今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「BLOOD+」MAIL-MAGAZINE VOL.18+「BLOOD+」第12話その1
 まずは今日の昼届いたメルマガ第18号掲載の話題から。

 今日の放送で、携帯待受画像を応募者全員プレゼント、だそうです。パスワードをチェックして応募するようです。
 待受画像はいらないから飴をくれ(笑)。

 次は12話のイントロダクション。
 あはは、やっぱり「ベトナム編いよいよクライマックス」だって。なんだかなあ。小夜たちの動向だけ追っていればストーリーが展開するとはいえ、周りのキャラや状況が「薄かった」気がします。

 次は「DVD第1巻限定版発売中」と、「コミック第1巻来週26日発売」とのことです。

 ほか、公式HPでのキャラクター裏設定公開と、本編のPSP向け配信サービスについて書かれていました。
 どちらも、僕には興味がないですね…。
 公式HPはたまに見ますが、僕はあくまで「本編」以外から情報を得る気がありません。良いとか悪いとかじゃなく、本編がいちばん大事ですから。
 裏設定はいらないから飴をくれ(笑)。

 ここまで、24日のうちに書きました。



 24日夕方、「BLOOD+」の第12話が放送されました。


 「BLOOD+」第12話「白い霧にさそわれて」


 船で川を下る一行。シブイッすね、ルイス(大笑)。

 デヴィッドは小夜にこれからやろうとしていることを話します。
 曰く、

 「ファントムはディーヴァを守るべき者、シュバリエ」
 「沖縄からベトナムまでデルタ67を追ってきたのも、ファントムを追跡するのも、すべてはディーヴァを確保するため」
 「それが『赤い盾』の目的」
 「(ディーヴァを確保したら)すべてが終わるはず」

 これを聞いて小夜は、「これで終わる…」と気を引き締めた様子、ですが…。

 えっ、ちょっと待って。
 デヴィッドには、小夜に話していないことがまだまだ山のようにあるぞ。ディーヴァとは何か、それを確保してデヴィッドたちは何をしようというのか、ディーヴァと小夜がどう関係しているのか、何も話してない。
 そもそも、小夜が何者で、どこで拾われ(つかまえられ)、なぜジョージに世話を任されたのかといった、小夜の出自に関する話が小夜にまるで伝えられていないじゃん。デヴィッドは知ってるはずなのに。
 1972年12月26日に何が起こったのかも、デヴィッドやジュリアはすべて知っているはず。
 自分を苦しめる過去の陰惨なイメージの正体を、小夜は知りたくないのか?
 それらを知らずに、「これで終わる」なんて思い込んでいいのか、小夜!(笑)

 ま、小夜も、沖縄でカイやリクと暮らしていた、普通の女子高生の姿を「本来の自分」のように錯覚していることじたい、勘違いもはなはだしいのですが…(笑)。


 ボートでやってきた、クララ(隊長らしき女)、マッコイ(バンダナ)、スペンサー(丸顔で頭髪やや薄い)、ロジャース(暗闇なのにグラサン野郎)の4人。
 全員が、先端の赤い銃弾を見せます。どうやらそれが「赤い盾」のメンバーの証らしい。
 この「赤い盾」の急襲部隊4人にデヴィッド、ジュリア、ハジ、小夜を加えたメンバーで、ゴム農園へディーヴァ確保に乗り込みます。
 (ルイスは待機。)(笑)


 一方、ゴム農園の屋敷に集うカール、ソロモン、アルジャーノたち。
 アルジャーノは「このプロジェクトの戦略担当官」と話します。

 僕は、アルジャーノはカールとは関係のない組織の人間だと思っていましたが、どうやら彼はサンク・フレシュ・ファルマシーの人間で、ソロモンの部下(それもかなり親しい部下)にあたるようですね。
 カールとは直接面識がないようですが…。

 コンテナを見下ろし、「私は早くあなたを研究棟にお連れして、フェイズ2のデモを見てもらおうと…」とソロモンと話しながら…

 お、ポケットからを取り出したぞ、アルジャーノ!

 (ないしクリーム色)の縞の包み紙です。(←黄色って見づらいね。)(笑)

 しかし、ここではまだなめません(笑)。

 ソロモンはアルジャーノに「サムライマン」の話をしてくれるよう頼みます。
 この「サムライマン」という単語、いつ登場したんでしたっけ? 確実に、聞き逃している…(笑)。


 再びボート。
 小夜はベトナムでの出来事についてハジに尋ね、「私は私でいたい」と言いますが、ハジは「それはあなた自身が決めることです」と突き放したような物言い。
 回答放棄というか、丸投げというか…(笑)。
 だいたい、ハジだって、デヴィッドと同じく、今の小夜が忘れてしまったことをたくさん知っているはず。それを小夜にもっと教えてあげてもいいのにね。日本語、しゃべってるんだし(大笑)。

 ま、その答を聞いて、「そうだね…」と答える小夜もアホですね(笑)。
 自分の忘れた過去を十二分に知っている連中が周りにいるのに、その過去をものすごく知りたがっているはずなのに、「そうだね…」で終わらせてしまっていいのか、小夜!

