今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲・今日の一番(平成十八年夏場所千秋楽)
●豊真将 押し出し 嘉風○



 頭を下げて下からあてがう豊真将を嘉風がつっぱって起こそうとする。いいつっぱりが豊真将の顔や首によく当たる。
 押し込んだ嘉風の体が伸びたところを豊真将が左から肩越しに上手を引くと、嘉風は前のめりになりながら右を差し左上手を引く
 豊真将が右を差し、赤房方向へ寄り立てる
 嘉風、危うし!
 嘉風は右で抱え、下手も引きつけて豊真将を腹で持ち上げる。豊真将の腰が浮いてしまった。
 嘉風は回り込んで体を入れ替える。
 残した豊真将だが、左上手が切れてしまった。やはり左でがっちり回しが引けないのか…。
 豊真将は左で巻き替えを狙うが、嘉風が右からおっつけて差させない。
 嘉風は右を再び差して、左から思い切って上手投げを打つ
 左足も豊真将の両足の間に踏み込んでいる。
 投げを残した豊真将だが、防戦一方。
 嘉風はつづけて、右差しを抜きながら体を開き、上手投げを打つ。これはちょっと強引だったが、残す豊真将にも攻め手がない。
 嘉風はなおも左上手方向に回りながら投げを打ち、豊真将の頭を押さえたあと、腰を打ちつけて豊真将を正面方向に寄り切った。

 いや~、力の入った、いい相撲だったなぁ。
 昨日に引きつづき、今日も嘉風の動き勝ち。
 スピードがあり、しかも押しでも四つでも「魅せる」相撲を取っているのは、幕内では安馬とこの嘉風くらいだ(やや褒めすぎ)。
 先場所8勝7敗で、今場所は9勝6敗と連続で勝ち越した。正面解説の北の富士さんがおっしゃったように、「幕内の水に慣れてきた」ような、動きの良い相撲ができるようになってきた。来場所以降も楽しみ。


 豊真将は、新入幕の硬さもあっただろうし、加えて左手と右膝の怪我でもうひとつ成績が伸びなかった。
 序盤戦は前傾姿勢の活きるしぶとい相撲が見られたのだが、中日あたりから崩れてしまった。
 今日の相撲については、向こう正面解説の舞の海さんが「豊真将は(嘉風を)つかまえたが、膝が悪いのでそのあと決め手がなかった」とおっしゃっていた。足も手も悪いとなると、少なくとも、攻める相撲は取れないよな…。
 11枚目で6勝9敗と3点の負け越しだから、来場所も幕内に留まることができる(はず)。来場所も注目して見ていきたい力士の一人だ。




 今日このほかのおもしろかった取組。


●大真鶴 寄り切り 北桜○

 北桜がつっぱりから左上手を取って出すようにして寄り切る。
 最後の最後まで気合の入ったいい相撲を魅せてくれた北桜。幕内前半戦を大いに盛り上げてくれた。7勝8敗と負け越したが、下に1枚あるので、来場所もどうにか幕内に留まることができるだろう。
 この人気者が前頭の上位に上がって、横綱・大関と取るところを早く見たい。


☆十両の優勝決定巴戦(笑)

 寶智山 対 豊桜 →豊桜の勝ち
 皇牙 対 豊桜 →皇牙の勝ち
 皇牙 対 寶智山 →寶智山の勝ち
 豊桜 対 寶智山 →豊桜の勝ち
 豊桜 対 皇牙 →豊桜の勝ち

 と、豊桜が二度目に回ってきたチャンスをものにして十両優勝を果たした。
 豊桜は終始攻めていたのがよかった。
 新十両の皇牙にも優勝のチャンスがあったのだが…残念。
 豊桜はさぞ疲れたことだろうが、来場所は幕に上がって、北桜と兄弟関取でがんばってほしい。


○豊ノ島 寄り切り 安美錦●

 安美錦が右上手を引いて頭をつける良い体勢だったが、一枚回しが伸びて攻めきれず、豊ノ島が粘って寄り切って安美錦を下した。
 豊ノ島は久しぶりの幕内での勝ち越し。


○琴奨菊 寄り切り 岩木山●

 岩木山が先に左を差したが、琴奨菊が右からおっつけて岩木山の体勢を崩し、そのまま腰を打ちつけるようにがぶり寄って岩木山を寄り切った。
 北の富士さんが「いちばん伸びてる」と成長ぶりを話した琴奨菊。こんなに褒められていいのかしら?(笑)
 体形とかがぶり寄りの格好とか、兄弟子の琴錦に似てきたんじゃない?(笑)
 僕は、琴奨菊という力士が、まだいまひとつわからないのだが…(笑)。
 これからはもう少し注意深く、琴奨菊の相撲を見ることにしよう。


