今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲・今日の一番(平成十七年十一月場所・十日目)
○朝青龍 送りつり出し 安馬●


 横綱初挑戦の安馬
 ついに結びの一番に登場するまで番付を上げました。やりおった!(笑)

 立ち合い、右で張って左を差した朝青龍が、左から安馬の右手をたぐって後ろにつき、ぐるぐる回って安馬を翻弄します。こうなると、小さい安馬には何もできません。
 横綱は後ろについたあと一瞬止まり、すぐに安馬を持ち上げて土俵の外につり出しました。
 いや~、強い強い。まったく危なげなく、隙がなく、無駄な緊張や油断もない。もう賜杯をあげてけっこうです(笑)。

 安馬は、結びの一番でかなり緊張していたんじゃないかな。いつも顔に気迫を見せるのに、今日はそれがなかった。終始、やや節目がちでしたし、立ち遅れ気味でした。
 「いい勉強になった。まだ横綱と対戦する体ができていない」と安馬。普段なら、スピードと気迫では安馬も負けていないと思いますが、ここ一番の集中力と技術、何より気持ちの余裕では横綱には到底及びません。
 でも、これで「結びで相撲を取るってこういうことか」ってわかったでしょうから、何とかこの地位を維持し、これから毎場所横綱に当たっていってほしい。この二人の割が組まれるのを毎場所楽しみにしたいなあ。




 十文字土佐ノ海を真っ向から押し切って平幕勝ち越し第1号。10日目勝ち越しは自身最速だとか。
 インタビューでは「勝った相撲はいい相撲(だと思う)」と言っていましたが、ホントにそうですよ。今までは体があることに甘えたような、受けて立つ消極的な相撲ばかりでしたが、幕尻に来て、1点の負け越しで十両に下がりかねない状況になってようやく積極的な取り口に変わりました。
 誰でもそうですが、自分からガンガン攻める相撲のほうがカッコイイ。

 高見盛旭鷲山の一番は、立ち合い前の仕切りがおもしろい。
 二人のにらみ合いは、ここ何場所か名物となっていますね。高見盛は「相手がにらんでくるから、負けられないとにらみ返す」と話してますが、たまにはこういうのもいいですね。
 昔、貴闘力とか浪之花とかが、闘志をむき出しにした立ち合いをしていたのを思い出します。

 今日、勝ち越しのかかる琴欧州玉乃島に張り差しから左を差すも玉の島も左を差し、右上手を引いた琴欧州は下手を切られ、土俵際まで寄り立てたところで玉乃島に左から大きくすくわれ、すくい投げで玉乃島に敗れました。
 う~ん、あの立ち腰の立ち合いが取組の流れにも出た気がしました。土俵際まで寄り立てたのに、腰が下りていないので、玉乃島のように懐が深い相手にはすくわれたり投げられたりと逆転を食いやすい。

 千代大海稀勢の里を正面からつっぱり切って完勝。途中一回だけ下がってはたきかけましたが、思い直したようにつっぱりつづけましたね。本調子ではないとはいえ、新鋭に上位の力を見せつけました。勝ち越しも決め、乗ってきました。

 魁皇琴光喜、今場所初めての大関・関脇戦は、魁皇が右前回しをすぐに引いて一気に琴光喜を寄り切る。
 琴光喜、まったく相撲にならなかったなあ。今場所も、負けるときの相撲があっけなさすぎる。とくに、ちょっとでも苦手意識があるともうダメ。



 これで、横綱が全勝、1敗がいなく2敗で千代大海・十文字となりました。
 9割5分、横綱が優勝です。

 残り5分の可能性は、

 やっぱり横綱かと……(笑)


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/27-9b414c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

九州場所・10日目

安馬が横綱に初挑戦。宣言どおり真っ直ぐ当たりました。砕けました。 情の道【2005/11/22 20:00】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。