今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2巻「しょぼくれチャーリー・ブラウン」
 つづいて、またまたツル・コミック版スヌーピーの時間がやってまいりました(笑)。
 今回で13回目となります。前回から間をおかずにお送りします(笑)。

SNOOPY2「しょぼくれチャーリー・ブラウン」 この写りの良い写真は、第2巻「しょぼくれチャーリー・ブラウン(GLOOMY Charlie Brown)」です。
 落ち込むチャーリー・ブラウンの表情が悲しげです。また野球で負けたんでしょうね…。
 といっても、明るく元気な表情のチャーリー・ブラウンを探すほうが難しい(笑)。それに、そんな表情があったとしても、表紙にはなかなか使われないです(笑)。
 (僕が所有するツル・コミック版スヌーピーの表紙のチャーリー・ブラウンは、全部、似たような表情をしています…。)(笑)


 巻末の著作権表記の年号を見ると、この巻に収録されているマンガは1955年から1961年に書かれた作品です。かなり古いですね。
 ルーシーが、まだとても幼いライナスに外の世界を教えるエピソードが目立ちます(笑)。
 もちろん、ルーシーのことですから、教える内容は知ったかぶりのデタラメばかり(笑)。
 それを聞いたチャーリー・ブラウンは、話があまりにくだらなく、ライナスが気の毒で胃が痛くなってしまいました(笑)。
 やがて、ライナスも胃が痛くなってきます(大笑)。


 読み返さなくても覚えていたのがこちらのエピソード。
 おまけが中に入っているスナック菓子ってありますよね。
 本来ならビー玉が一つ入っているはずでしたが、チャーリー・ブラウンが買ったスナックはそれと逆に、ビー玉が400個入っていて、スナック菓子は1個だけでした…(笑)。
 (読んだとき、ちょっとうらやましかった…。)(笑)


 多くの古いエピソードでは、バイオレット(ポニーテールの子)やパティ(ブロンドで蝶のリボンをつけている子)、そしてピッグ-ペンが多く登場しています。

 バイオレットとパティはしょっちゅうチャーリー・ブラウンの悪口を言っていますが、チャーリー本人と会話の応酬をすることがあまりありません。そのへんがちょっと不満ですね(笑)。
 また、この二人は本人のキャラクターを中心にすえたエピソードもありません。もっぱら、チャーリー・ブラウンのカウンターパートとしてのみ存在するキャラクターなのです。
 年を経るうちに、この二人が紙面から徐々に姿を消したのも当然なのかもしれません。

 ピッグ-ペンは身の回りをいつも汚くしがちな少年にとってアイドルでしたが(笑)、彼が登場するときは「汚い」ことをネタにした話にしか展開しませんでした。キャラクターに固有の特性を持たせすぎると、ストーリーを多面的に展開しにくくなるのでしょうね。
 「ピーナッツ」のキャラクターはみな、さまざまな性格的側面を持っています。チャーリー・ブラウンなら、自分をダメだと思い込む弱気な面もあれば、「赤毛の女の子」を想ってぼーっとしたり、ちょっとほめられて調子に乗ったり、サリーには優しい兄の顔を見せたり、草野球チームの監督として威厳のある態度を取ったりと、いろんな側面を総合してチャーリー・ブラウンという人物が作られています。ルーシーしかり、ライナスしかりです。
 その点で、ピッグ-ペンは発展させづらいキャラクターだったのかな、と感じます。

 この巻の最後のほうに、ピッグ-ペンが石鹸でこすってもこすっても体の汚れが落ちない、というマンガがあります(笑)。
 彼は「引き返し不能地点(point of no return)まできてしまった」と叫びますが、その表情は決して悲しそうではありません。
 このマンガが、彼の最後の登場シーンなのかどうかわかりませんが、そうだったとしてもおかしくないですね(笑)。
 "point of no return"を過ぎ、ピッグ-ペンはマンガのコマの黒いベタの中に消え去ってしまったのかもしれません…(笑)。



 そうそう、このころのスヌーピーはまだ四足です(笑)。
 (踊るときを除き。)(笑)



 このシリーズは、あはは、まだまだつづきます。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/340-e5e68036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。