今日をどう一生懸命生きたい?
朝目が覚めたら、「今日をどんな一日にしようか」と考え、計画を組み立てて実行し、夜眠るときに「大変だったけど、楽しかった」と声に出して言える、そんな一日一日を積み重ねて生きたいです
ヒマワリ

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



このサイトについて

 当ブログはトラックバック(TB)のみでつながることを目的とせず、あくまで記事内容について楽しくお話しすることを目的としています。初めてTBを送ってくださる場合は、そちらの記事に管理人宛のお話を含むか、こちらにコメントを残してくださいますようお願い致します。
 また、管理人が当ブログへのリンクとして不適当だと判断したサイトへの誘導コメント・TB、及び記事内容・管理人本人と無関係なコメント・TBは、予告なく削除致します。



わたしが知ってる

きゅれん

Author:きゅれん
HNは「B-SHOP」→「びしょぷ」と変わり、当ブログサイト開設に際し「きゅれん」と変更しました。

プラグインのタイトルは川村結花さんの歌のタイトルをお借りしました(多謝)。

2006年8月6日、ブログタイトルを「カゲロフノ昼ト夜」から変更しました。


Mayfly's Day 'n' Nigh'(旧サイト)



夢を続ける町

更新中のエントリーです

ルトガー・ハウアー出演作リスト(2005/11/23更新)
「週刊/増刊ルトガー・ハウアー」発行順リスト(2006/01/24更新)
【文庫本逍遥⑲】アニメージュ文庫その2~アニメージュ文庫目録(2006/07/24更新)
【文庫本逍遥】文庫シリーズ目録(2006/08/06更新)



全身鏡

全ての記事を表示する



夜空ノムコウ



オールディーズ



Travels



コイシイヒト

コメントをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



誰よりも遠くから

トラックバックをくださるときは、上記の「このサイトについて」をお読みくださいますようお願い致します。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Doors

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラグを差し込んでシビレさせて!(笑)
 変なプレイではありませんので誤解なきよう(笑)。


 昨日は暖かかったのですが、今日は寒くなりました。
 そのせいで、道路はツルツルになりましたね。車に乗っていても、車を降りても、通行するのが大変危険です(笑)。

 もうすぐ雪まつりが始まりますが、観光客の皆さん、転ばないよう気をつけてくださいね(笑)。

 といっても、統計的には地元民の転倒率のほうがずっと高いのですが…(笑)。



 さくらさん、こんばんは。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
「BLOOD+」MAIL-MAGAZINE VOL.22+「BLOOD+」第16話
 「BLOOD+」について独立した文章を書くのは、大変久しぶりです(笑)。

 まずは1月28日に届いたメルマガ第22号について。

①第16話のイントロダクション。とくに気になる話はなし(笑)。

②特番「よゐこのBLOOD+」がMXTV(東京メトロポリタンテレビジョン)で2月2日19:30~20:00に放送されるそうです。
 MXTVって何?(笑)

 いずれにしても、札幌では観れません…。
 「見逃したアナタに朗報!」と言われましても、正規放送時にだって、こちらでは放送されていませんし…(笑)。

 それと、新規のファン開拓のためにお笑いタレントをナビゲーターに起用しているのかもしれませんが、僕としては声優さんにMCをやってもらったほうが、観たい番組になります(笑)。

③「なんとハジのCDが発売決定!!」だそうです。
 (↑「なんと」は僕が書いたんじゃありません。)(笑)
 ハジが弾いてる(ことになっている)チェロの演奏を収めたCDと、「ハジのスペシャル映像」を収録したDVDのセットらしい。
 小西克幸さんが歌っているのではないんですね…(笑)。

 発売は2月15日、価格は3150円、とのこと。

④2月22日発売のDVD第3巻の初回特典は、88ページにわたる「特製解説集」ですって(笑)。
 僕は本編の事前に作品の情報を入手するのは嫌いですが、本編放送後に「あそこはああいうつもりで描いた」とか「ここの部分にはこんなこだわりがあった」とかいう話を聞くのは好きです(笑)。
 なので、この解説集は読んでみたいですね…。

⑤最後はCMも流れている、本編のインターネット配信の話題でした。


 さて、28日夕方6時、第16話が放送されました。


[READ MORE...]
【読書備忘録】2006/01/28~『人狼の四季』
『人狼の四季(Cycle Of The Werewolf)』スティーヴン・キング/バーニ・ライトスン画
(風間賢二訳、学研M文庫、2000年11月21日初版発行)



