今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙は脱獄する
 今日(13日)もコーヒーがたいへんおいしゅうございました(笑)。
 お腹の調子が良くないのですが、コーヒーはおいしくいただいております(笑)。


 明日(14日)は午前中は雨降りらしいですが、午後から晴れ間も広がるようです。


 そろそろ、次のコーヒーを買ってこなければ…(笑)。



 そんな、雨降りをおいしくいただいている(ウソです)札幌から、さくらさん、こんばんは。



[READ MORE...]
大相撲・今日の一番(平成十八年夏場所七日目)
○豊真将 突き落とし 北桜●



[READ MORE...]
大相撲・今日の一番(平成十八年夏場所六日目)
○栃乃花 寄り切り 出島●



[READ MORE...]
大相撲・今日の一番(平成十八年夏場所五日目)
○豊真将 寄り切り 白露山●



[READ MORE...]
大相撲・今日の一番(平成十八年夏場所四日目)
○普天王 寄り切り 栃乃洋●



[READ MORE...]
【文庫本逍遥⑰】サンリオ文庫/サンリオSF文庫
 今回から数回は、僕がかつて比較的多く触れる機会があった、廃刊した文庫シリーズを取り上げます(笑)。


 最初はサンリオ文庫/サンリオSF文庫です。
 手元にあるのはサンリオSF文庫だけなのですが、基本的な装丁は両方とも同じなので、タイトルは両者の名を挙げます。



[READ MORE...]
ギド・マックを正確に60機数えギド・マック・ドウにすると30機になります
 ベートーベンはコーヒー豆を正確に60粒数え、トルコ式ミルで黒くなるまで煎って淹れたそうです。



 さくらさん、こんばんは(笑)。



[READ MORE...]
コーヒー50杯連続の日々
 今日もいい天気で、今日もいいコーヒーでした(笑)。

 明日は午前中は晴れますが、午後から雨になるそうです。
 コーヒーは雨降りじゃないといいですね(笑)。


 今日はここまで「3コーヒー」の僕ですが(笑)、高倉健さんは一日に30杯飲むそうです。
 (データは現在のものかどうかは不明です。)(笑)

 かの哲学者ヴォルテールは一日平均50~60杯、コーヒーを飲んだといいますから、僕なんてまだまだですね(笑)。
 当時のコーヒーはジャズベ(イブリック)を使ったトルコ式ですから、入れる手間も大変だったでしょうね。


 僕も一日30杯、とまではいきませんが、10杯くらい飲みつづけたいものです。
 (ま、その前に財布の中身と相談しなくては…。)(笑)



 そんな、「♪今日もいい天気~」サザエさんも30杯コーヒーを飲んでいた(ウソです)札幌から、さくらさん、こんばんは。



[READ MORE...]
大相撲・今日の一番(平成十八年夏場所三日目)
●琴光喜 押し出し 雅山○



[READ MORE...]
大相撲・今日の一番(平成十八年夏場所二日目)
●玉春日 押し出し 豊真将○



[READ MORE...]
ゴールデンウィークは「ガイキング」を観ながらごはん食べましたか?
 今日の札幌は今年いちばんの暖かさになりました。
 最高気温が21度を超えました。
 ジャンパーを着て出かけた僕でしたが、途中で脱ぎました。
 (ジャンパーを、ね。)(笑)

 とはいえ、今年は春がくるのが遅いです。
 札幌のソメイヨシノはまだ開花宣言が出されていないようです。平年より数日遅れています。
 (エゾヤマザクラは開花しているようです。)
 今日がゴールデンウィークの最終日とあって、公園で花見を楽しんだ人も多かったようですが、桜の見ごろはあと1週間先、となりそうです。


 夏はまだまだ遠いですね…。
 (クリスマスもね。)(笑)



 そんな、クリスマスごろに花見を楽しむゴールデンウィーク客続出の(ウソです)札幌から、さくらさん、こんばんは。



[READ MORE...]
大相撲・今日の一番(平成十八年夏場所初日)
●豊真将 寄り切り 把瑠都○



[READ MORE...]
【文庫本逍遥⑯】竹書房文庫
 先に書いた「3大テノール」…じゃなく「3大ノベライズ文庫」の掉尾を飾るのが竹書房文庫(竹書房刊)です(笑)。

