。



 長くなったので、つづきは次に回します。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/8-6c13a001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。