 てなわけで、小夜の過去を知っていながら話さない連中と、知りたいはずの過去を知ろうとしない小夜と、どっちもどっちか(笑)。
 (あんまり早いうちに秘密をたくさんしゃべっちゃうと、のちの展開がおもしろくなくなるしね!)(笑)


 誘拐されてから音沙汰のなかった(画面上では)カイとリクとムイが登場。
 カイはデモンストレーションに使われる予定で監禁されていた様子。床に転がっていたところを見ると、薬でも盛られていたのでしょうか。
 警備の連中をやっつけ、パンをくわえて檻から脱出。そのパン、へんな薬が盛られてないのか!?(笑)

 さっきのアルジャーノの話と、警備の二人の話、床に転がっていたカイ(それとのちのち登場する「翼手」)などから考えて、「デモンストレーション」とは、フェイズ2を投与された「翼手」にカイを狩らせること、だったのかもしれない。そのくらいヤバそうなことだろうね。


 再びアルジャーノ。
 なんか、口の中でカリカリやってます(笑)。

 「現状報告」として登場したのは、もしかするとムイに薬を与えていた男かな。

 「デルタ67・フェイズ1の投与量と比較しても、副作用の(何とかかんとか)は確認されていません」

 この(何とかかんとか)の前の部分は「ズアン」ないし「ズワン」のように、後の部分は「トロピー」あるいは「トロフィー」と聞こえましたが、ネットで調べてもそれらしき言葉が見つからなかったです。

 これに関してアルジャーノは、
 「化け物にならないってのはいいことだけど…」
 と言いました。たぶん、(何とかかんとか)の部分を補足説明してくれたのでしょう。

 「-trophy」だと「栄養;発育」といった意味だと辞書にありました。これかもしれません。これまでの展開や、前後の話から想像するに、薬の副作用による「異常発育」、のような意味かもしれません。
 (これはあくまで僕の想像ですので、じっさいと違っているかもしれないことをご了承ください。)


 男が「フェイズ2ではそれも視野に入れて実験を拡大する予定です。明日…」と話すのを聞きながら、アルジャーノはポケットに手を入れ…

 お、また取り出したぞ、
 カリカリやってたのは食べちゃったのね(笑)。アンタは飴をかじるタイプか(笑)。僕も小さくなったらかじります(笑)。

 取り出したのはさっきと同じ赤と黄(クリーム色)の縞の包み紙の飴だが、中身はというかクリーム色。(←このクリーム色も見づらいね。)(笑)

 う~ん、この飴は何だろう…。
 (と、ゆいなさんのところに投票する気満々です。)(笑)


 包み紙より、飴そのものの見た目が大事だよね。
 あのクリーム色がかった白は、「ミルク味」と見た!


 んで、またカリカリカリカリ…(笑)。


 ソロモンについてアルジャーノは「フランスの片田舎にあった製薬会社の会長兼最高責任者に就任するや、わずか5年で世界企業へと急成長させた男」と語ります。
 しかし、アルジャーノでもソロモンのことが「さっぱりわからない」とぼやく始末。
 残念ながら、アルジャーノはソロモンやカールたちシュバリエの歴史や目的の、蚊帳の外に置かれているんですね。飴をカリカリやりたくなるはずだよな(笑)。
 それと、黄色コートの男はアルジャーノの部下らしいですが、ソロモンのことを知らないところを見るとサンク・フレシュ・ファルマシーの社員ではないのでしょうか。この組織関係はまだよくわからないですね…。


 誘拐以来、久々登場のリクとムイのところにカイがやってきます。顔に懐中電灯当てるんじゃないかな、って思ってたらホントにやりました(笑)。



 再びボート。
 ジュリアは戦闘服に身を包んでいます。胸の下で腕組みして、バストを強調しているようにも見えますが、これではエロエロは発揮できませんね…(笑)。
 このあとのシーンでも、ジュリアのエロはまるでなし。

 というわけで、今回は文句なく、アルジャーノの飴の勝ちでしょう!
 (かれんさん=「ジュリアのエロさ」 VS オーパーツさん=「アルジャーノの飴」 対決を勝手に応援させていただいています。)(笑)

 お二方ご本人の判定はいかに…。



 さて、ボート上で、頼りになるのかならないのかよくわからない小夜を見ながら、オトナたちがひそひそ話。
 「必要なのは彼女の血」というデヴィッドに、「あの子の血を弾に詰め込めばいいんじゃないのか」とグラサン野郎。夜のジャングルでサングラスをして、お前のほうがだいじょぶか?(笑)