[READ MORE...]
雪焼けした雪像がさとらんど会場を裸足で散歩
 札幌市の上田市長が雪像作りをちょっとだけ手伝ったそうです。
 今度はぜひ、「さとらんど会場」で雪像を作ってくださいね(笑)。

 さとらんど会場では、雪像を作っている人のために豚汁がふるまわれたそうです。
 今度はぜひ、おにぎりもつけてくださいね(笑)。



 さくらさん、こんばんは。


[READ MORE...]
吹き飛ばし引き裂きたたきつけ引き倒しぶち壊し引き剥がし焼き払い(でも吹雪)
 昼間…
 吹雪いてましたね(笑)。


 夕方…
 吹雪いてましたね(笑)。


 今、下のほうをほぼ書き終えて、外を見たら…
 吹雪いてますね(笑)。


 さて、札幌では、180万人突破後も増えつづける人口に対処すべく…

 200万人が入れるかまくらの建設が始まりました(笑)。


 いえ、そうではなく、ほぼ1週間後に迫った雪まつりのための雪像作りが始まりました。
 今年から真駒内会場が廃止され、新たに「さとらんど会場」で雪まつりが開かれることになりましたが、雪像作りが進んでいるかは不明です(笑)。

 というより、市民雪像の申し込みが極端に少なかった「さとらんど会場」で、ちゃんと必要十分な数の雪像が造られる運びになったのかどうか、いまさらながら気になります(笑)。


 僕はだいぶ前に書いたことがありますが、札幌市は東区民ですので、「さとらんど会場」は決して遠い開催地ではないのですが、多くの市民にとってこの会場は「辺境」です(笑)。
 雪像を作りに来たのに、会場で遭難してしまったり(笑)、それ以前に会場にたどり着けなかったり(笑)、という事態が十分想定できますが、ま、それは新しい会場がここに決まったときからわかっていたことですね(笑)。

 雪まつり期間中は、近隣の道路の大混雑が予想されますので、僕はなるべく出歩かないようにしようと思います(笑)。
 (出るとしても街の方面だけ。)(笑)



 さくらさん、こんばんは。


[READ MORE...]
いろんなアニメのここまでのところ(2005/12/24~2006/01/24)その2
 休んでいる間にたくさんのアニメが放送されました。
 ここで簡単におさらいしておこうと思います(笑)。


<ラインナップ>
・「アカギ」第12・13・14話
・「よみがえる空―RESCUE WINGS」第1・2話
・「かしまし~ガール・ミーツ・ガール」第1・2話


[READ MORE...]
いろんなアニメのここまでのところ(2005/12/24~2006/01/24)その1
 休んでいる間にたくさんのアニメが放送されました。
 ここで簡単におさらいしておこうと思います(笑)。


<ラインナップ>
・「BLOOD+」第13・14・15話
・「エンジェル・ハート」第11・12・13・14話
・「ARIA」第12・13話
・「蟲師」第10・11話


[READ MORE...]
晴れた日に永遠が見える
 今日は風が強かったですね。


♪風か嵐か~
 青い閃光~

 と「ザブングル」の主題歌をこっそり歌っていたのは内緒です(笑)。
 ただ、吹雪いてきそうでしたのでやめました(大笑)。



 さくらさん、こんばんは。


[READ MORE...]
風が冷たいからしっかり着込んでね
 新潟や長野の日本海側地方などの大雪が連日伝えられていますが、札幌もかなり深刻な雪害となっています。
 テレビで伝えられたところによると、排雪場の多くがすでに満杯状態。
 しかも、排雪するトラックが排雪場に入るために渋滞し、それが排雪の遅れに拍車をかけています。

 ところで、今PCで文章を書いていますが、「排雪」という言葉は登録されていないんですね。急いで登録しました(笑)。皆さんももしものために登録しておくことをお勧めします(笑)。

 で、加えて、排雪に使用するトラックの数も不足しているとか。トラックとか、除雪専用の車両とかって、多めに準備しておくのも不経済なわけですが、こういう事態になると、その不足は大問題です。

