今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんなアニメのここまでのところ(2005/12/24~2006/01/24)その2
 休んでいる間にたくさんのアニメが放送されました。
 ここで簡単におさらいしておこうと思います(笑)。


<ラインナップ>
・「アカギ」第12・13・14話
・「よみがえる空―RESCUE WINGS」第1・2話
・「かしまし~ガール・ミーツ・ガール」第1・2話


「闘牌伝説アカギ」

第12話「偶機の魔法」(2006/01/06深夜放送)

 四暗刻単騎オープンリーチをしたアカギ。待ちは二・三・四・五・六万で、四万だと役満、そのほかだと満貫です。
 前回、浦部は二万を切って上がらせようとしますが、アカギはスルーします。
 それどころか、六万を自模ってもスルー。あくまで四万を自模る気なのです。
 しかし自模れず、浦部に振り込んでしまいました。

 その、一見馬鹿げた打ち回しこそ、アカギの狙い。浦部を翻弄し、ヤツの頭の中にアカギへの恐怖を十分植えつけました。

 そしてオーラス、アカギは槓して啼いてと、およそまともとは呼べない打ち回し。
 最終的に、アカギの待ちは裸単騎、そして河底は浦部。
 アカギは立ち上がり、「あとは任せたよ」と石川に言います。
 アカギの自信満々の態度。
 浦部は手持ち14枚の牌の中から、必ずアカギの待ち牌に振り込むというのです。



第13話「風雷の軌道」(2006/01/13深夜放送)

 浦部は迷いに迷った挙げ句、二筒を切ります。
 石川がアカギの牌をひっくり返し、腰を抜かします。
 アカギの待ち牌は二筒!

 勝負がついたあと、アカギは川田組長と石川に乞われ、この勝負のからくり、「あや」を説明します。
 その説明がこの回の主だった部分でしたが、よくできているとはいえ、やや興ざめでもありましたので、ここでは割愛します(笑)。

 3200万、現在の価値に換算して3億2000万の負債を負った浦部。
 彼の負けは、あの歯並びのせいだったのでは…(笑)。



第14話「羅刹の新章」(2006/01/20深夜放送)

 前回から(たぶん)1年後の昭和40年。
 はぐれ者の若い男がたてつづけに殺される事件が起こります。
 死体からは血が抜かれ、体には注射針の痕があるだけで外傷が見当たらない。
 新聞では「吸血鬼現る」と騒ぎ立てられます。

 殺された男の中に、あの「偽アカギ」がいました。
 かつて、彼の後ろ盾をしていたヤクザ刑事、安岡も気が気でありません。
 殺された男たちに共通しているのは、ヤクザの賭場に一人で出入りしているらしいこと。

 安岡は、同じように賭場で連戦連勝の若い男がいると聞きつけ、知り合いのヤクザと賭場に駆けつけます。
 そこにいたのは、ヤクザに切りつけられ、肩から血を流しながらも一歩も引かないアカギでした。

 安岡に助けられたアカギ。
 「吸血鬼」との勝負を頼まれます。


 だんだん、ハードすぎる話に傾いてきましたね(笑)。



 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「よみがえる空―RESCUE WINGS」

 この1月から始まった新番組です。アニメオリジナルの作品です。
 航空自衛隊・航空救難団を舞台に、一人の青年の成長を描くアニメ、のようです。
 地味だが手堅いキャラクターデザインが光ります。マンガっぽいキャラクターのアニメが苦手な僕としては大変好感が持てます(笑)。
 脚本・シリーズ構成は「パトレイバーⅢ」「ガンダム0080」などの高山文彦氏です。製作・著作はバンダイビジュアル。
 航空自衛隊が全面協力して、細部もしっかり作りこんでいます。


第1話「初めての仕事」(2006/01/13深夜放送)