 彼らの、「生きた翼手のサンプルでも手に入れれば別なのか」「オレたちにそれをやれってのか」といった会話を聞いていると、ディーヴァ確保が最優先の目的だとしても、さらに何か胡散臭い目的が見え隠れします。だいたい、ディーヴァを確保して何をするのか、そもそもディーヴァって何なのかわからない。
 デヴィッドら「赤い盾」の連中は、「いたいけな女子高校生小夜」から見れば、彼女を過去の悪夢から解き放ち、世界を翼手という化け物の跋扈しないまともな世界にしようと努力しているように、一見感じられます。
 しかし、彼らには明らかに、世界から翼手を殲滅させ、小夜を戦いから解放するといった、正義の味方の「善行」とは別のところに目的があります。
 おそらく、「赤い盾」の目的もまた、カールやソロモンたちシュバリエたちと大差ない、独善的で陰惨なものではないか、と思えてきます。

 「ニカラグアで翼手と出会って以来…」と翼手との因縁を語るクララ。悲惨な過去を経験しているようです。
 さらに、「また暴走したらどうするんだい?」とデヴィッドに訊きます。
 「また」ということは、前回の小夜の暴走を知っているんですね。

 これに対しデヴィッドは、
 「逃走、あるいは死あるのみ。(そのあとは)次の世代が小夜を引き継ぐ」
 と答えます。
 小夜が「暴走」した場合、彼女をサポートしてきた自分たち「赤い盾」の面々も彼女に殺される可能性がある。そうなったら逃げるか殺されるかどちらしかなく、小夜を再びまともな状態に戻すことは不可能だ、というのでしょう。
 (ま、何が「まともな状態」かはよくわからないのですが。)(笑)
 「次の世代」とは「赤い盾」の次の世代のこと。
 これまでもずっとそうしてきたし、これからもずっとそうしていくのでしょうね。


 「この戦いが終わったら、きっと戻れるよね? カイやリクと一緒の、元の暮らしに…」と願う小夜。いや~、そいつは厳しいんじゃないか?(笑)



 古い写真を見ているカール。写真に写ったカールとソロモンはまったく歳を取っていません。小夜も同じでしたね。
 1974年12月24日の写真を見ているカールに、「この二日後でしたね、あなたがその腕を失くしたのは」とソロモンが声をかけます。あの位置から、カールがどの写真を見ているかわかるとは、すごいぞソロモン!(笑)

 カールの小夜に対する因縁は、腕を切られたことだったのですね。
 というか、腕を切られたことに象徴される、小夜に対する「敗北」に悔しがっているのかもしれません。彼はプライドが高そうですからね。


 ソロモンは言います。
 「翼手の血を結晶化して殺してしまう者など、世界に二人とはいません」。
 さらに、「カール、個人的な恨みを持つのはかまいません。でも彼女を殺してはならない」とも。

 彼らは自分たちのディーヴァをコンテナに入れて確保している。
 小夜もディーヴァだが、普通の人間のように行動し、考え、しゃべります。
 この両者、ディーヴァはディーヴァでも別物のようですね。少なくとも今の段階では。
 そして、彼らはなぜ小夜を殺してはならないのか。小夜を殺さず、たとえば捕らえるとして、それから彼らは小夜をどうするのか。


 「兄さんが知ったら何と言うか」と問いかけるソロモンに、
 「アンシェルには話すな」と釘を刺すカール。

 お、また新しい人物の名前です。彼らシュバリエは「5人兄弟」でしたね。
 カールはこの「ベトナム編」で殺される可能性が(僕の中では)高い。ソロモンは生き延び、アンシェルと残りの二人がつづいて登場するんじゃないかな。彼らと「ディーヴァ」を追って、小夜とハジの旅がつづいていくのかな、と思います。

 第11話「ダンスのあとで」でのソロモンと小夜のダンスを思い返すと、二人のロマンティックな雰囲気はその後の展開を大きく予感させます。すなわち、コンテナのディーヴァを守るシュバリエ=ソロモンと、そのディーヴァに対抗するもう一人のディーヴァ=小夜との、道ならぬ恋です。


 そのとき、窓ガラスが震えだします。



 ここまでがAパートでした。
 予想外の大部になってしまいました(笑)。
 Bパートは次に。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
どもです!
おかげさまで、初勝利することができました、こんばんわ。

次回も、ジュリアの活躍はなさそうなので連勝を狙っていきます。

ではまた来年?お会いしましょー

良いお年を☆


【2005/12/29 01:00】 URL | オーパーツ #- [ 編集]

ありがとうございます
オーパーツさん、こんばんは。
お越しいただき、ありがとうございます。
よかったッスね、初勝利!
「味」についてのアルジャーノのコメントはありませんでしたが、あの「カリカリ」だけで十分勝ってました(笑)。
連勝の可能性大ですよ。小夜が刀を抜いた瞬間にアルジャーノもポケットからさっと飴を出してけん制する様子が目に浮かびます(笑)。