 ウチの周りも、中規模の道路になると、歩道と車道の間に2~3メートルの雪の壁ができていて、歩いてとおる場合も車で走行・交差する場合も、非常に危険です。
 小学生の通学路でも除雪が進んでいないところがあります。子どもの飛び出しは、子どもも怖いけど車を運転する側も怖いです。


 つくづく…
 自分の命は自分で守らないとね……(笑)。



 さくらさん、こんばんは。


[READ MORE...]
「増刊ルトガー・ハウアー」(19)~知られざるルトガー映画を楽しもう
 さくらさんからお手紙をいただいております。ありがとうございます。
 お返事は明日(24日)以降の予定です。



 さて、今日(23日)は何の日か、皆さんご存知ですね(笑)。
 そう、われらがルトガーさんの誕生日です。
 (1944年1月23日生まれ。)

 Happy Birthday, Rutger Hauer!


 なので、「週刊」を発行しようかどうか悩んだのですが、「週刊」及び「増刊」で書いていない作品が大変少なくなっています(笑)。
 そこで、クリスマスにも観たある伝説をたっぷりどっぷり観ましたが、それをここでどのように文章にするか、まだ悩んでいます(笑)。

 昨年DVDが発売されたルトルト・ムービーがあります。
 そう、皆さんご存知の(笑)、キングもののリメイクです(笑)。主演はサザーランド・シニア(笑)。

 ただし、できるかぎり「順番どおり」にこだわる僕としては、これを観る前に『死霊伝説』を観なければなりません(笑)。ここにひとつ、大きなハードルがありますね(笑)。なにせ、キングものですから。

 ただ、できるかぎり「順番どおり」にこだわる僕としては、『死霊伝説』を観る前に原作を読み直さないと…(笑)。


 また、最新ルトルト・ムービーについては、先日さくらさんに、DVD発売を教えていただきました(笑)。
 ただ、これまた、できるかぎり「順番どおり」にこだわる僕としては、シリーズの前のほうを観ないと…(笑)。


 ってなわけで、これまでのルトガー映画のベスト5なんぞでお茶を濁したいと思った次第です(笑)。ルトガーさん、すまん(笑)。

 普通にベスト5を挙げてもおもしろくないので、“知られざる”ルトガー映画の中から、ルトガーマニアにではなく、一般の映画ファンにお勧めできる作品を、「週刊」及び「増刊」からピックアップしてお送りします。
 できるかぎり、現在レンタル店やDVDショップで入手可能な作品を選んだつもりです。
 また、手放しで絶賛できる作品は意図的に除いております(笑)。さらに、“トホホ”ぶりを楽しむタイプの作品も除外いたします(笑)。あくまで「ジミシブ」なルトルト・ムービーを選びました。


[READ MORE...]
【読書備忘録】2006/01/21~『少年アリス』
『少年アリス』長野まゆみ
(河出文庫、1992年7月4日初版発行)



[READ MORE...]
【読書備忘録】2006/01/15~『海から届いた薔薇』
『海から届いた薔薇(Una Rosa dal Mare)』ロマーノ・バッタリア
(古澤紅訳、扶桑社エンターテイメント、1995年12月30日第1刷)



[READ MORE...]
「10曲目」――その栄光の歴史(笑) その3

 興味のある人だけお付き合いください(笑)。


[READ MORE...]
愛を告げるのに遅すぎることはないといつも言ってた君の口ぐせ
 ウォーミングアップを終えました(笑)。


 今日も寒かったですね。
 暦の上の「大寒」は一昨日の20日でした。この時期ももちろん、これから2月半ばにかけて寒い季節がつづきます。
 ま、冬ですから(笑)。
 雪景色は冬にしか見ることができません。だから、雪景色を楽しみたいと思いますね(笑)。


 と、今年は「短所をあげつらうより長所を見よ」というテーマで生活したいと思っています(笑)。
 ちなみにこの言葉は初詣のおみくじに書かれていた文句です(笑)。



 さくらさん、こんばんは。


[READ MORE...]
【文庫本逍遥⑤】扶桑社ミステリーその3
 この文章は【文庫本逍遥⑤】扶桑社ミステリーその2のつづきです。
 今回は本体について。


[READ MORE...]
【文庫本逍遥⑤】扶桑社ミステリーその2
 この文章は【文庫本逍遥⑤】扶桑社ミステリーその1のつづきです。
 今回は裏表紙を見ていきます。


