今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見つけちゃった、ツル・コミック版スヌーピー
SNOOPY3「グーグーグー スヌーピー」
 リサガスさん、こんばんは。

 リサガスさん以外の皆さん、こんばんは(笑)。

 リサガスさんの第5巻「ゴッツン!! ライナス」の写真を見て懐かしくなり、我が家の地下(組織)を徘徊してきました。

 すると、探すまでもなく、マンガを収蔵している書棚のいちばん目立つところに並んでいました(笑)。
 う~ん、やっぱり捨てないで置いてあった(笑)。ウチは建て替えてずいぶん経ちますし、兄も僕も不在の時期が長かったのですが、ウチの親も捨てなかったのです。


 で、こちらは第3巻「グーグーグー スヌーピー」です。
 ツル・コミック社版です。290円。

 これが、僕が最初に買ったスヌーピーのコミックスなのか、よく覚えていないんですよね。
 ただ、この本は、裏表紙のところに僕の署名が入っています(笑)。なので、始めのほうに買った本であることは間違いなさそうです。

 初めて買ったのがどれだったかは覚えていないのですが、買ったときの状況は覚えています。
 確か、小学1年生か2年生のとき。
 母親に連れられて、初めて歯医者に行きました。
 帰りに、バスターミナルビルにある本屋でスヌーピーのコミックスを初めて発見!
 チラッと読んだだけで、ほしくてたまらなくなったのですが、こづかいの持ち合わせが足りない。
 結局、母親に泣いてせびって買ってもらいました。
 心のどこかで、この機会を逃すと次がないと思っていたのかもしれません(笑)。

 僕が知るようになったころには、すでに数十巻、出版されていました。
 なので、新しいのが出ると買ったばかりでなく、懐具合を見て、古いのを買ったりしてました。

 「スヌーピー」シリーズは、ツル・コミック社が倒産し、版権が角川書店に移ってからもほぼ同じスタイルで継続されましたが、そのころには読まなくなっていた記憶があります。じっさい、角川書店版は持っていないのです。


 さて、この第3巻で僕が、読まなくても覚えていたエピソードが、「スヌーピーは“ホリホリ”かいてもらうのが好き」というものでした(笑)。
 チャーリー・ブラウンがスヌーピーを“ポリポリ”かいてやると、スヌーピーはいやそうな顔をします。
 チャーリー・ブラウンが「犬は“ポリポリ”かいてもらうのが好きなはずなのに」と言うと、シュレーダーが「スヌーピーは“ホリホリ”かいてもらいたいんだよ」と言います。
 チャーリー・ブラウンは「“ホリホリ”かくって?」と驚きます。
 シュレーダーが“ホリホリ”かいてやると、スヌーピーはうれしそうな顔をします。

 この、“ポリポリ”と“ホリホリ”との違いが、まったくわからない(笑)。
 チャーリー・ブラウンが納得行かないのもそこです。どう見ても同じかき方なのに…(笑)。
 そのへんがとてもおもしろくて、犬の頭をかいてやるときはいつも思い出したものです。

 このマンガを読んでいたころは、英文など当然読めないし、はなから読もうとしていなかったのですが、今見てみると、
 “ポリポリ”=scratch、
 “ホリホリ”=skritch、
 と書かれています。
 後者は辞典に出ていないので造語でしょう。
 両者は発音もほぼ同じ。
 チャーリー・ブラウンには、こういう、感覚的で微妙な違いを区別するのが難しかったようです(笑)。僕もいまだにわからない(ぼば~ん)。


 今回は第3巻の表紙を貼り付けましたが、またそのうち、別の巻の表紙写真を貼り付けたいと思います。
 不定期&順不同でお送りしますのでご了承ください。
 カテゴリーも作っちゃいました(笑)。


 ちなみに、リサガスさんが見せてくれた第5巻は、僕は持っていませんでした。
 ダブらなくてよかったです(笑)。


 ありがとうございました。
 次もお楽しみに。



 追記。
 リサガスさんの上の文章に、トラック野郎が走りません…(笑)。
 何度か試したのですが…。
 最近、トラック野郎がうまくいかないことが多いです。
 リサガスさん、気づいてくださいね…(笑)。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

きゅれんさん、こんばんは。

やっぱりきゅれんさんと俺はほぼ同じ歳wのようです。

「ホリホリ」とかくのはかなり難しいことのような気がします。
一方的な愛をスヌーピーに注いでいるチャーリー・ブラウンには無理かもしれませんね。
あるいはピアニストの器用な指先だからこそ出来る犬用かきかたなのかも?。
だったら不器用で芸術的なセンスのないチャーリー・ブラウンにはなお無理というものでw。
この話は俺は読んだことがなかったので、おもしろかったです。

次回も楽しみにしています。
俺もまだないか探してみます。




【2006/03/01 23:01】 URL | リサガス #- [ 編集]


リサガスさん、こんばんは。

あはは、やっぱりそのようですね。

たしかに、シュレーダーだからこそ気づくことのできる、シュレーダーだからこそかくことのできる、そんな「ホリホリ」なのかも。芸術的センスが必要なのかもしれません。
僕も、犬に対しては、「これがホリホリかな…」と思うかき方を心がけていますが(笑)、答えは謎のままです…(笑)。

ありがとうございました。
このシリーズはそれなりに長くつづく予定です(笑)。
【2006/03/01 23:30】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/160-44d9beb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。