今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第44巻「最高だよスヌーピー」
 昨日少し涼しくなりましたが、今日また暑くなりそうです。
 ただ、風がけっこうあります。東京と比較して感じるのは、札幌は1年を通して、けっこう風が強い街だということですね。春ころに藻岩山から吹き降ろす風を「藻岩颪」と呼んだりします(ま、わりと年配の人しか使わない表現かもしれない)(笑)。神戸の「六甲颪」と同じようなものだと思います。
 「風が吹くと桶屋が儲かる」かは、札幌ではどうなのかわかりませんが、地下街は儲かるかもしれませんね(笑)。
 儲かるといえば、11日で終了した大通公園のビアガーデンは、開業以来の新記録を樹立したそうです。何でも、売り上げたビールの中ジョッキを縦に積み上げると、富士山の46倍の高さになるそうです(笑)。こういう比較って、すごさがわかりづらいのがすごいです(笑)。
 ただ、そう聞かされても、正直、

 (「どうでもいいですよ…」)


 と、だいたひかるさんふうにぼそっとつぶやきたくもなります(笑)。



 さて、ツル・コミック版スヌーピーの時間がやってまいりました。
 今回で24回目となります。ボトムズなら「横断」の回です(笑)。

SNOOPY44「最高だよ スヌーピー」 この写りの良い、可愛らしい写真は、第44巻「最高だよスヌーピー(You're Tops, SNOOPY)」です。真夏のこの時期にぴったりの表紙ですね(笑)。
 表紙絵の元となったストリップはこの巻の70ページにあります。
 ヒマワリを植えたのはフリーダです(笑)。


 冒頭は、ウッドストックが渡り鳥にあこがれるので、スヌーピーが道案内をする話(笑)。
 いざスヌーピーと別れるときになって、スヌーピーと離れるのが怖くなったウッドストック。
 それ以前に、ウッドストックは渡り鳥じゃありませんものね…(笑)。
 スヌーピーはデイジーヒル子犬園にウッドストックを連れて行きますが、子犬園はなくなっていました…。

 という切ないエピソードのあとに、スヌーピーが「デイジーヒルパピーカップ」の最終予選に残ったという通知をもらいます(笑)。たぶん、両者のエピソードは描かれた順番が違うんだと思います(笑)。
 「パピーカップ」はその年のいちばんすぐれた犬に送られる賞。まず、スヌーピーは5人の推薦状を集めなければなりません。ルーシーには断られましたが、ライナスに推薦状を書かせるのは成功しました。
 (毛布と交換で。)(笑)
 すでにもらった気満々のスヌーピーは、トロフィーケースを作り始めます(笑)。
 (皮算用もほどほどに。)(笑)
 さて、スヌーピーはカップを受賞できたでしょうか…?


 チャーリー・ブラウンは、草野球であまりにやる気のないルーシーにいつもイライラしています。
 ゴロを見ても捕らない。
 (「楽しそうに転がっていたからじゃまをしたくなかったのよ」)(笑)
 フライを捕れない。
 (陽射しじゃなく「雲が目に入った」)(笑)
 打順が来ても三振ばかり。
 (「バットはそこにいたのに、ボールが姿を現わさなかった」)(笑)
 1・2塁に走者がいたのに、3塁でなく1塁にボールを投げた。
 (それがルーシーの「創造性」だったらしい。)(笑)

 いい加減見かねたチャーリーはルーシーをチームから放り出します。
 しかし、ルーシーは毎試合やってきます。
 (ヤジを飛ばしに。)(笑)


 最後に、すてきなエピソードがあります。
 いつものように、夏休み突入と同時にキャンプに送られたチャーリー・ブラウンとライナス(笑)。
 湖を挟んで反対側の女の子のキャンプには、ペパミント・パティとマーシーが来ています。
 マーシーはキャンプにチャックを知っている女の子がもう一人いると話します。
 なんと、チャーリーがいつも噂している“赤毛の女の子”が自分たちと同じキャンプにいるのです!
 パティは不安と好奇心とが入り混じりながらも、“赤毛の子”に会いに行きます。
 そして、どうやら大混乱となったらしい(笑)。
 女の子のキャンプで、“チャーリー・ブラウン”という名をめぐって揉め事が起こったため、チャーリーは自宅へ送り返されます。彼のせいじゃないのに(笑)。
 (チャーリーは女の子のキャンプで自分の名前が出たと聞いて大喜びでした。キャンプからも出られたし。)(笑)

 パティに何が起こったか?(笑)
 彼女はチャックに会いに来ますが、チャーリーは送り返されたあとです。
 彼女はライナスに一部始終を話しました。
 パティは、チャーリーが噂している赤毛の子を見て、泣いてしまいました。
 その子がとっても可愛くて、チャーリーがどうしてその子を愛しているか気づいたからです。
 そして、だれも自分をそんなふうに愛してはくれないと思いました。
 自分の大きな鼻やボサボサの髪形(枝毛が枝毛になっている)――赤毛の子に比べて自分がどれほど無様か思い至って、わんわん大声で泣いたのでした。

 ライナスはそんなペパミント・パティのほっぺたに「チュッ」ってしてあげます(笑)。
 こういうパティを見て、「チュッ」ってしてあげたくならない男の子はいません(笑)。


 新聞マンガの登場人物って、ストーリーマンガと違い、人物の性格が変化し、成長することはあまりありませんよね。それは「ピーナッツ」でもだいたい同じです。
 でも、このときのペパミント・パティは、ほかの登場人物にはない変化、成長を遂げました。こんなに正直に、素直に、ストレートに感情を顕にした人物は、ほかに登場していません。

 このあと、パティの登場回数がグッと増えたように感じます。チャックへのラブコールも増えました(笑)。パティという女の子がどういう子か、どうあってほしいかが、シュルツさん自身の中ではっきり見えてきたのかな。
 シュルツさんにとってパティがとてもいとおしい女の子なんだな、と読んでいて感じます。僕も、読み返して、パティをとてもいとおしく感じました。




 ツル・コミック版スヌーピーは、あははは、まだつづきます。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/429-4008a9e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。