今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲・今日の一番(平成十七年十一月場所・三日目)
●高見盛 内掛け 時天空○


 立ち合い右差しを狙った高見盛ですが、時天空が左からおっつけ、高見盛が肩すかしから引っ張り込もうとしたところ、時天空を呼び込んでしまいました。
 時天空が右を差し勝ち、腰を振って高見盛に下手を与えません。
 高見盛が引きつけて左上手を引き、下手を探ろうとしたはなを、時天空が左前回しを引きつけ、右足を高見盛の左足にかけて体を預け、内掛けで時天空が勝ちました。

  足技の巧い時天空が得意の形でロボコップを圧倒したというところ。待ってました、という感じでしたね。それに、時天空という人はあまり攻めが早くないのですが、今日は攻めが早かった。一呼吸置くと、高見盛にいい形になられかねませんからね。
 寄りや投げもある上、足技もできる幅の広さの点で、時天空のほうが実力がやや上ですね。まだ上位には通用しないけど。
 右を差せば力を発揮する高見盛ですが、上位では差させてもらえず、今回のように、差せそうになっても別の手でやられてしまう。今のレベルでは幕内中位止まりのまま、って感じだな。

 高見盛と時天空が仕切っているとき、大笑いの声が聞こえてきたが、何だったんだろうな。ま、普通に見ても笑い声が出ちゃうけど(笑)。


 この日は紀宮様御結婚の放送があり、相撲中継は前半の一部が中断。


 駿傑隆乃若の引きに乗じて前に出て、改名後初白星。やっぱり、名前を変えると最初はぎこちないよな(笑)。

 垣添白鵬の取組は、垣添が二度突っかけて待った、三度目は白鵬が早く立って待った。
 藤島親方がおっしゃっていたが、立ち合いは「蹲踞から合わせていかないと」いけないものでしょう。白鵬も自分の立ち合いをするために、ゆっくり仕切っているのはたしかだが、この場合は垣添が早すぎだった。
 相撲は、勢いよく突っ込む立ち合いがしにくかった分、白鵬のペースになりました。

 琴光喜安馬を豪快なすくい投げで下す。右でぐっと揺さぶってから投げると呼び戻しになるのかな。

 琴欧州は前に出なかったが、出島が掛けてきた右足を逆に取って寄り切る。花道の奥で笑顔が出たそうだから、だいぶホッとしたでしょうね。

 上位陣、栃東雅山を押し込もうとするところを巧くいなされ土。雅山はここ数場所、目立たないものの「負けない」相撲を取っている。

 魁皇旭天鵬を、左を差しておっつけて右上手を引く万全の相撲で寄り切る。旭天鵬に攻めの姿勢が見られなかった。よほど苦手にしてるんだろうな。

 横綱初挑戦の稀勢の里だが、朝青龍はまったく相手にしませんでしたね。



 正面解説は元大関武双山の藤島親方。部屋では回しをつけて胸を出しているとのこと。若い親方だから土俵で弟子を鍛えないとね。
 名古屋場所で、弟子に胸を出していた貴乃花親方の痩せた姿を思い出しました。あばら骨が浮いて、「マシニスト」みたいでしたね。
 痩せてあばら骨が浮いてるといっても、貴乃花親方の体重は僕よりずっとずっと多いけど(ぼばーん)。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/15-273d6548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。