今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闘牌伝説アカギ」第18話「呪縛の牌姿」
 北海道地区で2月17日深夜、「闘牌伝説アカギ」の第18話が放送されました。

 ネタバレしておりますのでご注意ください。



 1回目の半荘戦、南2局、親は鷲巣。鷲巣がアカギに8800点差で勝っています。
 アカギは西を啼き、中を暗刻、ドラの二筒を頭にして、五・八筒のリャンメン待ちで聴牌しますが、鷲巣の部下の鈴木が八筒を切っても上がりません。狙いはあくまで鷲巣からの直撃か自模上がりで、鷲巣の持ち点を減らすことにあります。
 アカギが八筒で上がらなかったので、鷲巣にはアカギの待ちが二・五索に見えてしまいます。鷲巣はちょうど二・五索を切れば聴牌なのですが、自分の聴牌チャンスを崩して回さざるを得なくなります。
 そのかんにアカギが八筒を自模って鷲巣を逆転!
 この打ち回しに、怒りとともにアカギの空恐ろしさを感じる鷲巣。これまでのチンピラの無頼者とは違う、アカギの「本物の刺客」ぶりに、多少なりとも恐れを抱いた様子。

 しかし、つづく南3局で満貫を自模上がった鷲巣は再度逆転、アカギは200ccの血を抜かれます。
 どうするアカギ! もうフラフラじゃないのか?
 持ってきた栄養ドリンクは飲まないのか?(笑)


 南4局オーラス、親はアカギ。
 東、中、一万、六万を対子で抱え、傍目には七対子に見えるアカギの手牌。
 一方、鷲巣は發を暗刻にし、順子中心の軽やかな手牌が自然とできてくる流れの良さです。
 そこで一瞬緩んでしまった鷲巣の心。
 四万・六万・七万・七万と抱えているところで四万を切ったタイミングで、アカギが安岡に東、中、一万と切らせて啼きました。
 鷲巣から見れば、アカギの手牌は六万・六万・七万と透けない牌。
 透けない牌が五万なら六万のタンキないしカンチャン待ち、
 六万なら五万・七万・八万の三面待ち、
 七万なら六万と七万のシャンポン待ち、
 八万なら六万・九万のリャンメン待ち、
 九万なら八万のカンチャン待ち、
となります。いずれにせよ、聴牌しているのはほぼ確実です。しかも、ダブ東中ホンイツで親満確定ですから、上がれば逆転トップです。鷲巣には何よりの屈辱。
 鷲巣はさっき四万を切ったために、このまま聴牌するためには六万か七万を切らなければならないのですが、アカギの手を見てどちらも切ることができなくなりました。
 手元の六万と七万を切らずに聴牌するためには、もう一度四万なり、あるいは五万なりを自模り直し、アカギに通るほかの牌を落とさなければなりませんが、相当遠回りしなければならない上に、自模番も決して多くない。

 じっさいのところは、鷲巣から見えないアカギの牌は西。つまりアカギは聴牌していないのですが、鷲巣にはアカギのふてぶてしい態度からノー聴を見抜くことができません。

 さあ、どうする鷲巣!?
 どうなるアカギ!?

 ってなところでこの回はおしまい。


 できすぎな話だが(マンガだから当たり前)、それでも見てしまいますね、このアニメ。マンガなら、たぶん読まないと思うけど(ぼば~ん)。
 それというのも、津嘉山正種さんの声の力が大きい…(笑)。


 鷲巣麻雀のルールでちょっと不確かな部分があるのですが、このままアカギがノー聴で流局となった場合、対局は続行される、と見ていいんですよね…?
 (まあ、そうならないんだろうけど…。)(笑)


スポンサーサイト

テーマ:闘牌伝説アカギ - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/156-3fb18433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。