今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲・今日の一番(平成十八年夏場所中日)
●稀勢の里 寄り切り 雅山○



 昨日の安馬戦で左肘を傷めた雅山。アイシングして、今日は医者に行ったとのことで、前半の好調さが維持できるか、心配される。

 立ち合い、雅山が下から押し上げて先手を取り、稀勢の里を喉輪からどんどん押し込む。
 稀勢の里の引きに雅山がつんのめるも残し、再びつっぱる。
 稀勢の里は左からおっつけたり喉輪で押し返したりするが、雅山は下がらない。
 稀勢の里は左からいなして押し返し、雅山を東土俵方向へ寄り立てる。
 雅山、ピンチ!
 と、稀勢の里の喉輪押しを雅山が左を差してしのぎ、左四つに組み合った。
 両者、上手が引けずに動きが止まる。
 稀勢の里も、左を差されているので右からおっつけられない。
 雅山が上手を探ろうと手を伸ばし、稀勢の里の下がりを取った
 左は回しから放し、すくい投げで崩したあとは下がりを引きつけて、正面土俵方向へがぶり寄った。

 何と、上手ではなく下がりを取って引きつけました。あれでも効き目があるんだな。
 北の富士さんがおっしゃるように、雅山の「意地」を感じさせる取り口だった。
 いちばん良かったのは、やはり最後まで引かなかったことだなあ。このところの雅山は、押し込んでからの引きやいなしが得意のように見られていたが、大関に上がったころは一発一発の押しの重さが武器であり、それが効くのも引かずに前に出ていたからだ。
 今日は実力をつけてきた若手が相手で、押し切れなかったら引きが出るかも、と思っていたが、まったくそんなことなく、最後まで真っ向勝負だった。
 しかも、最後は上手が取れなくても、下がりをつかんで寄りたてた。まさに「意地」。
 まるで雅山のほうがチャレンジャーに見えた
 稀勢の里は同じ茨城県出身。郷土の後輩のことは上がってきたころから気にかけているのだろう。その後輩に、小細工なしのまっとう勝負を、雅山から「挑んだ」ような取組だった。


 稀勢の里は、力をつけてきているなあと感じさせる取り口だったが、四つに組んだところで攻めあぐんだのか、動きが止まってしまった。
 重い雅山を下手一本で寄り立てるのは無理だっただろうが、頭をつけるなり巻き替えるなり、先に先に仕掛けていかないと雅山の体勢を崩すことはできない。
 力をつけてきているが、もうひとつ足りない――その足りないものは何なのだろう…と考えさせられる相撲だった。

 僕としては、その足りないものは「相撲勘」かな、と思います。
 「ここでこうしたら勝てる」というものを取組の間に気づいて、それをすぐにできる動き、というのかな。それも、小細工でなしに。
 がむしゃらさ、気迫、意地は十分、でも上位にはほとんど勝てないのは、相撲の流れから「先手」の動きを作っていけていないから、のように見えます。
 ま、それも稽古していくうちにきっと身につけていくでしょう。まだ19歳ですし、若く幕内に上がったからといって、誰もが貴乃花になれるわけではありませんから。

 昨日の取組中、アナウンサーをはじめみんなが、今日のこの雅山・稀勢の里戦を「注目の取組」と何度も何度も言っていたのを思い出すが、僕は雅山のほうがまだまだ実力が上だと思っています。今日はそれをまさに証明する一番になったのではないでしょうか。



 今日このほかのおもしろかった取組。


○北桜 上手出し投げ 土佐ノ海●

 34歳同士の取組は、土佐ノ海が立ち会い踏み込めなかったところを北桜がかちあげから右差し左上手でさっと出すうまい相撲。
 あ、北桜は24歳だった(笑)。


●嘉風 押し倒し 把瑠都○

 嘉風が立ち合い左に動いておっつけ、把瑠都が右を差しかけたのを嫌った嘉風が跳ね上げたところ、把瑠都がそのまま突き放した。その力だけで嘉風が押し倒された格好。把瑠都の反応も早かったな。
 嘉風は負けたけど、だんだんよくなってきてると思う。


