今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲・今日の一番(平成十七年十一月場所・二日目)
○栃乃花 寄り切り 春日王●


 復活、栃乃花
 という感じの、巧さと力強さが光る取り口でした。
 春日王が踏み込んで左上手を引きますが、左からおっつけていた栃乃花が、右下手から投げを打つようにして春日王の上手を切り、左を差してもろ差しから一気に寄り立てました。
 う、巧い!
 こういう相撲は小気味良くて大好きですね~。
 豪快な投げや、激しい動きの相撲も観ていて楽しいですが、僕は地味でも渋い寄り身の相撲が好き。
 初日に幕内で久しぶりに勝ったというのに落ち着いていたという栃乃花。幕内復帰ではまだまだ、という思いなのかな。


 十文字、初日・二日目と攻める相撲で白星。幕尻まで下がってようやく攻めの相撲を心がけるようになりましたね。というか、幕尻まで下がらないと、自分の相撲が壁にぶつかっていると感じないのは残念です。

 石出は駿傑としこ名を改めましたが、この二日間は黒星。春日錦の攻めも厳しかったですが、駿傑に立ち合いの攻めがなかったなあ。
 名前を変えると、最初はギクシャクするよな、とわが身を振り返って考える(笑)。

 琴ノ若、左上手がっちりで白露山を寄り切る。まだまだ若いッス。

 水入りの相撲も経験した時天空・安馬戦は、安馬が立ち合いから突っ込んで突いて押し込み、土俵際で弓なりになってこらえた時天空を左差し右上手で寄り切る。
 お、押しもいけるのか、安馬!

 普天王の休場で琴欧州は不戦勝。ちょっとお休みして、気持ちを切り替えてほしいところだ。
 普天王は右足首の怪我? 左足じゃなかったんだ。

 上位陣、栃東出島の当たりを止めて右を浅く差して肩すかし。腹の赤い跡は何なんだ?
 魁皇は右を差したところを雅山に左からすくうようにいなされ、残したところを押し出される。解説の伊勢ノ海親方はずいぶん好意的に話していたが、あっけなかったよね…。
 千代大海はつっぱりをあまり見せず、右を差して肩すかしを見せるも、旭天鵬に浴びせ倒される。
 横綱は立ち合い変なカチ上げを見せ、岩木山とつっぱり合いになるが、左からの張り手から後ろ回しを取って岩木山を送り出す。あのカチ上げというか、腕のぶん回し、妙な感じだったな。



 新十両は井筒部屋の鶴竜(かくりゅう)。
 インタビューを聞いたが…
 す、すごく日本語がうまい!
 初土俵からまだ4年とは思えないですね。
 言葉の最後の部分とかは、外国人の場合モゴモゴとなりやすいのに、すごくしっかりとしゃべっている。ビックリです。井筒親方の話し方がきちんとしてるからでしょうね。
 それと、外国語の習得は「センス」だといいます。センスがあるんでしょうね。
 相撲は、今のところは「何でも屋」のようですが、いずれは「これをとれば鉄壁」という型がほしい。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/11-3002d33c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

九州場所・2日目

カロヤンが昨日負けたこと、フジテレビのワイドショーで取り上げてましたよ。まだ1敗しただけじゃん。騒がない、騒がない。 情の道【2005/11/18 15:55】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。