今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【文庫本逍遥④】ハヤカワ文庫その1
 海外のミステリやSF、ファンタジー作品が多く収集されている点で、前回の「創元推理文庫」とよく似ているのがハヤカワ文庫です。
 僕もずいぶんお世話になっております(笑)。
 創元推理文庫との比較なども交えながら、ハヤカワ文庫を見ていきたいと思います。

 早川書房が発行する文庫本には「ハヤカワ文庫(ハヤカワ・ミステリ文庫を含む)」「ハヤカワ・ミステリアス・プレス」「ハヤカワepi文庫」「アガサ・クリスティー文庫」「ダニエル・キイス文庫」などがありますが、ここではまず「ハヤカワ文庫」だけに絞って見ていきます。


<背表紙の変遷>
 今回はテーマ別に適宜蔵書を引っ張り出しましょう。
 (参照した文庫本は巻末にまとめました。)

 背表紙のデザインは大きく言って「ジャンルマークあり」と「ジャンルマークなし」に分けられます。これは発行時期の違いによるものです。

 ①昭和55(1980)年4月30日発行の『自転車で月へ行った男』の背表紙は、上から順に、「FT 19」、タイトル(明朝体)、著者名(ゴシック体)、ジャンルマーク、黒地に白抜き文字で「ハヤカワ文庫FT」、「¥220」と表記されています。

 ハヤカワ文庫には、
 HM=Hayakawa Mystery(ハヤカワ・ミステリ)
 SF=Science Fiction(SF)
 JA=Japanese Author(日本人作家)
 NV=Novel(ノベル)
 NF=Non Fiction(ノンフィクション)
 FT=Fantasy(ファンタジー)

 の6種類のジャンルがあります。
 (上記①の時代にはもうひとつ、「Jr=Junior(ジュニア)」というジャンルも奥付に紹介されていますが、現在はなくなっているようです。)

 かつて、これらのジャンルを表すマークが背表紙につけられていました。
 FTのジャンルマークは、ヒロイックファンタジーによく登場する「ドラゴン」です。
 HMは小文字の「h」と「m」を組み合わせたもの、
 SFは二重に輪の架かった星、
 NVは馬に引かれる馬車、
 NFは向かって左を向いた二頭の羽の生えた馬(角は見えないので、ユニコーンと呼んでいいかわかりません)、
 JAは縄文時代の火焔土器、
 といった具合です。

 NVとNFで馬をモチーフにしているのには、何か由来があるのでしょうね、おそらく。

 ジャンルマークがあることじたいも、その位置も、創元推理文庫とほぼ同じです。しかし、並べてもあまり似ている感じがしない。タイトルの文字サイズやフォントが違うからでしょうか。


 そして、価格表示に「¥」がなくなるというマイナーチェンジのあと、現在の表示形式になります。

 同じFTの②『夢の10セント銀貨』は昭和62(1987)年10月31日4刷ですが、背表紙の表記は上から順に「FT 2」、タイトル(明朝体)、著者名(ゴシック体)、赤地に白抜き文字で「FT フ 1 2」、「ハヤカワ文庫」、「定価360」となっていて、ジャンルマークが消えた代わり、「FT フ 1 2」という、著者番号・著作数を表す表記が付け加えられています。

 「FT フ 1 2」は順に、ジャンル、著者名のファミリーネーム、その著者の番号、著作番号、になります。この表記法もまた、創元推理文庫とまったく同じです。


 しかし、ハヤカワ文庫の場合、この「FT~」の部分が背表紙の色と違う色で囲まれた中に白抜きの字で書かれているため、創元推理文庫とごっちゃになりにくいようです。
 じっさい、ブックオフを見て回っても、ハヤカワ文庫が創元推理文庫の棚に、あるいは創元推理文庫がハヤカワ文庫の棚に、それぞれ紛れ込むというケースはあまり見られない。少なくとも、創元推理文庫が新潮文庫の棚に紛れ込むケースに比べると圧倒的に少ない。


 この白抜き文字の部分の地の色は、①の時代、HMとFTが黒、SFとNVが青でした。
 また、古いHMは「ハヤカワ文庫HM」ではなく、「ハヤカワ・ミステリ文庫」と書かれています。ミステリをその他のジャンルと区別しているところ、ハヤカワ文庫の面目躍如といったところかな(笑)。

 現在は、HMが黒地、SFとNVは青地で変わらず、FTのみ赤地になっています。


 もう少し時代が下ると、②の最下段の価格表示が「505+税」という表記に変わります。ほかは②と同じです。


 背表紙の色は、まず第一に「ジャンル」によって分けられています。
 現在、HM以外のハヤカワ文庫はジャンルによって色分けされています。FTはクリーム色、SFは水色、NVとJAとNFは白です。
 ①のころのような古いバージョンでは、HM以外のハヤカワ文庫の背表紙はすべて白でした。

 NFではときにカバーの紙質が違います。
 ③『スパイのためのハンドブック』の1995年4月15日12刷では紙の質が違い、また「NF ロ~」といったジャンル・著者番号・著作番号などの表記もありません。上記の6ジャンルではもっとも異質です。


 背表紙はまた、ハヤカワ文庫HMの場合、著者別に色分けされています。
 手元にある本で見ると、たとえばアガサ・クリスティー=赤レイモンド・チャンドラー=青コリン・デクスター=緑、といった具合です。
 ただし、クリーム色と水色はFT及びSFとごっちゃになるため使われていません。

 あと、色とは違いますが、最上段の「FT 19」の部分は、そのジャンルの通し番号になっていますが、HMの場合「HM 著者番号-著作番号」となっており、通し番号になっていません。
 この二つを見ても、ハヤカワ文庫でミステリが特別扱いされていることがわかりますね。じっさい、「ハヤカワ文庫HM」は、背表紙が現行の形式に変わっても、正式名称はあくまで「ハヤカワ・ミステリ文庫」です。



 今回は背表紙の話だけにしておきます。


※今回参照したハヤカワ文庫

①昭和55(1980)年4月20日 印刷
 昭和55(1980)年4月30日 発行
 バーナード・フィッシュマン/山田順子訳
 『自転車で月へ行った男』
 ハヤカワ文庫FT19  ¥220
②昭和54(1979)年2月28日 発行
 昭和62(1987)年10月31日 4刷
 ジャック・フィニイ/山田順子訳
 『夢の10セント銀貨』
 ハヤカワ文庫FT2  定価360円(本体350円)
③1982年3月31日 発行
 1995年4月15日 12刷
 ウォルフガング・ロッツ/朝河伸英訳
 『スパイのためのハンドブック』
 ハヤカワ文庫NF79  定価460円(本体447円)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

このシリーズは、ずっと身近にあって、当たり前の存在になっている文庫に対して、改めて多くのことを教えてくれます。
文庫の仕様の変遷、斬新でした。

続き楽しみにしています。
【2005/12/26 20:52】 URL | リサガス #- [ 編集]


リサガスさん、こんばんは。
ありがとうございます。
ただヒマなだけ、とも言います(笑)。

手元にある文庫本に偏りがあるし、全部にちゃんと目をとおしているわけではないので、見落としや誤記がないとも限りません。
気がついたことがあったら、ぜひツッコミをお願いします(笑)。
【2005/12/26 21:11】 URL | きゅれん #FYZgSFjI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mayflytoo.blog36.fc2.com/tb.php/100-95cc9049
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【文庫本逍遥?】ハヤカワ文庫その2

 これは【文庫本逍遥?】ハヤカワ文庫その1のつづきです。 今回は裏表紙について。 カゲロフノ昼ト夜【2005/12/27 00:47】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。