今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「BLOOD+」MAIL-MAGAZINE VOL.28+「BLOOD+」第22話(TB修正あり)
 相変わらず僕のシグーが丸出だめ夫で(笑)、とりあえず土曜日の晩にこれを書いていますが、アップできるのはいつになるかわかりません(トホホ)。
 いいかげん、全体的なオーバーホールが必要なのでしょうが、どこから手をつけていいかわからない…(笑)。


 では、まずは土曜日配信に戻ったメルマガの第28号の話題から。

(1)プレゼント企画最終回だそうです。
 本編の放送が終わっておりますので書いておきますが、今回は「DVD第3巻初回生産限定版を抽選で5名様にプレゼント!」でした。
 ハガキ、送ろうかな…?(笑)


(2)第22話のイントロダクション。
 “「動物園」の創設者ジョエル”という一文がちょっと気になりました(笑)。


(3)前回もお伝えした「Sony Music Anime FES´06」開催の話題。
 「第3クールオープニングアーティスト、UVERworld」も参加決定だそうですが…
 次のオープニング、かぁ…(笑)。

 僕は先日、「Vガンダム」を観ていたのですが(今回が初見)、OPは2種類でした。
 「SEED」や「SEED DESTINY」は4種類でしたね。


 う~ん…

 3か月ごとにOPを変える必要はないと、個人的には思いますが(笑)、
 ぶしつけに言うと、「商売」になるんでしょうね、OP&EDソングが。


 OPよりも本編の絵のクオリティを上げるのに力を注いでほしいな…(笑)。
 現在のOPはとても気に入ってるんですよね。だから、無理して新しいOPを作ることに人材と時間を注ぐより、本編のほうに力を注いでほしい。


 「Anime FES」は東京と大阪で開催されるそうです(笑)。


(4)アニメ誌各誌で「総力特集!」だそうです。
 僕自身の財布でなく、書店の皆さんに頑張ってもらいたい(笑)。
 (輪ゴム、かけないでね。)(笑)


(5)最後はいつものようにネット配信の話題。
 「しまった! 先週見逃した!」とデヴィッドが嘆いているCMでお馴染みです(笑)。


 11日、「BLOOD+」の第22話が放送されました。
 ネタバレしておりますのでご注意ください。


 「BLOOD+」第22話「動物園」

 今回はサラサラッとお茶漬けのように綴ってしまいます(笑)。

 アンシェルらが「動物園」と呼んだ場所――前回岡村と真央がシャトーデュエルのオヤジから聞いた、ワインのラベルに描かれている元の「シャトー」であり、ジョエル・ゴルトシュミットの、火事に見舞われた屋敷跡=「ポイント・オリジン」です。
 約100年前、そこには城があったが、火事で城主や使用人がみな死んだ、という話でした。
 噂では、火事で焼け死ぬ前、使用人たちはすでに全員殺されていたという…。

 そんな場所が「小夜の生まれた場所」。
 近づくにつれ、小夜はそこでの過去を思い出します。
 といっても、この回では最初から小夜が今と同じと思われる年齢で登場していますので、「生まれた」ことについての謎はまだまだ明かされていません。


 ハジは元は人間だったんですね。知りませんでした。
 彼は幼少時にたった一人でジョエルに引き取られました。
 小夜の「友だち」として紹介されますが、それだけではなさそうです。
 子どものころのハジは、「どうせオレはおまえらに買われたんだからな」と言い放ち、涙を見せました。よほどの事情がありそうですね。
 彼が人間だとしても、出自までは明かされませんでしたので、この敵対心にはまだ謎が残ります。
 彼は、両親によって、経済的な理由でゴルトシュミット家に売られたのか?
 あるいはもともとみなしごだったのを引き取られたのか?

 成長したハジは、下男から血を抜いて小夜に輸血していると知り、ジョエルに疑問をぶつけます。
 ジョエルは「小夜が生きるためには血が必要」としか言わない。

 この事実を併せて考えると、ハジは小夜への輸血用員として買われた、と見ていいような気がします。
 (これは僕がこれまでのストーリーから勝手にそう推測しているだけで、物語上の事実・設定と違っているかもしれないことをご了承ください。)

 じっさい、現在のハジは小夜に血を飲ませるためにそばにいる。それだけでないにしても、その役割は大変大きい。ハジが小夜に血を飲ませるから、小夜は一般人を襲わずに済んでいるのです。


