今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「BLOOD+」MAIL-MAGAZINE VOL.22+「BLOOD+」第16話
 「BLOOD+」について独立した文章を書くのは、大変久しぶりです(笑)。

 まずは1月28日に届いたメルマガ第22号について。

①第16話のイントロダクション。とくに気になる話はなし(笑)。

②特番「よゐこのBLOOD+」がMXTV(東京メトロポリタンテレビジョン)で2月2日19:30~20:00に放送されるそうです。
 MXTVって何?(笑)

 いずれにしても、札幌では観れません…。
 「見逃したアナタに朗報!」と言われましても、正規放送時にだって、こちらでは放送されていませんし…(笑)。

 それと、新規のファン開拓のためにお笑いタレントをナビゲーターに起用しているのかもしれませんが、僕としては声優さんにMCをやってもらったほうが、観たい番組になります(笑)。

③「なんとハジのCDが発売決定!!」だそうです。
 (↑「なんと」は僕が書いたんじゃありません。)(笑)
 ハジが弾いてる(ことになっている)チェロの演奏を収めたCDと、「ハジのスペシャル映像」を収録したDVDのセットらしい。
 小西克幸さんが歌っているのではないんですね…(笑)。

 発売は2月15日、価格は3150円、とのこと。

④2月22日発売のDVD第3巻の初回特典は、88ページにわたる「特製解説集」ですって(笑)。
 僕は本編の事前に作品の情報を入手するのは嫌いですが、本編放送後に「あそこはああいうつもりで描いた」とか「ここの部分にはこんなこだわりがあった」とかいう話を聞くのは好きです(笑)。
 なので、この解説集は読んでみたいですね…。

⑤最後はCMも流れている、本編のインターネット配信の話題でした。


 さて、28日夕方6時、第16話が放送されました。


 「BLOOD+」第16話「シベリアン・エクスプレス」
 (2006/01/28放送)

 ほっぺたに軽くキスする欧米風の挨拶には驚いても、エリザベータと普通に会話できることに驚かないんですね、カイ(笑)。

 今回彼らはいったい何語で会話しているんだろう…?(笑)
 エリザベータは日本語で話しかけた可能性もありますが、シベリア鉄道に一緒に乗り込んだおばあちゃん…
 もとい、御婦人は、
 (関係ないのですが、大相撲中継のデーモン閣下の言葉を思い出したもので。)(笑)
 ロシア語を話しているに違いないですから、やっぱり、みんなロシア語を話しているんでしょうね(笑)。

 もちろん、ハジも…(笑)。

 船の中で、みんながウォークマンを持ち、ヘッドホンをつけてロシア語のテープを一心に聴いて勉強している姿を思い浮かべました(笑)。


 とはいえ、不自然な印象はぬぐえないので、この際僕は、このアニメを「地球とよく似た星の話」と思うことにしました(笑)。
 その星では世界中の人間が日本語を話しています(大笑)。



 あの老婦人、いかにも怪しい雰囲気でした。バッグは長旅には不似合いな小ささでしたし、ぱっと見、あの婦人には不似合いな型です。
 あとから食堂車に来たときも、わざわざリクたちに近づいてきたようにも受け取れます。
 うがって見すぎですかね?(笑)


 チョコバー1ダースと、女性二人との会食権とを交換するルイスの手口に驚きです(笑)。ルイスはどの時代でもどの国に行っても、たくましく生き延びるタイプですね(笑)。
 ただ、二人の了解を得ていない詰めの甘さがありました(笑)。彼女たちに断られた若者たち、あとからルイスに「チョコバー返せ」と詰め寄らなかったのでしょうか?(笑)
 (詰め寄る間もなく、翼手に血を吸われてしまいましたが。)(笑)
 それと、彼女たちはルイスからチョコバーを巻き上げたかな…?(笑)


 エリザベータは、小夜の能力を見る間もなく、翼手らしき何者かに襲われたようです。
 本物のエリザベータは車外に放り捨てられ、別のものが彼女に成りすましたと見られます。

 う~ん、別の人間に成りすますって、これまでの「翼手」にはない能力ですよね。
 もしエリザベータに成りすましたのが「翼手」だとしたら、またも新たなタイプが登場したのかもしれません。
 世界にはいろんなタイプの翼手がいるんですね…(笑)。


 今回の小夜はすぐに戦い始めましたね。吹っ切れたのでしょうか。

 カイは、手近にあったからとはいえ、あのポットをつかんでしまってカッコ悪かった(笑)。



 ハジの演奏は大変すてきでしたね。
 惜しむらくは、夜中に演奏しないだけのエチケットがほしいですね(笑)。
 ま、ハジも人間界の生活にかなりブランクがあるようだから…(笑)。
 (ところでハジは小夜が繭の中で寝ていた30年あまりの間、何をしていたんだろう…。)(笑)


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/135-f0ca647a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BLOOD+ Episode-16「シベリアン・エクスプレス」

アルジャーノー!!!!。・゜゜・(≧□≦)・゜゜・。…すいません、ちょっと寂しくなったので叫んじゃった。最近マジで出てこなさすぎですよ!!うあーん、アルジャーノ氏出てきてよー… GATES OF HEAVEN【2006/02/02 21:20】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。