FC2ブログ
今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



第47巻「しあわせだねスヌーピー」
 ツル・コミック版スヌーピーの時間がやってまいりました。
 今回で19回目です。毎度お読みいただきありがとうございます(笑)。

SNOOPY47「しあわせだね スヌーピー」 この写りの良い写真は、第47巻「しあわせだねスヌーピー(You're The Lucky One, SNOOPY)」です。充実の40巻台です(笑)。
 第41巻第43巻同様、ピンクの表紙が目に眩しいですね(笑)。
 表紙の元絵はこの巻の9ページにあります。
 (自分ですごくいいと思っている小説の書き出しが見つかったときの表情です。)(笑)


 サリーは、遊び場を独占している子どもたちに立ち向かうため、スヌーピーを抱えていきます。彼女はセオドア・ルーズベルトの助言を取り入れました。
 “言葉はやさしく 腕にはビーグル(Speak softly and carry a Beagle)”(笑)
 (ルーズベルトの本物の助言の文句は知りません。)
 スヌーピーはヤンチャな子どもたちに吠えかかり、サリーは遊び場を独占できます。
 しかしあるとき、サリーが砂場で遊ぶ女の子をどかそうとしたのですが、スヌーピーは初恋の女の子を見かけ、サリーのもとからトンヅラしてしまいました(笑)。
 (サリーはボコボコに…。)(笑)
 スヌーピーもさることながら、彼に頼ってよその子を追い払おうとするなんて、サリーは虫が良すぎましたね。


 ペパミント・パティがマーシーにスケートを披露します。
 マーシーは「スケートができるなんて知りませんでした 先生」と言っていますから、このときがパティのスケートの初お披露目だったのでしょうね。
 第51巻に載っていた、パティがスケート大会に出場するためトレーニングするエピソードのすぐ前の話と見られます。
 パティはチャーリーに電話をかけ、コンクールに出るためプロにレッスンしてほしいと言います。
 当然、パティの話がピンと来ないチャーリーに、パティは「おたくにナンバーワンがいるじゃないの」と言います(笑)。

 そうして、「世界的に有名なうるさがたプロスケートコーチ」がやってきました(笑)。
 1レッスン10ドル取るそうです(笑)。
 (でも言うのは「ウォー!」と「アッカンベー!」だけ。)(笑)

 そして、マーシーの家でミシンを見て、マーシーが「縫い方を知らない」というのも聞かず、ドレスを縫ってくれるよう言いくるめ…と、51巻へとつづいていきます。
 それにしても、スヌーピーのコーチって、パティにどのくらい役立ったのか…(笑)。


 サリーのエピソードでよく登場するのが、「見せてお話(Show And Tell)」です。サリーは何だかんだ言って、けっこうマメにこの授業をこなしていますよね(笑)。
 何か物を持ってきて、それについて調べたことを発表する「見せてお話」――こういう授業というか、自由研究というかって、僕が小学生のころにはした記憶がありません。
 (そのため、読んでいた当時、サリーの「見せてお話」にはあまりピンときませんでした。)(笑)
 日常生活に密着したものを調べたり、それについて人前で発表したりすることは、日本の学校の授業ではあまりしていないように思います。

 この巻のサリーは、自分と同じくらいのサイズの箱を「見せてお話」に持ってきましたが、中身に話が及ぶ前に席に戻らされました(笑)。
 別の巻に収録されていたエピソードでは、スヌーピーを「見せてお話」に連れてきたところ、彼が踊りだし、前の席の女の子に色目を使ったので、サリーは大恥をかきました(笑)。


 ルーシーのシュレーダーに対する恋心は、しばしば暴走します(笑)。
 …いえ、いつも暴走します(笑)。
 彼女はついに「あなたとの仲もおしまいよ」とシュレーダーに言いますが、シュレーダーに「僕たちは始まってもいないんだよ」と言われて返す言葉がありません(笑)。
 彼女はシュレーダーの家の近くをうろついていながら「家のまわりをうろつくのをやめて」と言ったり、自分から電話をかけておきながら「もう終わりって言ったのにどうして電話してくるの?」とシュレーダーに突っかかります。
 まさにルーシーが自分で言うように、

 「恋とは自分で自分の言ってることがわからないってこと(Love is not knowing what you're talking about)」

 ですね…(笑)。

 ルーシーはほかの誰でもない、ピアノこそ自分のライバルと気づき、シュレーダーからピアノをひったくって下水に投げ込んでしまいました!
 シュレーダーはマンホールから下水道に降り、ピアノを発見するも、大雨でピアノが流されてしまいます。「世界的に有名な救助隊」であるスヌーピーも役に立ちませんでした。
 (水が冷たいからとあっさりやめてしまいました。)(笑)
 結局、シュレーダーはピアノを新しく買い直しました。
 ちなみに買い直したのは二度目。
 (一度目は「タコ食いの木」に食われちゃったそうです…。)(笑)


 最後に、ペパミント・パティがマーシーに指摘され、スヌーピーが犬であることを初めて知るエピソードがこの巻に収録されています(笑)。




 「ツル・コミック版スヌーピー」のシリーズは、あははは、まだまだつづきます。

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/368-b637b343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)