今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【文庫本逍遥②】新潮文庫その2
 この文章は【文庫本逍遥②】新潮文庫その1のつづきです。

 前回の余談ですが、僕が持ってる新潮文庫のスティーヴン・キング『第四解剖室』には紐のしおりがありません(笑)。
 この本を古本店に売った元の持ち主が、紐のしおりが嫌いだったのかもしれません。
 あるいは何かの弾みで切れてしまったのかもしれません。
 (小説があまりに怖くてつい、引きちぎってしまった、とかね。)(笑)
 新潮文庫なのに紐がないので、とても途惑います(笑)。


 今回は、本体について見ていきたいと思います。


 前回に引き続き、次の6冊をサンプルとしています。

①昭和46(1971)年12月25日発行
 昭和47(1972)年4月25日第2刷
 小松左京『地球になった男』 ¥160

②昭和53(1978)年9月15日印刷
 昭和53(1978)年9月26日発行
 ラードナー『アリバイ・アイク』 ¥260

③昭和34(1959)年9月20日発行
 昭和56(1981)年11月20日第29刷改版
 昭和62(1987)年8月15日第37刷
 アンダスン『ワインバーグ・オハイオ』 定価320円

④平成3(1991)年1月15日印刷
 平成3(1991)年1月25日発行
 ポール・ボウルズ『シェルタリング・スカイ』 定価600円(本体583円)

⑤平成12(2000)年11月1日発行
 貫井徳郎『迷宮遡行』 定価:本体552円(税別)

⑥平成16(2004)年6月1日発行
 スティーヴン・キング『幸運の25セント硬貨』 定価:705円(税別)



<文字サイズ、字数×行数、フォント>
 ①・③は43字×18行、②は43字×19行ですが、文字サイズが小さく見えるのは①。その分、上下左右の余白が多い。
 ④は1行41字×18行で、文字サイズがやや大きくなっていますが、言われてみれば気づく程度の変更です。

 見て明らかに「文字サイズが大きくなったなあ」と感じるのは⑤・⑥。
 ⑤は日本文学、⑥は外国文学ですが、いずれも39字×17行です。よく見ると、⑤は行間もけっこう広く、その分左右の余白が少ない。さらに上下の余白が、いずれも①~④より少なくなっている。
 いってみれば、⑤が6冊中もっとも「まばらな」組み方になっています。ページ全体に文字が広く散らばっている感じですね。
 それに対し、②が、字数と行数がもっとも多い上、上下左右の余白も大きく取っています。ページの中心に凝縮した組み方です。


 文字サイズの変更に加え、フォントも違っています。①~④では変更が微妙な違いにとどまっていますが、⑤・⑥では、「文春文庫」のところで表現した「大柄」なフォントになっています。

 あくまで個人的な印象ですが、文字サイズを大きくし、フォントも「大柄」にし、字数・行数とも少なくして、言うなればゆったりとした組み方になっている⑤・⑥のほうが、僕には読みにくく感じます。
 何ていうか、ページ全体から「圧迫感」を受けるのですね。
 最近の新潮文庫のキング本の読書履歴が少ないのがそのせいなのかはわかりませんけど(笑)。

 上記6冊の中で、僕にとってもっとも読みやすいのが③です。
 中身の点でも、アンダスンという作家との付き合いは細く長い。『ワインズバーグ~』はあまり読んでませんが、同じ新潮文庫の『アンダスン短編集』は何度も読み返しています。不思議な味わいのする作品群です。



<そのほか>
 奥付が、①・②と③~⑥とで違っており、古いほうの上段には右側に書名、左側に「新潮」のはんこのようなマークがあります。
 もっと古い新潮文庫を見ると、左側の印には、マークの印が押された紙の小片が貼り付けられていました。
 これは「検印」というものでしょうね。古い岩波文庫に検印シールが貼り付けられていたのは覚えていますが、新潮文庫にもあったのですね。