 ジョエルの書斎で、アンシェルが登場しました。
 現在のアンシェルより、ややヒゲが濃かった気が…(笑)。

 アンシェル「おまえたちは、やがて…」

 「やがて」何なのだ?
 「やがて」結婚(交配)する? だとすると、ハジが小夜の婿に決まっていたことになります。
 しかし、ハジが人間であり、おそらく輸血用員だったことからすると、結婚するとしても対等な婚姻関係にはならないでしょう。
 ただ、現在の小夜やディーヴァの一連の「花婿問題」を見てきた上で考えると、小夜と交配させるのが普通の人間とは思えない。ハジがもともと人間だったとしても、特別な人間だったかもしれません。
 (このあたりはまだよくわかりませんね。)


 せっかく謎を解く鍵を話してくれそうだったのに、ジョエルじいさんが言葉をさえぎってしまいました。
 (「チックショ~~!!」)(笑)


 アンシェルはまた、「あなたともあろうお方が、情でも移りましたかな?」とも言いました。
 これはハジに対する情、と見ていいかな。
 ハジはこのときまだ普通の人間であり、小夜の輸血用員にすぎない。
 年をとらず、傷口もすぐに治る小夜と比べれば「格下」の動物です。ジョエルやアンシェルはハジを「使い捨て」のように見ていたのかもしれない。
 それなのにジョエルが小夜に「ハジに親切にしてやれ」と、ハジへいたわりの言葉を言ったのをアンシェルは揶揄した、と僕は受け取りました。


 ジョエルの誕生日、ハジは小夜に頼まれ、崖に咲く百合を取ろうとして転落しました。

 小夜は、手前の百合で我慢するべきでしたね(笑)。

 それと、まだ、あの跳躍力はなかったのか…(笑)。

 頭を打って血を流すハジ。どう見ても死んでます。
 小夜は自分の手を切り、血を流します。そのまま血を口に垂らさず、口移しで飲ませるのがエッチです(笑)。


 屋敷に戻った小夜は火事を見て呆然としています。
 その小夜の後ろから……
 タキシードを着た男が近づく……


 それは復活したハジだった。



 「ペット・セマタリー」!!!(大笑)



 まとめると、ハジはもともと小夜の輸血用員であり、また小夜と交配させる「花婿」であった。
 小夜の血を飲み、シュヴァリエ(=翼手)となり、死なない体になった。
 しかし、小夜の血を飲んで小夜のシュヴァリエとなった者は、小夜と結婚できず、妹の「ディーヴァ」と結婚しなければならないのではないか……と考えられます(これはあくまで僕の推測です)。

 最後にソロモンがこう言ってましたね。

 「あなたとディーヴァは血のつながった家族。そして私たちの母でもあり、恋人でもある」

 (小夜やディーヴァがやはりシュヴァリエの母親だったのですね。)

 そしてハジはディーヴァの花婿です。
 この、「一方のシュヴァリエは他方のディーヴァとつがう」という原則がおそらく、アンシェルが言ったところの「シュヴァリエの定め」。

 小夜の血でシュヴァリエとなったハジが小夜と結ばれても子どもが宿らない、あるいは生まれた子はシュヴァリエ(=翼手)にならない、のかもしれません。それがまた、「シュヴァリエの定め」が決められた実際的な理由かもしれません。
 (これもあくまで僕の推測です。)


 幼少期のハジ、リクに似てましたね。やはりリクはシュヴァリエの系譜か、ハジの家系か、いずれにしても出自に関係があるんじゃないか。
 現代のジョエルにも似てます。

 上に書いたことと照らし合わせて、こんなことを空想してしまいました。
 小夜とハジがつがったら、翼手ではなく人間が生まれる――もしそうだとしたら、リクは二人から生まれた子、かもしれない……なんてね(笑)。
 (飛躍しすぎかな?)(笑)
 二人の子でないにしても、その子孫であるとか?

 リクの出生に秘密があるのは明らかなので、いろんなケースを考えるのも楽しいです。



 夢で見た、「塔の小部屋に監禁された少女」の姿を思い出す小夜。
 歌声、そして青い薔薇…。
 あれが小夜の妹――ディーヴァだと小夜は気づきます。僕ら視聴者は小夜なのかディーヴァなのか迷わされましたが(笑)。




 最後に、幼少期のハジは、「カガリ・ユラ・アスハ」でしたね(笑)。

 幼少期のハジ「歌と踊りは十分仕込まれてる」


 さて、皆さんはどんな踊りを想像しましたか?


