今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初日の出を拝む山さんと長さんと殿下の願いは、「宇宙刑事のダシが効いていますように」
 今晩は鍋でした。キムチ鍋。魚がなかったのが残念です。母親は鍋のとき、たいていタラか鮭を入れるのですが、高かったのか買い忘れたのか知りませんが今回はなし。
 でも、ダシが効いていておいしかった。キムチの味付けも辛すぎなかったです。

 札幌は、明日は少し雪が降りそうですが、元日は晴れ間がのぞくらしく、初日の出が期待できるとのこと。

 残念なことに、いまだかつて「初日の出」を観たことのない僕ですが、今回も観る予定がありません。まあ、札幌ではあんまりインパクトがないと思うので。
 (ただの「朝日」という感じです。)(笑)

 朝日新聞くらいは読むかもしれません(笑)。



 さくらさん、こんばんは。


 20051229 四百九十八「COWGIRL BLUES」


 大掃除、ご苦労様でした(笑)。

 ドロンの刑事物語は、今夜が3回目(最終回)です。
 僕もまだ観てない…(笑)。
 (録画済。)(笑)


 「宇宙刑事」は、
 ジャン・ギャバン(笑)、
 ギルバート・オサリバン(オ・シャリバン)(笑)、
 ロイ・シャイダー(笑)、

 などがいらっしゃいましたね。



 さくらさんは、ロバート・ロドリゲス作品が気に入ったようですね(笑)。
 僕も「デスペラード」のブシェーミさんが気になります…(笑)。


 さて、例の監督さんが出演していました…(笑)

 というと、やっぱり『ダークマン』を観たほうがいいでしょうか?(笑)



 それでは、去年と同じく、今年1年の、僕の映画・本・CDのベスト3をお届けします。

<映画>
 2回目以上の視聴となるものは除きます。順不同でお送りします。

『トニー滝谷』~封切公開後のDVD発売が早まる昨今、ネット配信など劇場以外での視聴のチャンスが増える昨今、劇場で映画を観るというのはレアなことになりつつあります。
 この映画は、封切公開のチャンスを逃せば、もう映画館で観ることはできなかったでしょうね。「市川準映画祭」でも開かれない限り(笑)。
 改めて、僕は作家性の高い映画や、村上春樹原作の映画が好きだな、と感じた映画でした(笑)。
 (『風の歌を聴け』も好きです。)(笑)
 それと、こう言ってはナンですが、宮沢りえさんは相撲部屋のおかみさんにならなくて本当に良かったな、と…(笑)。

『ファーザーランド』~思い返すたび、「これは非常に良くできた作品じゃないか」と感じられます。
たいへん、たいへん残念なのですが、もしかすると主役がルトガーさんでなければ、もっと注目されたのではないかと思ってしまいます(笑い泣き)。

『バットマン・ビギンズ』~ティム・バートン版が好きだった「バットマン・シリーズ」が、見応えのあるアクションと、シビアなプロットを伴った作品として復活した感があります。
 僕はアクション映画にあまり興味がありませんが、ちゃんと意味があるのなら納得します(笑)。この映画のように。
 次も楽しませてくれると期待します。ルトガーさんが次も出るのならもっと楽しみです(笑)。


<本>
 今年はどうにか、50冊読破が達成できそうです(今読みかけのを含む)。やはり順不同でお送りします。

トマス・H・クック『夜の記憶』~ミステリとしてはもちろん、一種のメタフィクション(小説についての小説)としても楽しめましたし、最後の最後までどんな帰結が待っているか見当がつかず、明かされた真相にショックを受けました。読後、かなり引きずります(引きずりました)が、それもまた意味のある時間だと思います。

トマス・H・クック『夏草の記憶』~読後に引きずる点では三冊中いちばんです。今でも、思い返すたびに、動揺というか心の震えというか、ショックを感じます。
 一回きりの人生で人ができることの少なさに思いを巡らせずにいられなくなります。

ジェフリー・ユージェニデス『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』~僕が男の子であること、女の子に恋をしていたころのこと、女の子に恋をすることのすばらしさ、そして女の子というものの不思議さ、などが描かれていて、男の子を困らせます(笑)。
 女の子についての物語でありながら、男の子にしか書けない物語です。
 自分が男の子であることに誇りと苦しみがある――そんなことに気づかされました(笑)。