●垣添 引き落とし 白鵬○

 白鵬がもろ手突きから終始つっぱった。垣添は回り込むも中に潜れず、前につんのめったところをはたかれる。白鵬の作戦勝ちだな。垣添も白鵬がつっぱりきるとは思わなかったのでは。
 今日の向こう正面解説は白鵬を育てた熊ヶ谷親方(元竹葉山)。旭鷲山から電話をもらって、帰国直前に白鵬を部屋に引き取った親方としては、今の白鵬の地位と活躍はうれしいだろうなあ。
 それにしても、部屋に引き取って最初の何か月かは、太らせるために、食わせて寝かせ、稽古をさせなかったというから、すごいな。
 (畜牛や畜豚じゃないんだから…。)(笑)


●千代大海 寄り切り 朝赤龍○

 横綱の部屋の力士は、結びの一番で相撲が取れない、金星が挙げられない、などのデメリットがある(笑)。
 朝赤龍も結びの一番に登場するのは今回が初めてだそうだ。
 金星を挙げると給金が上がるのだが、それもないとなるとちょっと寂しいね。新横綱を望む声は、相撲ファンからだけでなく、朝赤龍からも聞こえてきそうだ(笑)。
 今日は大関がつっぱらずに頭から突っ込んだが、朝赤龍に左からいなされて動きが止まってしまった。
 そこを朝赤龍が左を差して右おっつけからすぐに寄り切り、「銀星」を挙げる。
 大関はどうしてつっぱらなかったのか…。
 それほど、左肘の具合が悪いのかな…。
 ここ数日、回転のいいつっぱりが出ていたし、それで7連勝してきたのだが、それができないとなると、またずるずると負けがこんでいくことになりかねない。白鵬の優勝の可能性がそれだけ大きくなってしまう。
 いや、まあ白鵬に優勝してほしくないわけではないが、両者にいい勝負を期待したいのでね。




※トラックバックを送らせていただいたブログ様
マレーシア 今日考えた事&思った事:2006年 5月場所 中日
mika;hana:白鵬、7勝目(千代大海に土)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
足りないもの
こんばんは。
稀勢の里の足りないもの「相撲勘」は、多分本人もわかっていると思います。
自分は天才ではない、と言っていましたから。(笑)
ではそれをどうやって補うのか。やはり稽古ですよね?
私はどうしても稀勢の里に、出稽古に行って欲しいのです。
鳴戸部屋は大きいので、行く必要が無いんですよね。

同じ事が言えるのが普天王。出羽海部屋もなかなか出稽古行かないんですよね。
巡業が沢山あるときなら、そこで稽古が出来たので良いのですが、
今は他の部屋の力士と稽古をするチャンスはなかなか無いんですよね。

どう思われます?そろそろ出稽古に行く時期だぞ、稀勢の里、と思っているのですが。
【2006/05/14 21:47】 URL | Gacktoh #- [ 編集]

ちゃんこ食べに行くだけでもいい(ホントかよ)
Gacktohさん、こんばんは。
「天才」ですか…
「相撲勘の良さ」が天才の証とすると、白鵬はまさに相撲の神様に選ばれた天才ぶりを感じさせる勘の良さを持っていますね。
それに比べると、稀勢の里は「天才」ではないですが、ここまで上り詰めた実力は非凡なものですよね。
稀勢の里が天才かどうかは、どうでもいいっちゃどうでもいいですよね、周りの人間は。彼の実力に期待しているのであって。

そうですか、出稽古に行かないんですか。それは物足りないですね。
だって、横綱が出稽古に行くんですよ?
第一人者が自分から出向いているというのに、自分の部屋だけにいるのでは、新鮮な稽古ができませんよね…

普天王もそうですか…。部屋の稽古は居心地がいいんでしょうね。
関取にまでなってから、別の部屋に行って新入社員のような気分を味わいたくないのかな…。
それともよその部屋のちゃんこがいやなのかな?(笑)
たまに出向くと、いろんなちゃんこが楽しめると思いますが(笑)
【2006/05/14 22:15】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/264-eac15b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2006年 5月場所 中日

 中日 「把瑠都の素顔&前半の好取組」                                           【解説】正面(幕下)富士ヶ根 正面(十両)立浪                     【アナウンサー】正面(幕下)岩佐英治 正.. マレーシア 今日考えた事&思った事【2006/05/14 21:41】

白鵬、7勝目(千代大海に土)

大相撲 五月場所 中日 [主な取り組み] ●垣添(引き落とし)白鵬○ ●千代大海(寄り切り)朝赤龍○ ●若の里(寄り切り)魁皇○ ●安美錦(寄り切り)琴欧州○ ●稀勢の里(寄り切り)雅山○ ●琴光喜(はたき込み)時天空○ [成績上位] <全勝> mika;hana【2006/05/15 18:15】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。