 僕は、コサックダンスでも踊るのかな、と…(笑)。



 次回予告はソロモン。
 やはり、ハジとソロモンとで小夜の取り合いになるようです(笑)。
 小夜の正当な「花婿」として、アンシェルが殺す前に彼女を説得しようというソロモンに対し、「シュヴァリエの定め」に逆らってまで小夜を選んだハジはあくまで初志貫徹の心積もり。
 小夜が自分の花婿にソロモンを選べば、ディーヴァ&シュヴァリエの暗黒史はこれからもつづきます。ハジはそれを望んでいないようですが、その理由はまだわからない。
 ハジを花婿に選ぶ(というよりソロモンたちシュヴァリエを花婿に選ばない)とすると、小夜はアンシェルらに殺されるでしょう。死なない体ですが、コンクリートで固められ、海の底に沈められるかもしれない。そうすると「赤い盾」は崩壊するかもしれません。
 もちろん、小夜が殺されないよう、ハジや「赤い盾」、小夜本人が頑張っているわけですが…。


 小夜がカイを婿に選んで、ハジとソロモンの二人ともふられる、というケースを僕は想定していますが…(笑)。
 つまり、吸血族と人間族の混淆が、新たな未来を築くのではないかな、と。
 彼らの抗争を「終わらせる」には、小夜側、ディーヴァ側のいずれかを滅ぼすのとは違う道をたどらなければならない気がします。
 ハジは小夜に「すべてを終わらせる」ために動物園に連れてきた(こないだそんなことを言ってたけど、この行動は一貫していない気がします。少なくともハジは最初から小夜をここに連れてくる様子を見せていなかった)のですが、それはディーヴァを倒すとか、ディーヴァを取り巻くシュヴァリエたちを倒すとかといったことを意味していない、と僕は思っています。では本当のところはどうなのか、というところまではまだ見当がつきませんが、ハジはもともと人間だったから、小夜が人間の側の社会に参加するほうが幸せだ、と考えているのかもしれません。
 (この見方もあくまで僕個人の推測に過ぎません。)



 今回はジュリアはいつもの胸チラのみ、対するアルジャーノは登場せず、なので、「引き分け」だったかな…。
 (例によってかれんさん=ジュリアのエロさ VS オーパーツさん=アルジャーノの「飴」対決を勝手に応援させていただいております。)



 ここまで、日曜日には書きあがっていました…(笑)。



 この場所が「動物園」と呼ばれる所以がまだ明かされてませんね。
 (見落としたか?)(笑)



※トラック野郎を走らせたブログ様
GATES OF HEAVEN:BLOOD+ Episode-22「動物園」
ライトオタクなOL奥様の節約入門日記:BLOOD+ 22話
はちみつ水。:BLOOD+第22話「動物園」
文苑:BLOOD+第22話『動物園』
オーパーツー:BLOOD+第22話「動物園」
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人:(アニメ感想) BLOOD+ 第22話 「動物園」



 追記。オーパーツさんのところへどうしてもトラック野郎が走りません…(涙)。
 差し支えなければ、リンクはこのまま貼らせていただきます。


 さらに追記。オーパーツさんが新しく記事をアップなさいましたので、新しいほうへトラック野郎を送らせていただきます(上のリンクも修正しました)。

スポンサーサイト

テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント
祝・復活!
体調回復されたとのこと、よかったです。早くIEの方もきちんと動作するようになるといいですね。

>DVD第3巻初回生産限定版

80ページのおまけに心揺れている今日この頃です。

>これはハジに対する情、と見ていいかな。

それもあるかもしれませんね。私はここは小夜への情かな、と思いました。小夜も実はアンシェルやジョエルたちにとって、ある種の実験動物なのでは(「動物園」で生まれた、と言われていたので)と考えているのですが、実際のところはどうなんでしょうね?

>小夜は、手前の百合で我慢するべきでしたね(笑)。

それでいいじゃん!と見ていた視聴者みんなが思ったことでしょうね(笑)

>それと、まだ、あの跳躍力はなかったのか…(笑)。

墜落死のリベンジのためにシュバリエになってから、一生懸命ハジジャンプを習得したのでは(笑)

>小夜は自分の手を切り、血を流します。そのまま血を口に垂ら>さず、口移しで飲ませるのがエッチです(笑)。

BLOOD+の半分はエロでできています。

> 「ペット・セマタリー」!!!(大笑)

あんなに可愛かったのに・・・性格が変わってしまったッ!という感じでしょうか(笑)せまりくるハジへと変貌。

> この、「一方のシュヴァリエは他方のディーヴァとつがう」とい
>う原則がおそらく、アンシェルが言ったところの「シュヴァリエの
>定め」。

ううむ、なるほど。そうかもしれません!今ものすごく腑に落ちました。この考えならはじめはハジ・小夜の婚姻予定が覆るということになるのも納得できます!!

