今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第41巻「ゆめみるスヌーピー」
SNOOPY41「ゆめみるスヌーピー」
 ツル・コミック版スヌーピーの時間がやってまいりました。
 今回で11回目です。毎度お付き合いいただき、ありがとうございます(笑)。

 この写りの良い写真は、第41巻「ゆめみるスヌーピー(SNOOPY in Dreams)」です。ピンクの色使いが目を覚ましてくれますね(笑)。
 この表紙の場面の元絵は、この巻の53ページに収録されています。
 この巻はまた、僕の書棚の充実の40番台です(笑)。

 この巻には、4コマで完結しないエピソードが多く収録されています。2ページにまたがって、8~10コマ以上で完結するものです。
 その当時は知らなかったのですが、これは日曜版「Good Ol' Charlie Brown」から採録されたマンガであるようです。

 その中に、ウッドストックのキャラクターを紹介するマンガが何篇かあります。
 たとえばウッドストックは「落ち葉恐怖症」だったり(笑)、「歯列矯正」をしていたり(笑)、となっています。


 表紙に登場しているように、この巻ではペパミント・パティが大活躍します。
 彼女がチャーリー・ブラウンをカーニバルに誘うエピソードがあります。
 パティはいろんな男友だちをさんざん誘いましたが誰もつかまらず、仕方なしにチャーリー・ブラウンに電話をかけました。
 そういう誘われ方をして、チャーリー・ブラウンの心中は複雑でしょうが、彼はその気持ちをおもてに出しません。
 彼の気持ちに気づかないパティは、「もてない男の子をデートに誘ってあげた」とどこかエラソウです(笑)。
 その一方、お互いに楽しんでいるかどうか気になる様子。男の子に対して女の子っぽく振る舞うのに慣れていないのです。
 チャーリー・ブラウンはパティに風船を買ってあげたり、投げ矢のゲームのときにパティの手に触れたりします。
 ところが、せっかく二人のムードが良くなってきたのに、チャーリー・ブラウンはつい、例の「赤毛の女の子」の話をしてしまいます…。
 (ペパミント・パティはどこかへ姿を隠してしまいました…。)(笑)

 このすぐあとに、パティとマーシーがチャーリー・ブラウンとスヌーピーを誘って、「ハハ ハーマン」をして遊ぶエピソードがあります。
 この「ハハ ハーマン」って、いまだによくわかりません…(笑)。
 鬼が藪の中に隠れて「ハハ ハーマン」って叫び、ほかのメンバーが鬼を探すゲームらしいです。スヌーピーはこのゲームで3年間負けなしだそうです(笑)。
 鬼のチャーリー・ブラウンが隠れているところで、パティはマーシーに、チャーリー・ブラウンのことが好きなのではと指摘され、「あの退屈で優柔不断のチャックと恋に落ちる人間なんているの?」と言って、彼を傷つけてしまいます。
 (「ハハ ハーマン」は途中でやめざるをえませんでした…。)(笑)

 パティはチャーリーに、マヌケで優柔不断だといったことを謝りますが、チャーリーはまたぞろ赤毛の子の話を持ち出して、パティに怒られます(笑)。


 この二人、どっちもどっちですね…(笑)。
 でも、お互い、傷つけあって、言いたいことを言い合って、ちょっとずつ仲良くなっていきます。
 (90年代に至るまで、二人はずっとこの調子です。)(笑)

 初期のマンガを読むと、チャーリー・ブラウンにガールフレンドは見当たりません。彼はいつも「赤毛の女の子」に恋をしていますが、それがほんのちょっとでも報われることはありません。
 かわいそうなチャーリー・ブラウン――そんな彼のために、シュルツさんはペパミント・パティを登場させ、恋仲にさせたのかもしれませんね。


 ツル・コミック版スヌーピーは、発表順に収録されていません。
 カーニバルのエピソードと「ハハ ハーマン」のエピソードのどちらが先かわかりませんが、さらにこのあと、キャンプのエピソードがあります。
 その中でパティはすでにチャーリー・ブラウンとスヌーピーとは知り合っていますが、マーシーはこのとき二人と初対面です。このエピソードは明らかに「ハハ ハーマン」より前の出来事なので、せめてここだけでも順番に収録してほしかったですね(笑)。


 スヌーピーの小屋が火事で焼けた話は第34巻に出てきました。
 彼は火事でゴッホの絵を失いましたが、この第41巻でちらっと、その後に買った絵のことに触れられています。
 彼はその後、「アンドリュー・ワイエス」の絵を買ったようです…(笑)。


 最後に、ライナスが毛布を克服するため、スヌーピーに毛布を預けるエピソードがあります。
 ライナスは、自分から言い出したのに、やがて「毛布を返して」とスヌーピーに泣きつきます。
 スヌーピーはそんなライナスを無視し、毛布をスポーツコートにしてしまいました。
 しかも、ウッドストックの分と二着分(笑)。
 そして何と、ライナスは毛布を克服したのです!
 喜び勇んでおもてへ出て行ったライナスに近づくチャーリー・ブラウン。
 彼は毛布がなくて苦しんでいたライナスを見ていたたまれなくなり(飼い犬が毛布をダメにしちゃったわけですし)、毛布を買ってきてあげたのです…(笑)。

 良いことをしたつもりだったのに、ライナスに「また逆戻りだ」と怒鳴られ、恨まれたチャーリー・ブラウン。
 ルーシーの精神分析に行くと、「人類史上、『良いことをしていると思っていた』人々によってもたらされる害ほど大きな害はない」という返答が与えられます(笑)。
 この答えは深いですね…(笑)。



 このほか、泳ぎに来たチャーリー・ブラウンとペパミント・パティが、熱い駐車場を横切るときの表情が見ものでした(大笑)。




 このシリーズはまだまだつづきます(笑)。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/322-71a73bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。