今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「BLOOD+」第20話その2
 この文章は「BLOOD+」第20話その1のつづきです。
 よそ様のブログへのトラック野郎は、前の記事だけ送りました。

 こちらでは、本編鑑賞後に僕が感じたり考えたりしたことを書いておきます。
 本編についてネタバレしておりますのでご注意ください。
 また、あくまで自分への備忘録であり、本編以外のメディア(雑誌など)からの情報をシャットアウトして、自分だけで考えているものなので、実際のストーリーや設定と違っているかもしれません。ご了承ください。


 前回、アンシェルは小夜の「ファイナル・アンサー」(笑)を聞いて、小夜が翼手を敵視し滅ぼそうとしている「赤い盾」の側についていて、その攻撃の最終目標がアンシェルたちのディーヴァの殲滅にある、とみなしました。だから、自分たちのディーヴァを守るために小夜を殺そうと決意したのではないでしょうか。
 しかし、小夜が「赤い盾」のために働かないとなれば、話は別(のはず)。
 じっさい、現在小夜は「赤い盾」へ疑念を抱き、彼らと別行動を取っています。
 小夜がディーヴァを殺す意志を持たなければ、シュヴァリエが小夜を殺す理由もなくなる(はず)。
 そこでソロモンは、記憶を失っている小夜を「説得」して、事情をわからせようというつもりなのでしょう。


 ハジはシュヴァリエたちが小夜を狙う理由を知っているでしょうが、それを話さないのは、話せば自分がディーヴァと結ばれる宿命にあり、それでいながら小夜を選んだ事情まで話さなければならなくなるから、なのかな?
 ハジにとって、小夜がシュヴァリエの手に渡ることは、過去に自分がディーヴァと結ばれる宿命を捨てた「裏切り行為」で自分が粛清されるのと同じ意味を持つ、のかもしれない。

 しかし、そう考えると、小夜とハジ側、ディーヴァとシュヴァリエ側、の問題をややこしくしているのは、じつはハジだ、といえないだろうか。
 ハジが、自分がつがう相手であるはずのディーヴァに反旗を翻し、小夜を選んだからこそ、シュヴァリエたちは、目覚めたディーヴァにハジをつがわせて子孫を作らせるため、その障害となる小夜を殺そうと企図せざるを得なくなった。
 もしこの見方が正しいなら、ハジはなおさら、小夜に真実を話しづらいだろうね。自分の裏切りが小夜を窮地に追い込んでいるのだから。

 ハジがディーヴァとつがう定めを捨て、小夜の側についたとすると、ディーヴァは小夜にとってではなくハジにとって障害となる、と見ることもできる。
 小夜の血でシュヴァリエが死ぬなら、同じことがハジにも言えるのではないか。つまり、ディーヴァの血でハジが死ぬのではないか。
 ハジが小夜と仲睦まじくやっていくためには、明らかにディーヴァが邪魔でしょう。


 これらを総合し、もしこの見方が正しいとすると、ハジが小夜に過去を語らず、彼女が記憶をよみがえらせようとするのを、「それはあなた自身が決めることです」と言って助けようとしないのは、小夜がこれらの事情をすべて知ってしまうと、彼女が自分ではなくソロモンたちと結ばれる定めだと気づかれるからではないか、それがハジは怖いのではないか――と考えられます。



 ハジとディーヴァから生まれたのがアンシェルやソロモンたち、なのでしょうか。
 とすると、同様に、小夜とソロモンたちシュヴァリエから生まれたのが、ハジ。
 もしそうだとすると、アンシェルたちは、自分たちの側のシュヴァリエを増やし、人間支配を強固にするために、ディーヴァが目覚めているうちにハジとつがわせて、子どもを生ませたいでしょう。

 こう考えるとまた一つ疑問が。
 ハジは小夜とつがって、子どもを作ることができないのか?
 同じことがディーヴァとアンシェルたちにも言えるのですが、彼らシュヴァリエのディーヴァに対する接し方を見ていると、「シュヴァリエは自分が仕えているディーヴァと交合して子を作ることはできない」と考えられます。あるいは「現状では不可能」と見て取れます。

