今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4巻「スヌーピーおん大将」
 またまたツル・コミック版スヌーピーの時間がやってまいりました。
 今回で20回目です。いつもお読みいただきありがとうございます(笑)。まだつづきます(笑)。

SNOOPY4「スヌーピー おん大将」 この写りの良い写真は、第4巻「スヌーピーおん大将(A Little Boss SNOOPY)」です。スヌーピーの上には、
 「Selected Cartoons from SNOOPY VOL.Ⅱ」
と書かれています。
 巻数は古いけど、買ったのは「スヌーピー・デイズ」のわりとあとのほうだったと思います。
 (表紙も裏表紙もまだとてもきれいですし、僕の署名もありません。)(笑)


 その名のとおり、スヌーピーのさまざまな表情が楽しめる巻になっています。
 物真似するスヌーピーがたくさん登場します。
 バイオレットの真似して歩いたり。
 (バイオレットに見つかって赤面してしまいました。)(笑)
 ルーシーの真似は傑作でした(笑)。
 それから、ペリカン、大鹿、サイ、白熊、大蛇、ペンギン…。
 さすがに、ベートーベンの物真似をしてみせたら、シュレーダーが激怒しましたね(笑)。
 それに、なんと、○ッキーマウスの物真似まで…(笑)。


 このころのスヌーピーはまだ四足が基本で、物真似はするけど、「第一次大戦の撃墜王」とか「世界的に有名な弁護士」など、扮装してなりきるまではいきません。
 それと、表紙では屋根の上に横になって寝てますが、本の中では屋根の上で寝ているシーンがありません。普通に小屋の中に座っています。
 きっとこの先、小屋の中で寝ると不安になるエピソードがあるのでしょう(笑)。


 スヌーピーは人間の言うことでけっこうよく傷ついていました。
 シュレーダーに「スヌーピーみたいな犬はいくらくらいだろう」と訊かれて、チャーリー・ブラウンは「ハ!あんなの二束三文(dime-a-dozen)だよ」と軽率にも答えてしまいます。
 傷つき、落ち込むスヌーピー。元気を取り戻したと思ったら、シュレーダーに「やあ二束三文」と呼ばれてまた思い出したり。
 やがて傷ついた気持ちは怒りへと変わり、チャーリー・ブラウンへ突進を繰り返します(笑)。

 チャーリー・ブラウンに「ひげづら(fuzzy-Face)」と呼ばれることもあります。しかし、このときはバイオレットに「あなたのひげづらが好き」と言われて立ち直りました。
 (チャーリー・ブラウンに向かって「アッカンベー」です。)(笑)


 それでも、スヌーピーはたいてい落ち込まずに、よくダンスをしています。
 あまりの能天気ぶりに、ルーシーは「バカ犬!」と呼びますが、スヌーピーは意に介しません。
 やがて、ルーシーも踊りだしてしまいました(笑)。
 (「踊るアホウに見るアホウ」。)(笑)


 のちのちの「なりきりスヌーピー」も楽しいですが、人間っぽくなりすぎず、人真似をするこのころのスヌーピーも、見ててとても笑えます。
 主人のチャーリー・ブラウンの下へ駆け寄るのに、直前で手を広げて抱きつこうとしたり(笑)。
 「本物の犬」を写生しようとするチャーリー・ブラウンの前で腕組みをしたり、ボディビルダーのように力こぶを作ったり(笑)。
 (チャーリー曰く、「ボクは本物の犬なんて知らないと言わなくちゃならないな…」。)(笑)
 ルーシーに呼ばれて、バタフライで近寄っていったり(大笑)。

 思うに、このころのスヌーピーは、人間に不当に扱われつつ、人間の行動を模倣することで人間を笑い飛ばしているのでしょう。
 そういうスヌーピーを見て僕らも、犬に笑い飛ばされる自分のこっけいな姿を健全に笑い飛ばすことができるのかもしれません。




 「ツル・コミック版スヌーピー」は、あははは、まだまだつづきます。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/378-c4a887b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。