今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ガンパレード・オーケストラ」第8話
 30日深夜、「ガンパレード・オーケストラ」の第8話が放送されました。


 「ガンパレード・オーケストラ」第8話「未完成交響楽」


 ハードボイルドペンギン「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」
 (「小物には大物の考えなんてわっかるかな~、わっかんね~だろ~な~」というような意味です。)(笑)

 ことわざ「Barking dogs seldom bite.」(笑)


 えー、前回のサブタイトルが「春不遠」でしたが…


 津軽の土地には、まだまだ雪が山のように残っています(笑)。幻獣のせいで時間感覚までおかしくなっているのでしょうか?(笑)



 山の中で人型戦車の射撃訓練をしている第四中隊。
 乃恵留&愛梨沙機の射撃の命中率が76%くらいでした。たしかに、これくらいで喜んでいてはまずいし、佐藤尚也が悔しがっているのもレベルが低すぎます。

 彼らがこうして生き延びてこれたのは、幻獣が攻撃で手抜きしているからではないか、という気がしてきました(笑)。


 射撃訓練のレベルの低さと、隊員たちの自覚のなさに危機感を抱いた咲良は、朝練のボリュームを増やそうとしますが、彩華は「ときには休息も必要」と咲良に話します。加えて、「力だけでは本当の戦いには勝てない」とも。
 この二人、「踊る大捜査線」でいうと、咲良が本庁から派遣されたキャリアの室井慎次で、彩華が所轄勤務のノンキャリアの青島俊作といった関係ですね。
 あっ、彩華のほうが年上だから、彩華は和久さんですね(笑)。


 「力だけでは~」の言葉は、かつて第四中隊の中隊長だった人の言葉だとか。
 前隊長はたしか、彩華の恋人だか好きな人だったはず。

 あとで咲良が、その前隊長が指揮をとったらしい作戦について調べた内容を亜美と話します。
 「何とか作戦」(すみません、覚えていません)で第四中隊は幻獣と交戦、幻獣を殲滅するも多大な損害を受けました。どうやらこの作戦で前隊長が戦死したようです。

 咲良は陸上選手の女の子に声をかけられ、「今の私があるのは第四中隊のおかげ」といったことを言われます。
 おそらく、その「何とか作戦」の際、第四中隊に命を救われたのでしょう。
 (違っていたらすみません。)


 これらを総合し、咲良にもいろいろ思うところがあったのでしょうね。
 幻獣が出現、住民の避難誘導の支援という命令をまたぞろ無視して、幻獣退治に出向こうとする乃恵留、愛梨沙、尚也、亜美を、咲良は、

 「戦うために戦っているのではない!」

 と一喝します。おお、カッコイイぞ、咲良! ちょっと展開が都合よすぎるけど(ばひょ~~ん)。


 しかし、青森ツインブリッジの警護に当たっていた部隊が苦戦を強いられ、第四中隊にも幻獣殲滅の命令が下ります。

 そこに現われた幻獣の中に、前回ブリッジの一方をまんまと破壊したあのガキがいました。


 そろそろクライマックスか!?(笑)



 今回のエンディングで、たいへん懐かしい名前を発見しました。
 作画監督を担当していたのは、本橋秀之さんでした。
 「ゴッドマーズ」とか「ゴーショーグン」のキャラデザインですね。
 (相変わらずネタが古くてすみません。)(笑)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/59-b27a105a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) ガンパレード・オーケストラ 第8話 「未完成交響楽」

そういえば白の章も残すところあと2話となりましたね。なんでこんな中途半端な構成にしているんだろう?第四中隊の話しをもっと掘り下げていけばいいのにと言ってももう遅いのですけどね。もしかして最後は合流するのかな?まあ、それなりに期待してます。 ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2005/12/03 09:18】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。