 ちなみに、扶桑社ミステリーの惹句は「話題の映画作品から推理・SF・ファンタジーまで」といいますが、現在は使われていないようです…(笑)。


[READ MORE...]
【文庫本逍遥⑤】扶桑社ミステリーその1
 海外文学を読むことが多く、扶桑社ミステリーも古本屋に行くと毎回チェックするシリーズのひとつです。
 いつの間にかずいぶんと収録作品数が増えましたね。
 今回はそんな扶桑社ミステリーを取り上げます。

 なお、同じ扶桑社から出版されている文庫本にはほかに「扶桑社文庫」「扶桑社ノンフィクション」「扶桑社エンターテイメント」「扶桑社セレクト」「扶桑社ロマンス」などがありますが、装丁に関しては基本的にすべて同じですので、ここではとくに断りのない限り、すべてをひっくるめて「扶桑社ミステリー」と呼ぶことにします。
 あと、「扶桑社ディズニートレジャー文庫」というのも書店で見かけましたが、持っていないので触れません。


[READ MORE...]
大相撲・今日の一番(平成十八年一月場所・千秋楽)
●朝青龍 上手出し投げ 栃東○


[READ MORE...]
(無題)



♪風は向かい風
 それでも歩いてゆこう
 強くあるように その朝
 優しくあるように その夜

 いつも いつでも
 涙を用意できるように
 力ある人の前でも
 同じ話し方ができるように

 夢は見えないから ときどき不安になるけど
 愛は見えないから ときどき心配になるけど

 見上げる空に
 風は激しく
 それでも鳥たちは
 空高く舞い上がろうとしてる


   (片桐麻美「風のうた~Northern Song~」より)







 本日、復活いたします。




(無題)



♪白い街の空へ
 心を込めた贈り物
 微笑みを添えて
 届けます

 あなたの髪に落ちた風花
 そっと払い 微笑んだ
 忘れないでね
 白い街の駅
 忘れないでね
 ホームにそっと残した
 優しい愛のぬくもりを

 夢に見るよ いつも
 優しい人へ贈り物
 微笑みを添えて
 届けます


   (片桐麻美「明日にくる人」より)





 (微笑)




(無題)



♪とても寒い日が続きます
 あなたは元気ですか
 外は木枯らし
 枯葉が北風に巻かれて
 ひとり遊び
 私の部屋は静けさの中

 私はさみしさに押しつぶされないように
 少しずつでも
 人に話せる思い出を
 探しています


   (片桐麻美「木枯の夜」より)





 (笑)



(無題)



♪あなたの名前消したラブレターを
 紙飛行機にしてベランダから飛ばす
 好きなくせにうまく言えないもどかしさ

 くじけそうになったときは抱きしめてね
 寄り添う夜に 心の鍵を外し
 明日の私夢見て おやすみなさい


   (片桐麻美「おやすみなさい」より)






(無題)


♪海はその海原に
 人が船を浮かべたことを怒らず

 大地はその地に
 人が家を建てたことを妬まず

 夜はその闇に
 人が灯りを灯したことを許し

 秋の柔らかな陽射しの中
 風は麦を育てたことを誇らず

 その夜
 まだ傷ついたことのない手で
 十年後の私に
 手紙を書いた


   (片桐麻美「空からの贈り物」より)




(無題)

♪思い出の中でいつまでも美しく遊びつづける人
 優しさをうまく言えないと 膝に頬を埋めて泣いた人
 あなたが省いてしまったものを
 わたしは探しつづけたい

 若さはいつの日も美しく輝き 老いることはない
 若さを胸張りとおり過ぎた人だけが 静かに老いてゆく
 そのとき心が出会ったものを
 わたしの指が記憶する


   (片桐麻美「Lover's Rock」より)



(無題)

♪忘れかけた優しい心を取り戻そう

 きっとよみがえるだろう
 置き去りにした昨日
 そして寝静まった
 雨上がりの舗道は
 さみしい人のためにとっておこう


   (片桐麻美「知恵のかなしみ」より)


少々お休みいたします
 皆様、明けましておめでとうございます。


 昨日か今日、ブログに復帰する予定でしたが、延期いたします。
 少々お休みいたします。

 適当な時期に戻ってまいります。

 ではまた。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。