 アンシェルたち兄弟の多さに比べ、小夜を守るシュヴァリエはハジ一人だけです。
 ここに、カイとリク兄弟の出生の秘密が絡んでくるのでは――と勝手に思っています。
 つまり、カイとリクはディーヴァか、それに類するもの(それが何かはわかりませんが)から生まれた、正真正銘の「小夜のシュヴァリエ」ではないのか。



 新たに現われた謎の存在「シフ」

 次回予告は、シフの一人が話していました。
 (誰役の声の方かわかりませんでした。あとでほかの方のブログを読ませてもらおう。)(笑)

 「月を見るたび思い出す。僕たちの命に限りがあるということに。
  朝の光を恐れ、体に刻まれる死の徴に怯え、冷たい宵の闇に震える。
  その呪縛を断ち切るために、僕たちは火と氷の国から抜け出したんだ。
  生きること――それを得るために…。
  次回、「BLOOD+」――「すっぱいブドウ」。
  小夜、お前は僕たちが殺す。」



 シフはまず、「翼手」ではないようですね。翼手は小夜の血を浴びない限り死にませんが、彼らは死ぬと言っています。
 また、「朝の光を恐れ」るので、夜行性です。
 これはまさに吸血鬼、でしょうか。

 ただ、シフの言う「火と氷の国」とは、ネットで調べたところ、「アイスランド」を指す言葉のようです。
 ドラキュラの、いわゆる「吸血鬼伝説」はルーマニアの民間伝承でしたから、それとは系統が違うのでしょうか。

 前々回、冒頭でテッド・A・アダムズが「ボリスのやつは今でも“火と氷の国”で研究をつづけているそうだ」と言っています。
 「ボリス」という人物が、テッドが研究で「翼手」を作り出したように、ディーヴァの血の研究で作り出したのが「シフ」、ということなのでしょうか。
 死ぬというのは「翼手」ならば不完全。ならば、シフは「翼手」研究の副産物である不良品のようなものか?

 そういや、今回の冒頭でヴァンが「アイスランド行きが決まった」と言ってました。
 ヴァンたちはテッドや米軍の側の人間ですから、テッドが話した「ボリス」と接触し、研究の成果について交流を図るかもしれません。
 より強力でより完全な「翼手」の完成を目指して…。

 シフは収容所で翼手の血をなめ、「変化はない」と言ってました。
 ラストシーンではソロモンを襲いましたが、彼の血をなめるには至らなかった。
 小夜かシュヴァリエか、いずれかの血を飲めば、シフたちは生き延びられる。あるいはそう信じている。
 こうなってくると、小夜がアンシェルたちの手を逃れたとしても、シフたちからも追われるわけですね。
 シフの存在を、アンシェルは知っていました。ハジは知っているのかな…?


 「シフ」が何者か、まだまだ謎が多いですが、Wikipediaのロスチャイルド家の項目に、ネイサン、ジェイムズらの名前とともに「ジェイコブ・シフ」の名が出ていました。シフという名前はこの人物から取ったのでしょうか。

 う~ん、やっぱり、広瀬隆さんの『赤い楯』を読みましょうかね…。
 (本の厚さに腰が引けてしまって…。)(笑)



 大変長くなってしまった(笑)。
 そのために、更新がこんな時間に…(笑)。
 オリンピック中継ももう終わってしまいます…(笑)。


スポンサーサイト

テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント
こんばんは!
>「火と氷の国」とは、ネットで調べたところ、「アイスランド」を指す言葉のようです。

おお!そうだったのですか!!
さすがきゅれんさん。

ハジや、ディーバのカップリングの謎、は遺伝子的なものなんでしょうね、やっぱり。

まだまだ謎はいっぱいですね。
【2006/02/26 21:19】 URL | しのぶん #VWFaYlLU [ 編集]

ネット様様(笑)
しのぶんさん、こんばんは。

「火と氷の国」は、わからないのですぐネットで調べました。最近は調べものはネットに頼りきりです(笑)。
じつは、テッド・A・アダムズのセリフも、「火と氷の国」を検索した際に見たサイトに書いてあって、慌ててヴィデオを見直した次第です(笑)。

ハジが小夜とつがえないのは、同族結婚になるからかな、と思います。遺伝子的なものでしょうね。
とすると、やっぱり、ハジは小夜から生まれた、という可能性が強い…?

もうひとつ、コメントをいただいてますね。ありがとうございます。
では前の記事へつづきます(笑)。
【2006/02/26 22:21】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。