>リクの出生に秘密があるのは明らかなので、いろんなケースを
>考えるのも楽しいです

ハジ・リクが妙に仲良しさんなのはそのへんの伏線でしょうか(^^)

>コサックダンス

激しく見たいデス。私の方のレビューではマツケンサンバと東京音頭を想定していました<オイ

>小夜がカイを婿に選んで、ハジとソロモンの二人ともふられる

あ~ありうるかも・・・・・。なんかハジもソロモンも死にそうなキャラでもありますし。ハジなんか小夜かばって死ぬ気まんまんな気が・・あうう。でもカイはちょっとまだヘタレさんなのでだいぶ先になるでしょうね。でもハジ小夜がいいなあ(ぼそり)

来週のソロモンが何を語るかでもう少しわかってくるかもしれませんね。
それでは♪



【2006/03/15 23:31】 URL | しのぶん #VWFaYlLU [ 編集]

マツケンサンバを仕込んだのはジョエル(ウソです)
しのぶんさん、こんばんは。
ありがとうございます。IEは非常に中途半端に稼動しています(笑)。Air H"だからでもありますが、とにかく、ページを開くのが遅い。とくにFC2ブログの動作がよくない(笑)。

そうですね、「情」は小夜に対しても考えられますね。

ハジジャンプ、きっと練習したんでしょうね…(笑)。

人間だったハジと、小夜の血を飲んでシュヴァリエ(翼手)になったハジとは立場が変わったはずです。ハジを婿にしてもシュヴァリエが生まれないのでは、と思いました。
ただ、ハジが人間だったころ、普通の人間だったかはわかりませんし、こういう婚姻形態が何百年もつづいてきたとすると、ハジより前に小夜に「あてがわれた」人間がいたはず。その人間との間に子どもは作らなかったのか、作ったとすればその系譜が、気になるところです。

>でもハジ小夜がいいなあ(ぼそり)
あはは、気持ちはわかりますが、恋愛ドラマ「BLOOD+」(笑)としては、どんでん返しがカイ&小夜カップルにあると見てます。ていうか、カイがただの「小夜のお兄ちゃん」で終わったほうがガックシきます(笑)。

ではまた~。
【2006/03/16 02:37】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]

コメント欄で追記の追記
オーパーツさんが新しい記事をアップしていらっしゃったので、リンク先を替えて再びトラック野郎を送ったのですが、やっぱり送れなかった(涙)。
記事を直すのが大変なので、勝手ながら、TBを送らずリンクを貼るという格好のままで失礼します。
【2006/03/16 22:05】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/188-1b767896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BLOOD+第22話『動物園』

BLOOD+第22話『動物園』感想です。ネタバレにつき未視聴の方はご注意を。 文苑【2006/03/15 23:08】

BLOOD+ Episode-22「動物園」

今日は家に私1人。家族みーんなお泊りでございます。1人は確かに寂しいときもあるけど、誰にも邪魔されずにBLOOD+が見れるという利点もあります(笑)さてさて今回も乱文感想いきま GATES OF HEAVEN【2006/03/15 23:17】

BLOOD+ 22話

毎回数時間を費やしBLOOD+についてはおそらく日本で1番目か2番目くらいに長い(ムダに長いという意味では日本一かも)レビューを書いている当ブログ。さすがにしのぶんも反省した今回 ライトオタクなOL奥様の節約入門日記【2006/03/15 23:32】

BLOOD+ 第22話「動物園」

今度はシンディーキタ━━━(゜∀゜)━━━!!!!カガリカガリ~(*^^*)(^^* )(^* )(* )( *)( *^)( *^^)(*^^*) ★今日の対決★飴→出番なしルイス→出番ありだが、美味しい台詞は多分なしジュリア→…どうなの?あれはエロイのか??ぐるぐる…(優柔不断...  はちみつ水。【2006/03/16 14:24】

BLOOD+ 第22話「動物園」

一度消えたことにもメゲズ、気張って血+感想書きたいと思います。もはやこの前どういうふうに書いたか忘れたけども。4日間あいていて内容はうる覚えなので、画像フォルダにある画像を見ながら適当に。。。 これは、、、ハジ君だね。この服、女の子用じゃない? オーパーツー【2006/03/16 22:44】

(アニメ感想) BLOOD+ 第22話 「動物園」

BLOOD+ Vol.4/アニメ小夜にとって全ての始まりの場所・・・動物園。荒れ果てた屋敷跡を目の前にして少しずつ記憶が戻り始める小夜。ハジと初めて出会ったのもこの噴水の前だった・・・。 ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2006/03/17 11:08】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。