<CD>
THE HOUSE OF LOVE“Days Run Away”~今年は買ったCDが少ないので、ここで挙げられるのはこれくらい。
 とにかく、彼らの復活が僕にとって今年一年の大きな喜びでした。

 それと、今年は片桐麻美姉さんの歌をたくさん聴きました。聴き込みました。



 つづきまして、20051230 四百九十九「Diary Of A Madman」


 500個目、おめでとうございます。

 僕もどうにか、新館での100個目を超えました。


 今年は大変お世話になりました(笑)。


 ざむざざあも(笑)、
 早寝早起きも(笑)、
 たらたらタラちゃんも(笑)、
 「かもめ」さんも(笑)、


 お疲れ様でした(笑)。


 がんだむもけっこうですが、
 お正月はゆっくり…

 「皇帝ペンギン」を観てくださいね!(笑)


 「太陽にほえろ!」の、
 山さんや長さんもすてきですが(笑)、


 「殿下」は「毎度おさわがせします」のパパでした…(笑)。



 さて、「SEED DESTINY FINAL PLUS」はいかがでしたか。

 さくらさんはどんな未来を選びましたか?(笑)


 僕が選んだ未来は、「シグーが1/100MGで発売される」という未来ですが…(笑)
 (果たして実現されるのか?)(笑)




 今日の「10曲目」は、
 今年いちばんのヒット作(笑)、THE HOUSE OF LOVE“Days Run Away”から、6曲目のタイトル曲「Days Run Away」をお送りします。
 アルバムの中でもっともポップでもっともハッピーなナンバーです。


♪Speak of angels, sunlit stories
   天使について、陽射しの輝く話について話そう
 Freaks who get it right
   物事を正しくする おかしな連中
 Losers take the winners
   負けるが勝ちさ
 And the dullest make the brightest light fade
   いちばんマヌケなヤツが いちばん明るい光を消していく

 Put it down to your dark experience
   君の辛い経験に書き入れておくんだ
 It's ok when you can't go on
   前に進めなくったっていいんだよ
 Get your kicks and you can get serious
   物事を感じ取れば 本気になれる
 I was out when you phoned again
   君がまた電話してきたとき 僕は出かけていた
 When you need a friend till the very end
   最後の最後に友だちを必要としたとき

 shake now, break down
   震えてもいい 駄目になってもいい
 Everything's ok, everything's alright
   全部大丈夫さ 何があっても大丈夫
 Hold your head low
   頭を低く抱えても
 Everything's ok, everything's alright
   全部大丈夫さ 何があっても大丈夫だよ

     (拙訳、栗原泉訳参照)




 今年の分の、さくらさんへのお手紙は、一応、これで終わりの予定です。
 (コメント欄にお邪魔するかもしれませんからお気をつけて。)(笑)


 何があっても大丈夫。


 来年は必ず、僕はパワーアップします。



 さくらさん、今年もありがとうございました。


 また来年も、少しずつですが、一緒に歩いていければいいなと思っています。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/109-6e9886f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小花柄(五百九)「Martha My Dear」。

こんばんは。 大晦日だというのに・・・ 具合が悪くて、横になっていました。(大笑) そんなわたしは・・・ ♪ ~ 「I'm So Tired」な感じですが・・・(笑) (THE BEATLES 1968年) こちらを・・・。 ♪ ~ 「Martha My Dear」。 (THE BEATLE みつあみ【2005/12/31 23:50】

小花柄(五百十)「City Of Blinding Lights」。

こんばんは。 今年も、残り少なくなりました。(笑) きゅれんさん、ありがとうございました。 今年最後の・・・ 今夜の「10曲目」は・・・(笑) U2 の 2004年の作品・・・ 「HOW TO DISMANTLE AN ATOMIC BOMB」から・・・ 「City Of Blinding みつあみ【2005/12/31 23:56】

小花柄(五百十二)「Future Lovers」。

こんばんは。 この文章では・・・ 去年、綴ることが出来なかった残りひとつの文章・・・(笑) その文章を・・・ 初詣にも行かず・・・ お年玉もお餅もお雑煮も(年越し蕎麦も)御節料理も何もない わたしですが・・・ (今まで寝ていました。)(笑) みつあみ【2006/01/01 18:26】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。