今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲・今日の一番(平成十七年十一月場所・九日目)
○琴欧州 押し出し 安馬●


 去年の九州以来2度目の対戦。
 取組予想というか勝ちパターンについて、向う正面解説の浜風親方は「琴欧州が2、3発つっぱって安馬を起こして四つに組んで前に持っていくのが(琴欧州が勝つためには)良い形」、正面解説の錣山親方は「前傾姿勢で右手を固めて左を浅く取り、すくって右を差す(と勝てる)」と話しました。
 安馬はどう行くか。「つっぱっていくと(琴欧州も)つっぱってくるので、前回しを狙っていったほうがいいのでは」と両親方。
 安馬「考えてきました。内緒です」と支度部屋で話したらしい。いつも、けっこう考えているんですよね、安馬って。
 じっさいの取組では、やや立ち腰の立ち合いで琴欧州が安馬の首のあたりに右手を当て、左を浅く差しかけるも、かまわずに手を伸ばして安馬を押し出しました。
 この長身が頭を下げて低く出てくると、安馬もなすすべがありませんでした。もう少し攻防のある相撲が見たかったですが、錣山親方がおっしゃったように、稀勢の里戦と同じ立ち合いをしながら、同じ負け方を繰り返すことなく、逆に押し返したのが良かったです。
 立ち合いに腰を割らないのを錣山親方に指摘されていました。こういうところを見ると、このまま大関にしていいんだろうか、と思ってしまいます。厳しい親方も引退しちゃうし、まずいことを「まずい」と琴欧州に言える人がいなくなると逆に損です。
 まだ大関・横綱戦が残ってますから、これからが正念場だな~。

 安馬は負けましたが、まだ白星先行です。
 そして、明日の結びの一番は、朝青龍対安馬!
 ついにきましたね~。楽しみな一番です。横綱に恩返ししてほしいですね。



 栃乃花豪風を中に入れないよう、下からおっつけて左を差し、密着するのを避けようと離れた豪風をうまくさばいて押し出し6勝目。

 琴奨菊は幕内上位に上がってきましたが、今日の土佐ノ海戦などを観ても、まだまだ「これぞ琴奨菊!」という形ができてないですね。ま、今のうちはがむしゃらにぶち当たっていればいいと思います。錣山親方がおっしゃるように、いろいろ考えて、相手に合わせて、というのではなく、思い切って行くだけでいいでしょう。

 昨日「大逆手」という幕内初めての決まり手で勝った安美錦。こらえた右足は大丈夫だとのこと。
 今日は、立ち合い普天王の右手が安美錦の左手に当たったとき、安美錦の左手のテーピングが吹っ飛んで土俵上に転がりました。何が飛んだんだろう、とヴィデオを観直しましたよ(笑)。親指のテーピングというか絆創膏でした。
 あっ、取り組みは普天王の勝ち(笑)。

 琴光喜は左から張って捕まえようとしましたが、稀勢の里がかまわず出てきて、右から小手に巻こうとしたときにはすでに土俵際。稀勢の里が一気に寄り倒し、両者土俵の外に吹っ飛びました。
 稀勢の里はこれで4勝目。錣山親方は「おっつけて下手を取ると相手に上手を取られて振り回されたりする。おっつけずに出る今日のような相撲のほうが稀勢の里に向いているのでは」とおっしゃいました。なかなか考えさせられますね。
 琴光喜は張り差しから安易に下手を狙うような感じに見えました。もったいないなあ。
 1敗がいなくなった。横綱戦の前に、あまり星の差が開いてほしくなかったんだけどな。

 魁皇は踏み込んで岩木山の手を引っ掛け、押し込んでからのはたき込みで6勝目。

 千代大海は細かくつっぱって玉乃島を下がらせ、つかまりそうになりかけたところで、玉乃島をタイミングよくはたき込んで7勝目。
 両大関は何とか横綱においていかれないよう頑張ってるな。

 朝青龍旭天鵬を下からすくってもろ差しで寄り立て、旭天鵬が右から抱えて残すも、右を放して左を深くし、右手で旭天鵬の右足を払って下手投げで土付かず。
 もう、賜杯をあげてもいいです(笑)。


 横綱が勝ったんだから、座布団投げるなよ、お客さん…。



 今日の正面解説は元関脇寺尾の錣山親方、向う正面解説は元小結三杉里の浜風親方。ほぼ同期だからか、とても仲の良さそうな様子で、お互いに話を向け合っていましたね。とくに錣山親方は、舞の海さんとコンビのときもそうでしたが、もう一人の解説の親方に話を振りますよね。解説が盛り上がるのでいいですよね、そういうの。


 西の花道の奥から取組を見ていた、眼鏡をかけた警備の親方は朝乃若(若松親方)か?



 それにしても、今場所は、上のほうの席がガラガラだなあ…。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

花道警備は朝乃若だと思います。ほっぺの影から察するに(笑)
現役時代と比べて随分痩せたようなので驚いてます。
でもほっぺの影があるからあれは朝乃若ではないかと。
【2005/11/22 08:23】 URL | SUSAN #- [ 編集]

頬骨が
SUSANさん、こんにちは~。
あはは、やっぱり。
頬骨の感じが朝乃若だろうなと思いました。
痩せましたね、たしかに。
こないだ解説に登場した山分親方も警備してましたね。琴龍親方も。
近々、五城楼も登場するかな?
じゃ、また!
【2005/11/22 16:10】 URL | きゅれん #- [ 編集]

こんな障害初めてです
このページにいただいたSUSANさんからのトラックバックのタイトルが、僕のこのページのタイトルになっていました。
何だそれ!
こんな障害、初めて見ました。LOVELOGでもWebryBlogでも見たことがありません。
ログイン画面でも、トラックバックのタイトルは変えられません。
貼られているリンクはちゃんとSUSANさんのくだんのページに飛ぶのですが、かっこ悪いので、すみませんが削除いたしました。
SUSANさん、すみません。v-436
新しいところに移り、新鮮な体験をさせていただきました(笑)が、こんなことがもしつづいたらいやですね…。
【2005/11/22 21:59】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/25-b6097e3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。