今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【文庫本逍遥⑨】集英社文庫その1
 ついつい、装丁の変遷が少ないものを先に選んでしまいました(笑)。

 というわけで、集英社文庫の登場です。

 そんなにたくさん持っていない……と自分では思っていたのですが、書棚を見直すとけっこう見つかりました。
 「たくさん持っていない」のではなく、「たくさん読んでいない」ということでした(笑)。積ん読が多いのですね(笑)。


<簡単な沿革>
 集英社の公式HP、SHUEISHA WEB INFORMATIONで小史を読むと、集英社はもともと小学館の娯楽誌出版部門として1925年に創業したとあります。
 出版社の所在地から、講談社&光文社の「音羽グループ」に対し、小学館&集英社は「一ツ橋グループ」と呼ばれています。祥伝社や白泉社も「一ツ橋グループ」です。
 戦後は「少年王者」や「少女ブック」「明星」など少年少女向けマンガ・情報雑誌を次々に創刊します。
 現在発行している主だった雑誌は、「少年ジャンプ(週刊・月刊)」「週刊ヤングジャンプ」「りぼん」「マーガレット」「週刊プレイボーイ」「ノンノ」「すばる」、そして「ロードショー」など。
 消えてしまった雑誌に「Bart」があります(笑)。


 このように、集英社というと、「少年ジャンプ」や「ヤングジャンプ」などのマンガ雑誌に代表されるエンターテインメントものの出版に強いというイメージが僕にはあります。
 しかし、「世界の文学」シリーズでしたか、山本容子さんの装丁がすてきな文学全集がありましたが、その出版元が集英社です。「すばる」もわりと長い歴史のある文芸誌です。
 エンターテインメントも、純文学や専門書も出版しているオールラウンドな出版社だとわかりますが、個人的にはあまり接点がなかったかな。
 「少年ジャンプ」や「ヤングジャンプ」は中高生のころひととおり読んでいましたが、大学以降は読まなくなりました。「すばる」もしばらく手に取っていません。
 「週刊プレイボーイ」はたまに立ち読みします(笑)。
 (月刊の「PLAYBOY」も。)(笑)

 小説では、単行本であれ文庫であれ、僕が好きな作家の作品が集英社からほとんど出版されていないので、やはり手に取る機会が多くなかったですね。
 たとえばスティーヴン・キング作品は、初期に文庫で『呪われた町』が出たきりです。やはりキング作品の版権の高騰が原因なのでしょうか。


 集英社文庫は1977年に創刊されました。ミステリ、サスペンス、ホラー、純文学などあらゆる分野を満遍なく取り揃えていますね。

 その前年の1976年に「集英社コバルト文庫」が創刊されています。コバルト文庫のほうが先だったんですね。「少年少女向け娯楽・教養書籍の出版社」という創業精神が見られ、好感が持てます。
 とはいえ、コバルト文庫もあまり読んでませんでした。手元に持ち合わせもないので、ここでは割愛させていただきます。



<背表紙の変遷>
 カバーは大きく言って2種類ですが、端境期のものを含め、ここでは3冊の文庫本を見ていきましょう。
 ①『かなたへの旅』は1979年という文庫創刊間もないころの発行です。
 背表紙は、上から書名、著者名(いずれも明朝体)、集英社文庫のマーク、「集英社文庫」の文字、「100 A」(著者番号・著作数)、「¥220」と表記されています。背表紙の色は濃い黄緑。

 「集英社文庫のマーク」は、アルファベットの「S」をモチーフに、上下の部分を太い線で、真ん中の部分を3本の細い線で表したデザインです。


 このスタイルが、消費税か「書籍JANコード」(2本のバーコード)かが導入された時期に変更されたと見られます。
 ②『どうして一週間は七日なのか』は1991年の発行で、書籍JANコードも裏表紙にあります。コード導入直後の出版です(カバーの付け替えがなければ)。
 背表紙は上から「フ 11 1」、書名、著者名(いずれも明朝体)、「集英社文庫」、「★ ¥550」の順に表記されています。色は灰色。
 著者番号・著作数の表記は他社の文庫本と同じ形式になりましたね。
 「フ 11 1」のそれぞれの文字間及び書名との間に、合計3本の罫線が引かれています。
 「フ」は丸く囲まれています。これが集英社文庫の背表紙の特徴といえば特徴か(笑)。

 「S」のマークは背表紙からなくなりましたが、本体の扉や奥付に残っています。
 裏表紙の折り込み部分の切り取り線の中にもマークがあります。キャンペーンなどの際切り取って応募する部分でしょうか。詳しくは知りません。
 マークを存続させていることじたいには好感が持てますね(笑)。


 ②ですでに現行の背表紙のスタイルになっています。
 以後は定価表示の部分がマイナーチェンジを繰り返します。
 ②の「★」は「税込の定価」を意味しているようですが、消費税5%時代になると「★」が「◆」になります。「◆」は「税抜きの本体価格」の意でしょう。また、「¥」もなくなりました。
 やがて「◆」もなくなり、数字だけになります。

 そして僕の手元にある最新の集英社文庫である③『愛人』では、背表紙から定価表示がなくなりました(笑)。
 なので、定価表示部分だけ見ると、「★¥」→「◆(¥なし)」→「数字のみ」→「なし」の4種類存在します。
 定価表示がなくなったのは最近らしく、今でも一般の書店で「数字のみ」と「なし」とが混在しています。

 どんどんシンプルになっていってすてきです。
 そのうち書名も著者名もなくなるのでは…。
 (それはありえない。)(笑)