 竹書房文庫は大きく分けて、
(1)映画のノベライズ(とくに韓国映画のノベライズが多い)及び海外ミステリー
(2)雑学
 の2種類で構成されています。

 僕がよく目にする(というか、僕の目によく入ってくる)のは、映画のノベライズ文庫のほうです。
 映画の1コマが使われている背表紙がいやでも目立ちます(笑)。このおかげで、他社の文庫シリーズとごっちゃになりません(笑)。


 今回もサラサラッと仕上げてあります(笑)。



[READ MORE...]
ジャン・レノの乗ったロッグ・マックはコクがあるのにキレがある
 う、うまいぞぉぉ~~~!!!


 (癖になっちゃいました。)(笑)



 今日2回目のコーヒーメーカータイムは終了いたしました(笑)。
 (あしからずご了承ください。)(笑)


 引きつづいて、3回目のコーヒーメーカータイムが近々スタートいたします(笑)。
 (ご期待ください。)(笑)



 コーヒーの味や香りを表現するのに、非常に多彩な言葉があります。
 「bitter(苦味のある)」、「sweet(甘味のある)」などに加え、「body」は「コク」、「heavy」は「重い」、「fine」は「上品な」、「rich」は「芳醇な」などとなります。

 個人的に、「コク」が、判断するのにとてもむずかしい味わいのひとつです。
 「コクがあるのにキレがある」とはとあるビールのキャッチコピーですが(笑)、ビールにしろコーヒーにしろ、「コク」というのが大変わかりづらいと思っています。
 コーヒーの場合、「コク」は口に含んだときではなく、飲んだあとに口の中に広がる深みのようなもの、なのかなと思っていますが、どんなものでしょうね…。

 コーヒーでも「キレがある」という表現をすることがありますが、それはさっぱりしていて口の中に苦味が残らないことを表現しているのかもしれません。
 缶コーヒーを飲むと、妙な苦味や甘味が口に残ってしまうケースがあります。そういうのはあまり好ましくありませんね。
 とはいえ、ふつうのコーヒーにあまりに「キレ」があると、それはそれで物足りないものです(笑)。



 そんな、「コクがあるのにキレがある」札幌から、さくらさん、こんばんは(笑)。



[READ MORE...]
第40巻「スヌーピーのげきつい王」
SNOOPY40「スヌーピーのげきつい王」 先日、ネット接続が復活したときに、amazonなどで「スヌーピー」関連の書籍を調べたところ、さくらももこさんが翻訳したスヌーピーの本があることを知りました。
 (それまでは知りませんでした。)(笑)

 集英社刊「スヌーピーブックス」全20巻で、1997年12月に18巻、1999年1月に残り2巻が発行されています。すべてさくらももこさんの翻訳です。

 もっと驚いたのが、このシリーズ全巻が、集英社のHPの検索にまったく引っかからなかったことです(笑)。
 つまり、すべて品切れ状態。まだ9年も経っていないのに…。
 (重版する予定もないのかしら?)(笑)

 角川書店や講談社のスヌーピー本が今でもふつうに書店で手に入るのに比べ、何とも寂しい状況ですね。
 さくらももこさんの作品は、マンガもエッセイも好調に売り上げているはず。なぜスヌーピー本だけがこんな境遇なのか、不思議です…。


 それでは、ツル・コミック版スヌーピーの時間がやってまいりました(笑)。
 今回で8回目です。まだまだ序の口(笑)。

 この写りの良い写真は、携帯でなくデジカメで撮影された第40巻「スヌーピーのげきつい王(Flying Ace, SNOOPY)」です。ポーズが決まってます、スヌーピー(笑)。
 青い空と白い雲、オレンジの屋根など、色使いも派手です。


 スヌーピーはいつもさまざまな役柄になりきるのですが、この巻では「第1次大戦のパイロット(the World War Ⅰ pilot)」のエピソードが多く収録されています。
 彼の小屋は「愛機ソーピース・キャメル(Sopwith Camel)」となり、ライバルの「レッドバロン(the Red Baron)」と火花を散らします(笑)。
 (整備士は、まだこのころは名前のない鳥、ウッドストック。)(笑)

