今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書備忘録】2006/04/18~『密室』
『密室(The Locked Room)』マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー
(高見浩訳、角川文庫、昭和58(1983)年1月5日初版発行)



 原書は1972年に出版されています。
 僕が持っている文庫本は平成11(1999)年4月15日発行の8版です。


 これは「マルティン・ベック=シリーズ」第8作です。


 ネタバレはしておりませんのでご安心ください。

 [2006/04/18記]


 前作から15か月経った1972年7月。
 前作のラストで怪我を負ったマルティン・ベックが入院&療養から職場へ復帰します。
 おりしも、警察本部は連続銀行強盗事件の捜査でピリピリした雰囲気。警視総監が「最優先事項」と位置づけたこの事件の捜査に多くの刑事が駆り出されています。
 コルベリやラーソン、レンら、これまでの「ベック班」もみなそちらに回されていて、復帰したベックをねぎらうことも、彼と一緒に仕事をすることもありません。
 コルベリとラーソンは、かつてほどお互いを嫌い合ってはいません。決して相性は良くないのですが、同じ釜の飯を食った仲というか、共同で捜査をするうちにお互いへの許容範囲が広がったのでしょう。
 卓越した記憶力の持ち主、メランデルは出世し、配属先が変わったため今回は登場しません。

 復帰したものの、ベックは以前より厭世観が強まり、ふさぎの虫にもとりつかれます。
 離婚し、ますます孤独を愛するようになりました。

 復帰後の彼のためにコルベリは、ウォーミングアップのつもりで、ハードでない事件を用意していました。
 半月ほど前の事件です。
 一人の老人がアパートで死んでいました。死後2か月くらい経っており、死体はおりからの暑さと、老人の部屋でたかれたままの暖房のせいで激しく腐敗していました。
 死因は胸を銃で撃ち抜かれたことによる失血と見られますが、彼を撃った銃も薬莢も室内から発見されていません。
 老人の部屋が鍵を何重にも掛けた密室だったというのに…。

 しかも、現場の保存や死体解剖など、この件の捜査において担当刑事は多くのミスをしていました。
 それというのも、スウェーデン警察に、ちゃんとした捜査ができる刑事が少なくなっているからなのです。
 とくにストックホルムは人口増加と大都市化によって凶悪犯罪が多発し、警察官の数が圧倒的に不足しているにもかかわらず、警察を辞める者があとを絶たない状況。
 上層部は昇進と保身しか頭になく、表向きの犯罪データの捏造もいとわないなど、警察組織の腐敗が進行している――とは前作でも原作者が嘆いていたことですが、今回の作品ではそれよりさらに悪化している様子です。
 スウェーデンというと「高福祉国家」という正のイメージがある一方、ポルノグラフィーの氾濫という負のイメージもあります。
 (僕が抱いているイメージですが、やや古いイメージでもあるかと思います。)(笑)
 原作者のシューヴァルさんとヴァールーさんは、凶悪犯罪の多発や麻薬の蔓延、性風俗に見られる国民のモラルの退廃など、この国の負のイメージの実態を強烈に抉り出そうとしています。

 警察機構の腐敗と無能ぶりは、コルベリとラーソンが捜査班に編入された銀行強盗事件に如実に現われてきます。
 手柄を挙げようとする事件担当検事に多くの警官が振り回され、しかも事件はいつまで経っても解決されない。

 最後に思いがけない形で両方の事件がリンクしますが、そこでまた、警察の無能ぶりが発揮されるという皮肉さ。


 ちょっとした救いは、ベックが捜査の過程で知り合う女性との交流、でしょうか。
 レアという、ざっくばらんで感じのいい、聡明な女性と知り合い、ベックは久しぶりに心からくつろげる、快適な時間を過ごします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/287-6f15cfda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。