今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲・今日の一番(平成十八年夏場所二日目)
●玉春日 押し出し 豊真将○



 頭を下げて低く立つ豊真将玉春日が上から押さえつけるようにしながら押していく。
 玉春日は豊真将の体を何とか起こそうとするが、豊真将は徹底した前傾姿勢で左から回しを探る。
 玉春日は素早い引き足で土俵を回り込むも、ついていく豊真将。
 玉春日がいなしてから豊真将の頭をしばらく押さえつけるが、豊真将は落ちない。
 やがて土俵中央で動きが止まり、豊真将が頭をつけ、左右から玉春日を押し上げて土俵から押し出し、新入幕初白星を挙げた。
 左耳から出血したが、大丈夫かな。


 元寺尾の錣山親方の錣山部屋関取第一号の豊真将。昨日は同じ新入幕の把瑠都に破れたが、今日は玉春日のいなしや引き足にも前傾姿勢を保ったままついていく足腰の良さを見せた。
 「立ち合いをもっと強くしていきたい」と本人が話すように、たしかに立ち合いがまだ弱いように見える。
 今日の立ち合いでは玉春日に踏み込まれて先手を取られ、翻弄されてしまった。あの前傾姿勢に踏み込みが伴えば、もっと楽に勝てたかもしれないと感じさせる取り口だった。

 取組後の白星インタビューで、頭を押さえつけられても落ちなかった「粘り」を「自分の持ち味」と答える。今日の相撲はまさに粘り勝ちだったし、それができるのも足腰の良さがあるからだ。
 昨日、把瑠都について書いたような、すでに幕内上位で活躍できる力も派手さもないが、一歩一歩着実に力をつけていくタイプだ。「ジミシブ」な魅力がある。


 動きが止まったところで、玉春日に攻め手がなかったのは残念。玉春日らしい、土俵際で弓反りになってこらえる姿も見られなかった。とはいえ、今日の相撲は豊真将を褒めるべきでしょう。



 今日のこのほかのおもしろかった取組。


●把瑠都 押し出し 栃乃花○

 把瑠都のつっぱりを下からあてがってしのいだ栃乃花がもろ差しで体を寄せて押し出しの勝ち。
 解説陣が大絶賛する把瑠都を、しぶ~い四つ相撲で下す栃乃花、さすがです(笑)。


●栃東 寄り切り 琴奨菊○

 栃東は琴奨菊をつかまえながら攻め手がなかった。舞の海さんが言っていたが、琴奨菊は腹の肉に食い込むほど回しをがっちり巻いていたようで、大関は左を差し勝ちながら、回しがつかめなかった。大関の左手を見ていると、回しに手を掛けながらも手が何かヌルヌルするものをつかむように回しを握ることができない様子。
 琴奨菊は左で下手を引き、腰を振りながら下手を引きつけ、上手も取って万全の寄り。いい相撲だった。


●朝青龍 突き落とし 若の里○

 土俵際で逆転負けを喫した横綱。
 右前みつが早かったし、それを引きつけて寄っていくまではよかったが、その前みつを放して突き放そうとしたところで若の里がうまく回り込んだ。横綱が墓穴を掘るような負け方をしたのは久しぶりではないかな。
 それよりというか、それに加えというか、土俵下に落ちて腕を痛めるのも横綱らしからぬ姿。
 場所前の調整不足が言われていたが、それがもう2日目に出てしまった感がある。



 横綱の怪我の状態が思わしくなければ、白鵬の初優勝が大きく近づいた、といえるなあ。
 それに待ったをかける人が、今場所はちょっと見当たらない。琴欧州がライバル心を燃やして、白鵬戦には勝てるかもしれないが、優勝を阻止するとなると難しい。



※トラックバックを送らせていただいたブログ様
情の道:夏場所・2日目
今日考えた事&思った事:2006年 5月場所 2日目
mika;hana:白鵬、2勝目(朝青龍、栃東に土)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんばんは。
豊真将良かったですよね。もう何も言う事無い、と言ったら大袈裟ですけど、本当に教えに忠実に相撲をしている感じがありました。見ていて気持ち良いですよね。応援したくなりますもん!
【2006/05/08 21:26】 URL | Gacktoh #- [ 編集]


Gacktohさん、こんばんは。
豊真将、いいですね~。十両時代にちゃんと見ておくんだった(笑)。
ただ、幕内では立ち合いがもっと厳しくないと勝てないでしょうね。
一気に強くなるタイプではないと思いますが、幕に定着しながら力をつけていくことはできるんじゃないかな。
大学時代に一回辞めて、ブランクがあるんですね、彼。
にもかかわらず、この出世のスピードですから、素質があるんでしょうね。
【2006/05/08 22:16】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]

琴奨菊
彼のキツイ廻しの締め方はおそらく貴闘力以来かな(笑)
三代目若乃花なんか、キツク締めすぎて呼吸できなくなるんだなんて言ってましたっけ。
ユルフン力士が増えてるのでこういう小さなこだわりも見習って欲しいです。
【2006/05/09 10:07】 URL | SUSAN #- [ 編集]

水戸泉と逆(笑)
SUZANさん、こんばんは。
貴闘力は回しの上に腹の肉がはみ出てましたもんね(笑)
自分の取り口や対戦相手の取り口に合わせて回しの締め方を工夫するのも作戦のひとつになりますよね。

水戸泉を思い出しました(笑)。
彼は相手に回しを取ってもらおうと、回しをゆるくしていたそうですね。相手が取りやすいと、自分も相手を引っ張りやすくなるからって。
【2006/05/09 21:38】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/254-838ba3d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2006年 5月場所 2日目

 2日日 「再び始まった激闘・注目の力士たちは」【解説】正面(幕内)舞の海秀平  向正面(幕内)北陣【アナウンサー】正面(幕内)藤井康生 (東花道レポ)岩佐英治                              <副音声>【ゲスト】ステュウット.. 今日考えた事&思った事【2006/05/08 21:23】

白鵬、2勝目(朝青龍、栃東に土)

大相撲 五月場所 二日目 [主な取り組み] ●朝赤龍(寄り切り)白鵬○ ●朝青龍(突き落とし)若の里○ ●安馬(寄り切り)琴欧州○ ○千代大海(引き落とし)旭天鵬● ○雅山(突き倒し)魁皇● ●栃東(寄り切り)琴奨菊○ ○琴光喜(寄り切り)稀勢の里● [関連 mika;hana【2006/05/09 05:59】

夏場所・2日目

昨日は見ることが出来なかった十両の取組。海鵬は隆乃若と。隆乃若、体が一回り大きくなったように見えます。海鵬と比べてみるせいか? 情の道【2006/05/09 11:40】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。