 新人の三等空尉・内田一宏が配属されたのは、航空自衛隊小松基地のレスキュー部隊、小松救難団。彼は救難ヘリのパイロットです。
 彼がほんとはなりたかったのが、ジェット戦闘機のパイロット。
 基地では、ジェット機のパイロットとして採用された、訓練生時代の同輩と再会し、ますますへこむ内田。
 おまけに、そんな彼の心を見透かすように、「レスキューをなめるな」と鬼上司に怒られる始末。
 遠距離恋愛になってしまった恋人とも、電話ですれ違ってばかりで会話もできない。
 かててくわえて、配送の手違いで、新居に布団が届いていない…(笑)。



第2話「困難な仕事」(2006/01/20深夜放送)

 能登半島沖に大地震が発生、非番の内田も「見学」に誘われます。ガッツのあるところを見せ、鬼上司を見返してやろうと、救難活動に参加します。

 被災地の島で精力的に働く内田。
 余震と雨で地盤が緩む集落に、老人の薬を取りに行き、一緒にその家の猫を避難所に連れ帰ります。

 それを見ていた避難民の少女。彼女も家に飼い犬を置いてきたのです。
 避難所から少女の姿が見えなくなりました。飼い犬を連れに家に戻ったのではないか…?

 内田が猫を連れ帰るという親切をしたばかりに、少女に帰宅を決意させる結果となりました。
 少女にもし何かあったら――内田は責任を感じ、雨の中を飛び出します。


 じっさいのレスキュー部隊の活動や実情に取材しているだけあり、なかなか考えさせられ、勉強になります。
 放送地域の方はできるだけ観ましょう。観て損はない。



 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」

 これもこの1月に始まったアニメ。北海道では「ARIA」の後番組です。
 「月刊コミック電撃大王」という、聞き慣れない(大笑)雑誌に連載中のマンガをアニメ化したらしい。

 東京、鹿縞市での話(笑)。
 女の子みたいな男の子が女の子にフラれた日、宇宙人の事故で男の子から女の子に変わってしまい、その元男の子の女の子をめぐって、男の子っぽい女の子と、男の子をフッた女の子と、元男の子の友だちだった男の子と、傍観者の女の子(笑)と、男の子を女の子に変えてしまった宇宙人(笑)とがドタバタしたりしっとりしたりするアニメらしいです(笑)。

 彼女たちの担任である「月 並子(つき なみこ)」先生の声は、水谷優子さんです(笑)。


第1話「少年はその日変わった」(2006/01/17深夜放送)

 はずむ少年は、やす菜に告白し、フラれます。前髪が長すぎるせいです(ウソです)(笑)。
 傷心のはずむはやす菜と初めて出会った山の中へ出かけます。前髪を切りに(ウソです)(笑)。
 そこに突如現われる、巨大宇宙船!
 はずむに正面衝突します。
 宇宙人はすぐにはずむの怪我の処置をし、彼は一命を取りとめました。
 しかし、性の選択を間違えてしまい、はずむは女の子になってしまいました…。
 前髪は短くなっていないのに、女の子になった途端に目が現われました…(笑)。



第2話「彼女は彼女である事を自覚した」(2006/01/24深夜放送)

 宇宙人から地球人へ、はずむを女の子にしてしまったことについて謝罪の通信が入ります。

 一躍、「時の人」となったはずむですが、本人は淡々としています。フラれて気落ちしていたのはどこへ行ったのでしょうか(笑)。
 本人が徐々にその事実を受け入れ始めているのに対し、周りの人は途惑います。当たり前ですね(笑)。
 はずむの幼馴染みである女の子、「とまり」は、はずむが女の子になって初めて、自分がこの弱っちい、情けな~い少年のことが好きだったと気づきます。
 はずむをフッたやす菜も、気持ちの変化がある様子。
 ノー天気な友人、明日太は女の子になったはずむに興味津々です。当たり前ですね(笑)。
 変わらないのは、いつもクールな傍観者の女の子、「あゆき」だけ。この子をどう扱っていくかが気になるな…(笑)。



 それにしても、観ていて大変気恥ずかしくなるアニメですね(笑)。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/131-77c99c3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。