○稀勢の里 寄り切り 黒海●

 稀勢の里が右上手を引いて万全の格好。無理して寄り立てたり投げたりせず、黒海が仕掛けてきたところで自分の体勢を作って寄り切った。
 今日はいい相撲でした、稀勢の里。左差しより右上手を取れるかが稀勢の里の相撲の鍵なのですね。
 東前頭筆頭で勝ち越したから、来場所は新三役確定(ですよね?)。
 番付から言って、もう一人の小結はおそらく東前頭2枚目の朝赤龍でしょう。
 とすると、旭鷲山は来場所も平幕在位記録を伸ばしそうだ…(笑)。


○玉乃島 突き落とし 安馬●

 つっぱり合いから右を差した安馬が下手投げを打つも、小手投げを打ち返した玉乃島。軍配は安馬に挙がるが物言いがつき、安馬の左手と玉乃島の肘がつくのが同時と見て取り直しとなる。
 取り直しの一番は安馬が回り込んだときに右足が出て玉乃島の勝ち。安馬は惜しい相撲を落としてしまったが、元気の良さは安馬のほうだった。
 玉乃島は今場所、全然覇気がなかったな…。


●朝赤龍 押し出し 雅山○

 立ち合い、何のギミックもない朝赤龍に雅山は安心してつっぱれただろう。
 花道を引き上げた朝赤龍の胸元が赤くなっていたとアナウンサーのリポートがあった。雅山のつっぱりがそれだけ徹底して、朝赤龍の胸に入っていた。
 雅山の完勝。見ていて惚れ惚れするような突きだった。



 これより三役、白鵬は立ち会い踏み込んですぐに把瑠都の左上手を引いて出し投げ。把瑠都は新入幕でこれより三役に登場できただけでよしとしよう。

 二度目の立ち合いですぐに引いた旭鷲山をあっさり押し出した魁皇。
 胸の痛みがなければ、終盤でも優勝争いに絡んでいけたと思うが、あるいはどうにか9勝を挙げたことじたい褒めるべきかもしれない。
 ファンの人には申し訳ないが、どうも、魁皇は今後、復調してこないのではないかと思えてならない…。

 結びの一番は琴欧州が意地で星をもぎ取り、ようやく勝ち越した。来場所は足を治して、優勝争いに絡む活躍をしてほしい。



 白鵬対雅山の優勝決定戦は、白鵬が雅山のつっぱりが滑ったところを左上手を引いてつかまえ、じっくりと両回しを引きつけて寄り切り、白鵬の初優勝!
 両者、力を出したいい相撲だった。
 心情としては雅山に優勝してほしかったが、白鵬も自分の相撲を取りきってつかみ取った優勝だ、僕としてもこれで十分満足です。
 大関取りでは琴欧州に先を越されたが、優勝では白鵬のほうが先だったなあ。
 しかも、これで来場所は綱取りとなる。今場所と同じ相撲が取りきれれば、連続優勝&横綱昇進は夢ではない。

 雅山も、大関陥落後は目立たない存在だったが、今場所は存在感を示したし、徹底した相撲っぷりは見ていて惚れ惚れとした。
 来場所は再び大関取りの場所になるが、対戦相手がそんなに変わるわけでないので、大関返り咲きのチャンスは十分ある。ヒールはヒールの存在価値もあろうが、それが本筋ではないと僕は思う。強い人が上位に挙がるのがあるべき姿だろうから。


 三賞は、殊勲賞は雅山が2度目の受賞。朝赤龍にもあげたいところだが、優勝力士に土をつけていないからあげられないか…。敢闘賞は朝赤龍と把瑠都でともに初受賞。順当な選出ですね。技能賞は雅山が初受賞。これも順当ですね。




 今場所が始まる前に僕が期待していた力士について振り返ると、新小結の安馬は4勝11敗。5日目に栃東に勝った以外はぱっとしたところがなかった。怪我がなければなあ…。
 新入幕の二人は明暗が分かれた。把瑠都の大勝ちは当然といえば当然だが、豊真将は序盤にいい相撲を取っていただけに負け越しは残念。錣山親方、また胸出してください(笑)。
 (また骨を折られるかもしれない…。)(笑)
 上位に戻ってきて、活躍が期待された若の里は、終わってみたら6勝9敗と、彼の実力(かつての)からいったら大負けに近い負けっぷり。もう一度「大関候補」と呼ばれるまでに戻ってほしいところだ。

 そして我らが(笑)栃乃花は、2日目の把瑠都戦と6日目の出島戦がよかったが、あとはぱっとしなかったなあ。大きく負け越したものの、来場所はまだ幕内に留まれるだろうから、これからもジミシブな相撲を見せてください(笑)。


 豊真将や把瑠都、嘉風などの入幕後間もない力士の取組も、北桜や栃乃花などベテラン力士の取組もおもしろく、上位陣も、横綱と大関栃東の休場がありましたが白鵬や雅山が場所を盛り上げ、幕内前半戦・後半戦関係なく、全体が見応えのある場所だったと思います。
 久々に15日間の相撲の観戦記をブログに書いて(「13日目」をまだアップしていないけど)、多くの方々とお話ができて楽しかったです。
 ありがとうございました。

