今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲・今日の一番(平成十七年十一月場所・七日目)
○琴ノ若 上手投げ 豪風●


 今日が息子さんの誕生日という琴ノ若。息子さんは今日の観戦には間に合いませんでしたが、取組後に空港に出迎え、夜は家族で誕生日会をするそうです。
 立ち合いで豪風が下から押し上げるようにしてもろ差しになりかけますが、琴ノ若が左で肩越しに上手を引きます。
 豪風はがぶり寄るも寄れず、密着すると不利だと思ったのか、左は差さずに右下手を深くして半身になります。
 そして右足で切り返しや内掛け、足を踏み込んでの下手投げなどを見せますが、琴ノ若は肩越しの上手を放しません。懐が深いので、強引な投げを打たれても崩れませんね。
 それに、時間が長い相撲は、「ミスター1分」の琴ノ若の独壇場です(笑)。
 半身のまま、琴ノ若が上手投げを打つところに豪風が下手投げを打ち返しましたが、さすが琴ノ若、右手を引いています。
 豪風も頭から落ちましたが、その頭が先に落ち、琴ノ若の勝ち。
 息子さんの誕生日に花を添えましたね。
 それにしても、ホント、まだまだ相撲が取れますよ、琴ノ若。それも、幕内で十分取れる。



 栃乃花、残念!
 白露山のつっぱりに、下から潜れそうな風に見えたのだが、突き起こされて足が揃ったところを引き落とされた。
 優勝ラインは2敗なので(笑)、まだまだですね。

 春日王・土佐ノ海戦は、春日王の豪快なすくい投げに館内が沸きましたが、自分でもこれまでに話しているように、前に出る相撲を取らないと、また怪我するぞ。

 先に立って張り手を出して突っ込み、待ったかと思ったのか力を抜いた隆乃若をもろ差しで捕まえた高見盛がそのまま寄り切る。
 「立ち合い待った」は行司さんが決めることで、力士は万全の状態で立っていけばいい……とは思うものの、難しいですよね。自分が待っていると相手十分の立ち合いをされてしまうし、先に立てば待ったされて気合を殺がれかねないし。

 つっぱりながら回しを狙っていた(たぶんね)時天空が、琴奨菊が軽く頭を押さえて引いたところをうまく左を浅く差し、タイミングの良い肩すかしで琴奨菊を下す。

 ゲストの大川栄策さん、黒海のヒゲを見て「想像を絶する(ヒゲ)」と批評(笑)。たしかにあのヒゲはすごい。色白の黒海はなおさら濃さが目立ちます。
 「ゲンを担いでいるのではない」と話したそうですが、だったら剃ったほうが…(笑)。

 安馬岩木山を真正面から押し出し。岩木山はいなすタイミングでも狙っていたのかもしれませんが、そのまま押し切られてしまいましたね。
 いつも気になるんですが、安馬の手、仕切り線より前に出てるんですよね…。
 (たまに行司さんに注意されてる。)(笑)

 琴欧州は、「幕下のころからのライバル」と話す稀勢の里戦。
 低く当たったところで左から押し込まれそうになり、稀勢の里の頭を押さえて引いたところ、稀勢の里がまっすぐ出て、寄り切って稀勢の里の勝ち。
 やけに消極的で安易な引きでしたね、琴欧州。「ライバル」というより、「苦手意識」があるんじゃないかな。
 取組表を見て、「今日の一番」にこの一番を選ぼうと思っていたのですが、あまりにあっけなかったのでやめました。
 それにしても、関脇に勝ってインタビュールーム、というのはどうかな…。琴欧州を高く買いすぎです。インタビュールームは横綱・大関に勝った人と、幕内勝ち越し第1号だけにしましょう(笑)。稀勢の里も軽く見られたものですね。

 上位陣、魁皇白鵬の首へのつっぱりをしのいでいたが、横から押し込まれて懐に入られ、寄り切られて3敗目。負けるときはあっけない魁皇そのままだったなあ…。

 再出場した普天王に、「アメーバブログ」から懸賞がついてましたね。普天王のブログでアメーバもずいぶん名前が売れたでしょう。僕は重そうだから移らなかったけど。
 相撲は千代大海が今場所ここまででもっとも力強い相撲で普天王を圧倒しました。水をつけるところで、顔のどこかが気になるのか、呼び出しさんに顔を見てもらっていました。何だったんだろ?(笑)

 横綱北勝力に完勝。とくに言うこともなし。



 この日の分もリアルタイムに観て綴りました。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/21-17b5d930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。