次回またお邪魔いたします。
良いお年を~~
【2005/12/29 01:29】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]

小夜がなかなか戦ってくれません
こんばんは、TBありがとうございました。いつもお世話になっています。

しかし、ベトナム編はもうクライマックスですか?あちゃーもうちょっと見たかったですけどね。もしかしてミンのことはほったらかしで去ってしまうのではないでしょうねえ。

ても、確かにデヴィッドも酷ですよね。小夜の過去は自分が一番良く知っているはずなのに何も話さない。なぜか小夜も聞かないのですけどね。

「サムライマン」は確かかなり早い段階でアルジャーノが話してた気がします。学校で小夜が翼手を倒したときですね。

それにしても、アルジャーノの飴が結構話題になっていますね。やはり梅味からでしょうかね?(笑)
【2005/12/30 05:10】 URL | ピッコロ #- [ 編集]


ピッコロさん、こんにちは。
お越しいただきありがとうございます。
こちらこそお世話になっております。
ミンはかわいそうですね。というか、門脇舞さんが残念です(笑)。
アンナマリーって何だったんでしょうね…(笑)

話の展開をおもしろくするために、いろいろ知っている人物にあえて話をさせないでいるのでしょうが、話の流れに無理を感じてしまいます(笑)。

「サムライマン」について、ありがとうございます。だいぶ前ですね、この言葉が出てきたのは。
登場人物には個性が必要ですよね。彼らにも日常生活がありますから。その点で、ヴァンの飴好きと「梅味」のセリフは良かったです(笑)。

ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。
良いお年をv-218
【2005/12/30 17:30】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]

遅くなりました!!
きゅれんさんこんにちは☆あたふた

やっっっと12話の記事をTBさせて頂くことができました。
遅くなりまして大変申し訳ありません…
すでに今日は13話放送の当日だというのに…がくっ…

12話はばっちり飴氏の勝利だったので、今日こそジュリアが脱いで(こら)くれることを期待しております。
そして、ジャングルにいる限り、まだまだ怖そうなので、ちょっぴり緊張しながら視聴しようと思います。

それから、こちらも遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
それでは、今回はこの辺で。

コメント失礼致しました。
【2006/01/07 15:19】 URL | かれん #- [ 編集]


かれんさん、こんばんは。
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
コメント&TB、ありがとうございました。
お返事が遅くなってすみません。
もう、12話どころか、14話の放送も終わってしまいました(笑)。
14話はジュリアのほうが、登場した分有利だったかと…(笑)。

僕はちょっとお休み中ですが、いずれまた「BLOOD+」ネタの更新を再開するつもりです。そのときまたお世話になります。よろしくお願いします。
ありがとうございました。
【2006/01/15 21:45】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/103-721c0359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「BLOOD+」第12話その2

 これは「BLOOD+」第12話その1のつづきです。 カゲロフノ昼ト夜【2005/12/28 17:40】

BLOOD+ Episode-12「白い霧にさそわれて」+第3回飴の味投票!!

公式HPにて、アルジャーノ氏と岡村さんの裏設定が公開されましたね。アルジャーノ氏の設定を読んで、「あぁ…この人は途中でいなくなるな、きっと」って思いました(爆)何だか長生 GATES OF HEAVEN【2005/12/28 23:48】

BLOOD+ 第12話「白い霧にさそわれて」

じんぐるべーるじんぐるべーるすずがーなるー♪今年もしゃらくせぇクリスマスが到来し、今夜はガンダムSEED DESTINY FINAL PLUS~選ばれた未来~が放送です。こうして俺の年の瀬は過ぎてゆくわけだ。(*^ー゜)bさ、前置きはこれくらいにして、今日も血+の オーパーツー【2005/12/29 01:09】

(アニメ感想) BLOOD+ 第12話 「白い霧にさそわれて」

BLOOD+(2)リクとカイはどうなったの?2話続けて完全無視された二人ですが、ようやく出番ですかね。小夜の学園生活もいいですか投げっぱなしじゃあね?しかし、次回予告によるとムイとリク、カイも出てくるようです。ほっと一安心、ようやくこれで小夜と繋がりますかね?.... ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2005/12/30 00:24】

怖かったよー(泣)BLOOD+ 第12話「白い霧にさそわれて」

やっと見れる~><そんなこんなで、土曜日はばっちりメジャーを優先したため、ビデオも録れず(実家はビデオ録りながら他の番組見れないのさ;)、デヴィットのトコ(aii)で見ながら感想でございますです。ふぅ、よっしゃ再生☆ぽっちっとな。はい、アバン。あ、ルイスっ.  はちみつ水。【2006/01/07 15:07】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。