 来場所も、できるだけきちんとブログを書いていこうと思っています。書けないにしても、取組を観るのは忘れないようにしたいです。




※トラックバックを送らせていただいたブログ様
mika;hana:白鵬、幕内初優勝!
マレーシア 今日考えた事&思った事:2006年 5月場所 千秋楽
David the smart ass:平成18年度夏場所~千秋楽
銀河後悔日誌:夏の旨酒



 注:初めてトラックバックを送ってくださる方は、必ずコメントを入れてくださるようお願い致します。
 (コメントが付随していない場合、悪意のないトラックバックであっても削除する場合があります。)




スポンサーサイト

この記事に対するコメント
そうそう
雅山に勝たせてやりたかったけど、ま、いい相撲だっただけに、白鵬じゃ嫌~なんて気になりませんよね。優勝決定戦が、あっけなくなく、本格的な大一番だったので、みんな満足したんだと思います。十両の巴戦も見られたしね。

名古屋場所が楽しみですね~。
【2006/05/21 22:55】 URL | 出人 #X.Av9vec [ 編集]

今場所はありがとうございました
出人さん、こんばんは。
そうですね、心情的には雅山に優勝してほしかったですが、本割も決定戦も、二人が二人とも力を出し切った大相撲でしたから、白鵬が勝っても満足です。
いいものを見せてもらいました。
雅山は来場所もがんばってくれると信じます。

前半戦からして、いや十両の取組からして、熱戦続きでしたね。
十両の優勝決定巴戦は5番も見れた(笑)。

名古屋場所は、横綱が体調を戻して帰ってきてほしいなぁ。
そして横綱と真っ向勝負で勝てば、白鵬は本物です。もちろん、十分勝機があります。

ただ、モンゴル人横綱二人、というのは、やっぱりちょっと寂しいな…。
豊真将に、「5年先の横綱」を目指してがんばってもらおう(笑)。

ありがとうございました。
【2006/05/21 23:24】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]


コメントを、ということなのでコメントします。

稀勢の里・琴奨菊、今後も注目ですね。
上位で連続して勝ち越せるかというのも重要ですからね。
【2006/05/21 23:38】 URL | 賞 #- [ 編集]


賞さん、こんばんは。
はじめまして。
お越しいただきありがとうございます。

稀勢の里と琴奨菊は、伸び盛りの日本人力士ということで注目されています。
まあ、ファンが期待するほどには、すぐに上に上がっていけるだけの力をつけていませんが、徐々に力をつけているのはたしかです。
がんばってほしいですね。
こちらも、あまりプレッシャーを与えないように見守りたいところです(笑)。
【2006/05/21 23:51】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]


おはようございます。
今場所は色々お世話になりました。
また来場所よろしくお願い致します。
昨日は飲みすぎてしまいました。(笑)
【2006/05/22 06:17】 URL | Gacktoh #- [ 編集]


Gacktohさん、こんばんは。
こちらこそお世話になりました。楽しかったです。
あはは、祝い酒ですね。
来場所は僕も誰かのお祝いのつもりで一杯飲みたいです(笑)。
【2006/05/22 22:55】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/278-5b8b8b7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平成18年度夏場所~千秋楽

おもしろくて、充実した千秋楽だったと思います。 十両の優勝決定巴戦(豊桜、寶智山、皇牙)、豊桜がまず1勝してのですが次負けて、寶智山も1勝1敗、皇牙も1勝1敗、ぐるぐる回って、二巡目で豊桜が2連勝してみごと優勝。なんか、もう、ここでお祭りがあったって感じ David the smart ass【2006/05/21 22:55】

白鵬、幕内初優勝!

大相撲 五月場所 千秋楽 [主な取り組み] ●把瑠都(上手出し投げ)白鵬○ ●千代大海(はたき込み)琴欧州○ ●旭鷲山(押し出し)魁皇○ ○琴光喜(寄り切り)旭天鵬● ●朝赤龍(押し出し)雅山○   [優勝決定戦] ○白鵬(寄り切り)雅山● [幕内最高優勝 mika;hana【2006/05/21 23:10】

夏の旨酒

 いよいよ千秋楽。今日は“感戦記”としたい(満員御礼)。・幕下 高見藤(西4)負け越し。影山(西3)は5勝2敗で終了。・十両 出羽鳳勝ち越し、北勝岩負け越し。将司途中出場ながら見事な勝ち越し、鶴竜6敗。若兎馬も6敗。勝った方が決定戦進出は、寶智山が残る。栃栄は 銀河後悔日誌【2006/05/21 23:33】

ストロングスタイル決定戦・時代を超えた相撲と時代を極めた相撲

 あー、結局今場所もあんまり書けなかった。ということで千秋楽。十両では新入幕の弓取り力士皇牙が優勝決定戦まで進んでものの、優勝は獲り逃したと。よくわからんけどなんか人気出 GIGEKI -smile again-【2006/05/21 23:41】

2006年 5月場所 千秋楽

 千秋楽                         「優勝力士&三賞力士インタビュー」                                        【解説】正面:北の富士勝昭←お着物&扇子向正面:舞の海秀平【アナウンサー】正面:.. マレーシア 今日考えた事&思った事【2006/05/22 05:10】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。