今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲・今日の一番(平成十七年十一月場所・六日目)
●玉乃島 寄り切り 稀勢の里○


 玉乃島が先に左を差したが右手がバンザイ、稀勢の里が左をこじ入れて右で抱え、頭をつけた玉乃島の体を起こして右上手を一枚回しながら引き、そのあと休まずにがぶって出ました。
 相手が四つ相撲だったので組み合いましたが、とにかく休まなかったのが良かった。土俵際ではしっかり腰を下ろし、万全の取り口に見えました。これをきっかけに、若い、元気な相撲を期待したいです。



 十文字が幕尻で好調堅持。白露山があっさり引いてくれたとはいえ、攻めの相撲がいいな。

 栃乃花も1敗を守った。土佐ノ海の押しをしのいで右前回しを引き、いったん体が離れるも再び食いついて右四つに組み止め、土佐ノ海の下手投げにも崩れずに寄り切った。か、かっこいいッス!

 豊ノ島朝赤龍にかわず掛けで負け。四日目にかわず掛けで勝ったのに。同じ場所で同じ決まり手で勝ったり負けたりか。これ以降、豊ノ島の決まり手が、勝っても負けても全部「かわず掛け」だったらおもしろいよな(本人はおもしろくないか)。

 「怪我をしたら、その箇所は弱くなるから、怪我をした箇所こそ鍛えなければならない」と佐渡ヶ嶽親方の指導を受けた琴ノ若。左足に大きな怪我をしたが、十両にも落ちずにしっかり治してきて、しかもまだまだ現役で取れる体力があるのは、親方の指導の賜物なんだろうな。

 隆乃若、どうしちゃったんだろうね。脚の具合がよほどひどいんだろうか。

 琴欧州は上背があって懐の深い旭天鵬を、立ち合いすぐに右を差して左上手も引き、旭天鵬の投げにも崩れず万全の寄り。今場所いちばんいい相撲(今のところ)。

 上位陣、千代大海雅山にサクッと転がされる。雅山は今場所3大関全員を破った。大関は上づっぱりで、やっぱり足が出なかったなあ。

 魁皇出島が右を差して出るところを右から豪快なすくい投げ。
 見た目には派手で魁皇らしいが、解説の尾車親方がおっしゃったように、本来の相撲じゃないし、こんな投げをやってたらまた腰や足を怪我しかねない。

 結び、横綱朝青龍垣添を圧倒。右張り手は失敗したが、左からおっつけて横を向かせ、どんどん前に出て垣添を押し出した。大関陣が不振な中、見事に好調さを維持している。



 中入り後の休憩時間は、引退間近となった元横綱琴櫻の佐渡ヶ嶽親方
 最初に育てた関取である琴風(現尾車親方)との話では、佐渡ヶ嶽親方が涙を見せていたなあ。話し方を聞く分には穏やかでのんびりした人だが、琴風を指導していたころはホントに厳しい人だったようだ。
 現役時代のエピソードでは、親方や兄弟子にこってり絞られ、鍛えられたという。だからこそ、琴風を徹底的に鍛え上げたんだろう。


 五城楼の引退記者会見が開かれた。
 怪我が多かったよな…。
 幕内在位17場所か。もっと長かった印象がある。十両も長かったし、中入り後に幕内下位との取組が組まれることも多かった。
 準年寄五城楼となったが、これって期限付きだよね。


 「(稽古量が少ないまま場所に臨むと)勝ってても自信につながらない」と話した舞の海さんに、「それならもう少し稽古すればよかったのでは」とツッコミを入れた藤井アナ、ナイスです。明らかに確信犯ですね(笑)。
 尾車親方だから「そんなことなかったですよ」とフォローしてくれましたが、北の富士さんなら「ホントにそうだよね」とおっしゃったでしょう(笑)。前に言ってたし(笑)。



 この日の記事は、中継を途中から観て「今日の一番」を決め、ヴィデオで全体を観直し、その日のうちに書いたものですが、記事のアップはあとに回しておりました。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/20-9fa21e1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。