 彼は芝居にのめりこむあまり、サリーの持っている風船を「敵の観測気球」と思い込んで飛びかかったり、自分の小屋の中で「監獄ごっこ」をして、「衛兵」のライナスに喧嘩を吹っかけたりします(笑)。

 そんな彼も、チャーリー・ブラウンにあえなく捕縛されてしまいました。
 (獣医に連れてって注射するためです。)(笑)
 しかし、スヌーピーは首につけられた鎖を持つチャーリーを振り切り、「弾薬列車」を走らせている機関手(=子供用の荷車を引くライナス)を襲って逃走! やったぞスヌーピー!(笑)


 このときのライナスのセリフは、

 「チャーリー・ブラウン、金魚か何か飼うことにしたら?」

 でした(笑)。



 中ほどに、ペパミント・パティがライナスから「カボチャ大王(the Great Pumpkin)」について聞くエピソードがあります。
 ライナスの話を彼女は即座に信じます。ライナスが逆に途惑ってしまいました(笑)。
 ペパミント・パティの言い分は、自分は迷信深く、ありえないことであればあるほど信じる、というもの。
 「“カボチャ大王”の話はありえないって思うの?」とライナスがたずねると、ペパミント・パティは「ええ、ありえないわ…ありえないし、バカげてるし、くだらないわ…でも信じるの!」と平気な顔をして答えます。
 なんとも、ペパミント・パティらしい答えですが、それを聞いたライナスの心中は複雑でしょうね。

 ライナス自身は「カボチャ大王」について半信半疑です。だから、最初に彼女が、ライナス本人でも信じきれていないものをどうしてこんなあっさり信じるのか、大変不思議に感じたのでしょう。
 加えて、「ありえないから信じる」と言われたのでは、ライナスにはペパミント・パティの考えがさっぱりわからないでしょうね。

 ライナスは、本当にいるかどうか疑わしいけど、「いてほしい」から信じるのではないかと思います。
 半分信じている分、彼は夢想家であり、世界を劇的に変えてくれる「何か」の存在を待ちつづけている面があります。ロマンチストなのです。
 そして、信じてくれない周囲の人間に対し、断固として戦いつづけます。

 それに対し、ペパミント・パティは「いないとわかっているから信じる」。
 彼女はカボチャをたくさん買い込んで、にわかカボチャ畑を作り、そこで一晩中「カボチャ大王」を待つくらいに「信じ」ます。
 そうやって、「信じる」お芝居にのめりこんでいる彼女のほうが、実際にはひどく現実家であり、冷めているのですね。彼女のそういうところには驚かされました(笑)。
 冷めているから、内心では非常に間抜けなことをしているとわかっています。ライナスのように、自分の主張を貫く頑固さはありません。

 ペパミント・パティはのちのちの巻のエピソードで、マーシーとチャーリー・ブラウンを取り合います(笑)。
 まあ、どう見ても、チャーリー・ブラウンがからかわれているだけなのですが、ライナスやチャーリーら男の子たちが「カボチャ大王」や「赤毛の女の子」といった、一種の夢想を抱きつづけるのと対照的に、女の子たちは現実の男の子や目の前にある「宿題」などにどう対処するかをいつもテーマにしていますね。


 最後に、チャーリー・ブラウンが「交通係」に任命されるエピソードがあります。
 大役を任され、誇らしい気持ちですが(「赤毛の女の子」にも自慢できますし)、現実の問題に容易に対処できないのが彼(笑)。
 雨の中、交通整理をしていたチャーリー・ブラウンは車にはねられてしまいます。
 しかし、「職務遂行中に怪我をした」と気づいた彼は、ベッドの中でいい気分です(笑)。


 このほか、ライナスが近所に雪だるまの軍隊を作って、隊列を見回る…などのエピソードが記憶に残っていました(笑)。



春のスペシャルブレンド
 う、うまいぞぉぉ~~~!!!



