今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【文庫本逍遥⑪】講談社文庫その2
 この文章は【文庫本逍遥⑪】講談社文庫その2のつづきです。

 今回は裏表紙の変遷とそのほかカバー周りについて。


<裏表紙の変遷>
 創刊間もないころ発行された①『針のない時計』の裏表紙は3つのパートに分かれています。
 上部は右寄りに作品紹介があります。まず書名(ゴシック体)があり、その下に横書き、18字×7行で紹介文(明朝体)があります。
 全部がそうだったかはわかりませんが、①は解説がとても充実しているので、裏表紙の作品紹介はこの程度の長さで十分だったのでしょう。
 中段は葉っぱが横に6列並んでいます(笑)。
 下段は「定価240円」という定価表示と、「0197-330240-2253(0)」という書籍コード。

 前回書きましたように、この当時のカバーは写真やイラストが使われていなく、すべて同一の装丁でした。個々の「書籍」というより、「文庫全集」といった趣きです。
 (この趣きは「文芸文庫」に引き継がれている、と言えるかもしれません。)(笑)


 ②『ジュンと秘密の友だち』では、中央上部に葉っぱ2枚(笑)、その下に作品紹介があります。
 紹介文は①より文字サイズが大きくなり、横書き、18字×9行です。ちょうどいい感じの分量に感じます(笑)。
 下段に書籍コードと定価表示があります。定価表示から「定価」の文言がなくなりました(笑)。


 ③『ハリスおばさんモスクワへ行く』では、背表紙はほぼ現在のスタイルができあがっていましたが、裏表紙にはまだ書籍JANコードが登場しておらず、現在の表記スタイルには至っていません。
 背表紙からつづいて、上部の白地の部分と、その下の色の地の部分とに分かれています。
 白地部分の右上には書名、著者名、定価表示(「定価380円」)、丸で囲まれた「外」、「78」とあり、「78」のすぐ下の色地の部分に「4」(著作数)が白抜きで書かれています。
 色の地の部分の中央に作品紹介があります。縦書き、18字×9行と、分量は②と同じ。最初の1字が4倍角になっています。
 作品紹介の下には講談社文庫のマーク(笑)。
 最下段に、ISBN・分類コード・定価コードを3つセットにした「日本図書コード」があります。定価表示は「¥もどき」です。


 ④『幻影』が現行のスタイルの裏表紙です。日本人著者・外国人著者共通ですね。
 左上に書籍JANコード(2つのバーコード)があります。この位置はどの出版者の文庫本・文庫シリーズに関係なく、書籍JANコードの指定席なのですね(笑)。
 右上に日本図書コード。これもここがあらゆる文庫本での指定席です(笑)。

 これらのコードの部分が白地、あとは青地になっています。書籍JANコードが下にはみ出しているので、中央部分で色分けがでこぼこになっているのが講談社文庫の裏表紙の大きな特徴です(笑)。

 中央部右側に作品紹介が書かれています。縦書きで、18字×8行。④のような青地の外国人著者作品(ミステリなど)は作品紹介の文字が白抜きになっていて、やや読みづらいですね。
 (文字がチカチカして。)(笑)
 紹介文の下に罫線が引かれ、その下に葉っぱが1枚あります(笑)。

 中央部左側に書名、著者名、定価、丸で囲まれた「ふ」、縦に並んだ「53|2」があります。「ふ」は黒丸の中に白抜き文字で、それ以外は黒い字で、書かれています。講談社文庫の場合、外国人著者でも、著者の整理番号はひらがななんですね(笑)。
 定価は「定価:本体752円(税別)」の表記スタイルになっています。消費税3%時代は「定価XXX円(本体XXX円)」でした。


 背表紙同様、裏表紙も講談社文庫は大変特徴的ですね。
 色づかいさえ違っていれば、もう少し積極的に講談社文庫を眺めたいと思うものです(笑)。



<そのほか、カバー周りについて>
 これまで見てきたように、①のカバーは大変シンプルでしたが、カバーの折り込み部分もシンプルで、表紙の折り込み部分には「装幀」の表記があるだけ(装幀は「亀倉雄策」さん)、裏表紙の折り込み部分には何も書かれていません(笑)。何も書いていないのがいちばんシンプルなのは言うまでもありません(笑)。


 ②の表紙の折り込み部分は、「カバー装画」の表記があるだけです。
 ちなみに②の装画及び挿し絵は「村上勉」さんです。
 裏表紙の折り込み部分には同文庫の佐藤さとる作品のラインナップが書かれています。


 ③も、表紙の折り込み部分は「カバー装画」の表記があるだけ。
 裏表紙の折り込み部分は裏表紙からつながって色分けされています。書かれているのはやはり講談社文庫のラインナップです。
 (葉っぱもあります。)(笑)


 左下にキャンペーン応募用と見られるマークの切り取り部分が登場するマイナーチェンジのあと、④の現行の表記形式になります。
 ④の表紙の折り込み部分は「カバー装画」「キャンペーンの切り取りマーク」に加え、「著者紹介」があります。横書き、1行18字で10行程度(著者によって違います)。裏表紙の折り込み部分は同じく講談社文庫のラインナップ。


 全体的に、講談社文庫のカバー周りは変遷が少ないですね。
 (ありがたいですね。)(笑)




※今回参照した講談社文庫

①昭和46(1971)年12月15日第1刷発行
 昭和47(1972)年2月16日第2刷発行
 マッカラーズ著/佐伯彰一・田辺五十鈴訳
 『針のない時計』
 講談社文庫[B24]  定価240円

②昭和52(1977)年11月15日第1刷発行
 佐藤さとるファンタジー童話集Ⅵ
 『ジュンと秘密の友だち』
 講談社文庫[AA45]  240円

③昭和57(1982)年11月15日第1刷発行
 ガリコ著/亀山龍樹・遠藤みえ子訳
 『ハリスおばさんモスクワへ行く』
 講談社文庫[外78-4]  定価380円

④2003年8月15日第1刷発行
 ビル・プロンジーニ著/木村二郎訳
 『名無しの探偵シリーズ 幻影』
 講談社文庫[ふ 53-2]  定価:本体752円(税別)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/234-81ba16bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。