 かつて新潮文庫といえば、岩波文庫と並んで「古典」や「名作」を多く取り揃えている文庫だと、僕はみなしていました。だから、「古典を読むこと」を、無言のうちに奨励されていたティーンのころ、他者の文庫本より比較的多く接していた気がします。
 たとえば夏目漱石や太宰治の作品のほとんどを新潮文庫で読むことができます。外国文学でも、ドストエフスキーやトルストイの長い作品が新潮文庫から出ています。

 それが、現代の外国人作家の作品を多く読むようになって、あまり手に取らなくなった気がします。不思議なことに、新潮文庫から出ている現代外国文学もたくさんあるのに、あまり目を向けません。
 手に取る新潮文庫は、キング本ばかり、だったりします(笑)。

 日本文学だと、なおさら手に取らないなあ。もちろん、おもしろい本はたくさんあるのでしょうが…。
 ま、どの会社の文庫本にしろ、「○○文庫だから」おもしろいとかそうでないとかということはないですよね(笑)。




 書店で、新潮文庫から新訳改版なったスティーヴン・キング『ダーク・タワーⅠ:ガンスリンガー』を見ました。
 翻訳者まで変わったとは知りませんでした。
 (角川版は池央耿訳、新潮版は風間賢二訳。)
 新版ではカラー挿絵が入りましたね。アメリカ本国のオリジナル版の挿絵をそのまま使っているそうです。オリジナルの出版から日が経ち、版権が安く済んだのかな?(笑)
 表紙も、とてもきれいなイラストで迫力があります。『回想のビュイック8』などの表紙絵と比べると、手間もお金もかかっているのが一目瞭然です(笑)。
 ここまでせっかく角川文庫で集めてきたのに(あんまり読んでないけど)、新潮文庫で買い直すのは気が進みませんが、キングさんがのちのちになって修正した部分が今回の版に盛り込まれているそうなので、読み比べるのもおもしろいかな。


 余談ですが、もうひとつ、新訳改版で登場した文庫本を発見しました。
 フィリップ・K・ディック『スキャナー・ダークリー』がハヤカワ文庫SFから出版されました。
 ディック作品ではお馴染みの浅倉久志さんの翻訳です。
 この作品は『暗闇のスキャナー』のタイトルでサンリオSF文庫(飯田隆昭訳)、ついで創元SF文庫(山形浩生訳)から出版され、今回で3度目の翻訳・出版です。
 なんでも、映画公開に伴う版権の移動によるとか。
 これも翻訳を比較してみるのもおもしろいでしょうが、文庫本1冊に税込924円は高いな…。
 映画は、だいぶ前、今年の年末公開予定だと聞いていたのですが、アメリカで来年3月公開予定だそうです。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

10代の頃は新潮文庫をよく読んでいました。
やはり名作物なんかを。
外国物よりこの頃は日本人のが多かったです。
筒井康隆や小松左京、星新一、井上ひさしとかとか。
最近は俺もキングくらいかな。
ギャリコさんやディックさん、ジョン・アーヴィングも出てるだけ読んだし、新しい作家を探してもいないです。
ちょっと恥ずかしいです。

それにしても翻訳家の浅倉さんはいったい何歳なのでしょうね?。
相当前から活躍されていますが。
ちょっと気になります。
今急にですが(笑)。
【2005/12/11 01:48】 URL | リサガス #- [ 編集]


リサガスさん、こんばんは。
日本人作家も外国人作家も、いわゆる「名作」を多く出していますね、新潮文庫は。
なので、現代作家のリリースが多い(当然なんだけど)最近は、あまり手に取ることがないです。いろいろ、おもしろい本はあるのでしょうが…。
ギャリコさんの、文庫になっていない作品を出してくれないでしょうかねぇ。
(新潮文庫じゃなくていいのですが。)

あはは、たしかに何歳なんでしょうね、浅倉さん。
…と思って調べたら、昭和5年生まれ!
1930年生まれだから、今年75歳、ですよ!
SF小説なんてものを訳していると、歳を取らないんですかね?(笑)
【2005/12/11 02:21】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/69-22d5977f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。