 こうなると、最上段の、藤沢さんの「ふ」を丸で囲んでいる部分が、背表紙の色と違って白地なので、そこだけ目立ちます(笑)。



<裏表紙の変遷>
 裏表紙もマイナーチェンジを除くと2種類だけ。
 ①は上段中央に作品紹介があります。横書きで、18字×10行。
 同時期のほかの集英社文庫を見ると、8行の場合もありました。行数は固定されていないようです。

 ここでは直接関係ありませんが、①は【読書備忘録】2005/07/14を書きました。
 そこでも触れたのですが、この本の裏表紙の作品紹介は、実際の作品内容からかなり逸脱しており(笑)、お読みになる方はその文章を参照しないほうがよいでしょう。
 (中身をお勧めしないものではありません。)


 裏表紙中ほどより下に「S」のマークがあり、その両側に罫線が引かれています。
 最下段に「¥220」と「0193-750275-3041」(書籍コード)の表記があります。
 シンプルである上、「S」のマークがあるので集英社文庫だとすぐわかります。

 そのあとの版で定価表示が「定価XXX円」とマイナーチェンジが施されます。


 ②ではすでに「書籍JANコード」が登場していますので、「消費税導入後&書籍JANコード導入前」の集英社文庫の裏表紙がどういう装丁だったのか(①と違っているのかいないのか)、手元にある文庫本ではわかりませんでした。
 上段左に書籍JANコードと定価表示(定価と本体価格と両方書いている)、上段右にISBN・分類コード・定価コードを3つセットにした「日本図書コード」と作品紹介、という配置になっており、以後現在に至るまでこの形式に変更がありません。

 作品紹介はすべて横書きで、②の場合ゴシック体、15~16字×12行です。
 ゴシック体で書かれているのは、僕の持っている集英社文庫ではこの1冊のみでした。この文庫本がノンフィクション作品だからほかと違う装丁になっているのかもしれません。


 ③は定価表示が「定価 本体476円+税」という形式に変わった以外、変更点がありません。「本体476円+税」の部分は正確には四角く囲まれています。
 作品紹介は横書きで、13字×14行。行数には本によって多いものや短いものなど多種あります。
 個人的にはこのくらいの長さがちょうどいいですね(笑)。
 ただ、①の例もありますから、中身の紹介文として適当かどうか、気にならないでもない…(笑)。


 手持ちの集英社文庫の特殊なケースとして④『夷狄を待ちながら』を挙げておきましょう。
 この文庫本のみ、作品紹介が15字×14行でした。
 本体においても特殊な面があります。次回触れましょう。



<そのほか、カバーについて>
 まず、カバーはすべてツルッとしたコーティングが施されています。創刊期から現在に至るまで変更はないと見られます。


 表紙の折り込み部分には、①・③では著者の顔写真と略歴があります。ほか、手持ちの日本人著者の文庫本はすべてそうなっていました(顔写真はない場合もあります)。
 これに対し、外国人著者の文庫本では、この部分に「登場人物紹介」があるものがほとんどです。
 例えばE・アニー・プルー『シッピング・ニュース』の表紙折り込み部分には19人もの登場人物の名が挙げられています。助かりますね(笑)。

 ②はノンフィクションだからか、本の内容が箇条書きでまとめられています。ただ、こういうのって裏表紙の作品紹介と目次を読めば見当がつきますね(笑)。

 この部分もやはり④は特殊で、外国人著者作品なのに著者紹介があります。


 一方、裏表紙の折り込み部分には、日本人著者の場合ほかの作品のラインナップが書かれているのが一般的のようです(③)。
 ①の場合、この本が眉村さんの集英社文庫での1冊目で、ほかのラインナップが存在しないため、「世界文学全集 集英社版 全88巻」の広告があります。
 (ちなみに我が家にあった世界文学全集は河出書房新社版です。地下(組織)に眠っています。)(笑)

 外国人著者の場合、こちらに著者紹介があるケースが多いですね。
 ただし、『呪われた町』の裏表紙折り込み部分には「―クライヴ・バーカー 血の本シリーズ― 死者の通る街道がある」のラインナップが紹介されています(笑)。

 これも④は変則的といっていいでしょう。
 なぜか、ミラン・クンデラ作品のラインナップが紹介されています(笑)。


 余談ですが、④の表紙は不思議な味わいのする絵です。
 クレジット表記を見ると、マックス・エルンストの「荒野のナポレオン」という絵だそうです。
 (1941年作、ニューヨーク近代美術館蔵)
 クッツェーさんがノーベル賞作家だからなのか、④はほかの集英社文庫とは違う、別格の扱いのようです。




※今回参照した集英社文庫

①昭和54(1979)年10月25日 第1刷
 眉村卓
 『かなたへの旅』
 集英社文庫[100A]  ¥220
 (43字×17行)

②1991年7月25日 第1刷
 ダニエル・ブアスティン著/鈴木主税、野中邦子訳
 『どうして一週間は七日なのか 大発見①』
 集英社文庫[ブ 11 1]  定価550円(本体534円)
 (41字×18行)

③2004年1月25日 第1刷
 藤沢周
 『愛人』
 集英社文庫[ふ 18 2]  定価:本体476円+税
 (37字×15行)

④2003年12月22日 第1刷
 J・M・クッツェー/土岐恒二訳
 『夷狄を待ちながら』
 集英社文庫[ク 13 1]  定価:本体838円+税
 (37字×16行)


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/173-6e56b79e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。