 というわけで(笑)、
 今日4回目のコーヒーメーカータイムです(笑)。


 今回は、スペシャルなブレンドの粉をスペシャルなまま使用してみました。



 さくらさん、こんばんは。



[READ MORE...]
【文庫本逍遥⑮】徳間文庫
 徳間文庫(徳間書店刊)は創刊から四半世紀を超えました。

 個人的には、「アニメージュ文庫」には親しんでいましたが、徳間文庫にはあまり…(笑)。
 高校生のころに西村京太郎作品(十津川警部ものじゃないもの)を読んだことを「講談社文庫」のところで書きましたが、徳間文庫でも何冊か読んだ記憶があります。

 ま、徳間文庫というと、そのくらいです(笑)。


 今回は、かなりサラサラッとした記述になります(笑)。



[READ MORE...]
超電磁ヨーヨーで観覧車を破壊した痩せゆく男
 食後のコーヒーの時間がやってまいりました(笑)。

 本日3回目のコーヒーメーカータイムです(笑)。

 先ほどは、早いとこ飲んでしまわないとまずくなる、大型量販店で安く売っていた「シアトルブレンド」を多めに使った自家製ブレンド(笑)を飲みましたが、

 今度は、早いとこ飲んでしまわないとまずくなる「シアトルブレンド」をさっきより少なめに使った自家製ブレンドにしてみました(笑)。

 先日買った、スペシャルなブレンドの粉(「モカマタリ」ではありません)を混ぜ、やや苦めに仕上げてみました。



 う、うまいぞぉぉ~~!!!

 (「ミスター味っ子」のオヤジふうにお読みください。)(笑)


 ってな感じで、1杯目はすぐに飲んでしまいました(笑)。



 そんな、「うまいぞぉぉ~~~~!!!!」、札幌から、さくらさん、こんばんは(笑)。



[READ MORE...]
シグーはジョギングをすると腹が鳴る
 3杯目のコーヒーを淹れました(笑)。
 (コーヒーメーカーで2回目。)


 僕はコーヒーを淹れるときは、だいたい、マグカップ2杯分までにしています。
 以前は3杯分くらい淹れていたのですが、そうすると、最後の1杯分が煮詰まった感じになっておいしくなく、結局残しちゃうんですよね。それはもったいない。
 コーヒーのアロマ(芳香)は空気中の酸素や水分に触れるとどんどん逃げていってしまいます。
 また、コーヒーを温めつづけると、煮詰まって酸味やえぐ味が強くなり、とがった味になります。
 こうなってしまったコーヒーを飲むと、口の中にピリピリした感じが残りますし、胃にもよくありません。

 残ったコーヒーを温め直すのも、以前はやっていましたが、これもおいしくないので、淹れたらできるだけ早く飲むようにしています。


 なので、コーヒーを淹れると、ちょっとあわただしい(笑)。
 (早く飲まなきゃ。)(笑)


 以上、今日の「一口飲み覚書」でした(笑)。



 さくらさん、こんにちは。



[READ MORE...]
【文庫本逍遥⑭】ヴィレッジブックス
 真っ白な色使いと文字サイズの小さなゴシック体による背表紙が目を引く(笑)ヴィレッジブックス
 ラインナップに翻訳小説が多いので、書店では書棚を必ず覗く文庫シリーズになっています。

 とはいえ、購入にまでなかなか踏み切らないのも多い。
 なので、蔵書は大変少ないです(笑)。

 今回はそんなヴィレッジブックスを、大変簡単にですが取り上げます。



[READ MORE...]
【読書備忘録】2006/05/02~『神の街の殺人』
『神の街の殺人(Tabernacle)』トマス・H・クック
(村松潔訳、文春文庫、2002年4月10日初版発行)



 僕が読む今年最初の文春文庫です(笑)。



[READ MORE...]
シグー整備係募集中(大笑)
 どうにか、ネット社会に帰還しました(笑)。


 さくらさん、こんばんは。



[READ MORE...]
札幌市内を観光した芝刈り機の男
 ホントにプチ復活でしたね、シグー(笑)。
 一度電源を落とし、再度立ち上げたら、またも「しぐ~~~」って感じでダウンしてしまいました。

 「立て! 立つんだジョー(じゃなかった、シグー)!」(笑)


 と叫んだものの、ディンともジンとも言いません。


 …いえ、ウンともスンとも言いません(笑)。



 今回の復活が「プチ」にならないことを祈っております(笑)。



 そんな、ディンもジンもプチ復活した(すぐダウンしました)札幌から、さくらさん、こんにちは。


[READ MORE...]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。